私のインビザライン日記⑥マウスピースを交換しました。

今日は、マウスピース(アライナー)の交換日でした。

私の場合、歯が移動するスペースを確保するために

前歯の重なっている部分を薄く削る必要があり、お昼休み

を利用して先生にIPR(ディスキング)していただきました。

【突然ですが先生の解説】「ディスキングとは、歯のエナメル質部分だけをわずかに削り歯の形を整えつつ、歯が並ぶ隙間をつくる処置です。エナメル質の厚みは個々の歯や個人で差はありますが、だいたい1.5ミリ程度と言われています。ディスキングはエナメル質のおよそ3分の1以内の範囲で行う分には特に歯への影響はありませんので、ご安心下さい!」

 

インビザライン社より送られてきた、私専用の設計図をもとに

行っていきます。

 

このような器具を使用します。(orthofile)

のこぎりみたいに動かして歯を削っていき、指定されたスペースを作ります。

厚さがいくつかあり、刃を変えながら行います。

辛くはないのですが、くすぐったいような・・・

なんともいえないざわざわ感・・・

削る分量は本当に少しだったので、10分ほどで完了です。

この日の夜から、新しいマウスピースに取り替えます!

新しいマウスピースは個包装されていて、自分の為に作られてきた特別感があり気分が上がります。

 

 

 

インビザライン治療経過日記 目次