歯周病と糖尿病

歯科医院でのメンテナンス

痛みもないし忙しいから

ついつい後回しにされる方も多いのではないでしょうか。

歯科医院では悪いところを治すのは勿論ですが、予防する事もとても大切です。

歯周病が進行してしまうとお口の中の細菌が増えます。

その細菌が血管に入り全身に巡り、全身疾患を起こします。

歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。

40歳以上の1割の方が糖尿病、もしくは糖尿病の疑いがあると言われています。

糖尿病の症状が悪化してしまうと逆に歯周病も進行しやすく、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられます。

なぜ歯周病が糖尿病に関わってくるかというと、

歯周病で増えてしまった細菌が血流にのって体のなかで血糖値を下げるインスリンを効きにくくしてしまうため、糖尿病が発症・進行しやすくなるのです。

細菌を減らすために、毎日の歯磨きによるプラークコントロールをしっかり行い、歯科医院で炎症の原因となっている歯石を取り除く事で歯肉の炎症をコントロールできればインスリン抵抗性が改善し、血糖コントロールも改善していきます。

適切な治療とメンテナンスで

全身の健康を守ることにつなげたいですね。

浜岡歯科クリニックでは定期的なメンテナンスや毎日の歯磨きの大切さをお伝えし、患者様のモチベーション向上になればと考えています。

お口の中はご自身では症状のわかりにくい部分です。セルフケアに自信のある方も、定期的にチェックを受けてみてはいかがでしょうか。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 小畑が担当致しました。

インプラントって一生もつ?保険で出来る?

こんにちは

最近めっきり寒くなってきてしまいました。

今回はよく患者さんから聞かれるインプラントの質問についていくつか書かせて頂きたいと思います。

まず最初に「インプラントは一生持ちますか?」

結論から言うと一生は持たない可能性が高いです。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなってしまう為しっかりとメンテナンスを行わないと抜けてしまう可能性があります。10年使用できる可能性は80%95%と言われています。

ですが、最初にインプラント治療を行った患者さんはお亡くなりになるまで40年間使用出来た為メンテナンスや噛み合わせ、習慣などが重なれば一生使用できる可能性はあります。

次に「インプラント治療は保険でできますか?」

インプラント治療を保険で行うことは特定の条件を除き難しいです。

日本の保険で認められるのは「腫瘍、顎骨骨髄炎、外傷等により広範囲な顎骨欠損か歯槽骨欠損症例(歯周病や加齢による骨吸収は除く)やこれらが骨移植などにより再建されたもの」となります。

すなわち「上顎は腫瘍や骨髄炎、事故、生まれながらにして歯を支えている骨が3分の1以上無い方」に限り保険治療が認められています。

下顎の場合は「手術で下顎骨区域切除以上の手術をした方」も認められています。

今回はインプラント治療時よく聞かれる質問についてお話しさせて頂きました。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱岡玄でした。 (さらに…)

私のインビザライン日記⑩定期メンテナンス編

当クリニックでは、スタッフも3ヶ月に1度歯の定期メインテナンスに通っています。その際、歯周病の検査を行うのですが、その中に「歯の動揺度」を測定する検査があります。

歯の動揺は歯周病が進行している目安にもなるのですが、矯正をしている時も歯が動いているので若干の動揺がみられます。普段は歯の動揺はみられないのですが、今回の検査では上の前歯と下の前歯に若干の動揺がみられました。「歯が動いてるんだ~!」と感動しました。

歯が揺れるの怖い!と思うかもしれませんが、若干の揺れなので、ピンセットで歯をつまんでやっと揺れが確認できる程度です。そのため、普段の日常生活で「歯が揺れているな・・・食べづらいな・・・」など感じることは一切ありませんのでご安心下さい。