頬杖とお口のトラブル

こんにちは!皆さんいかがお過ごしですか。

台風の影響思ったほどではなく、よかったです。いやこれからでしょうか?毎年6月から台風接近ってよくありましたっけ?発生しても近づいてくるイメージがないのですがどうだったでしょうか?

本日は、コロナウイルスのワクチン2回目を受けてきました。世田谷の医師会と歯科医師会が一緒になって梅ヶ丘の会場で行っているものです。2回目なのでこれから症状が出るのでしょうか。症状が出るのは若い方が多いと聞いていますので大丈夫ではないかと高を括っているのですがどうでしょう?少し不安です。

さて、この頃、頬杖を無意識についている事が多く、いけないと思うことがよくあります。考え事をしていて思わず、仕事が終わり帰宅しぼーっとして思わず、運転中の信号待ちで思わず、本当に頻繫にしています。

たかが頬杖ですが見た目はもちろん健康にも良くないので気付いたらすぐやめるようにしています。頬杖は頬とはありますが下あごを手にのせたり押したりします。下あごは関節で上あごと繋がり、四方八方に動き食べ物をすりつぶすのにも活躍します。頬杖をつくとその下あごに頭の重さがのしかかり(成人の頭の重さは約4~6kg)、一気に負荷がかかります。

そのため下あごが後退したりゆがみ、歯並びが悪くなるだけでなく噛み合わせもズレていき、歯と歯の間にすき間が生まれて虫歯や歯周病のリスクが高まります。 さらに、下あごは関節で固定されているのですから顎関節症のリスクも高くなります。

また頬杖は、左右交互に均等につくことはあまりありません。左右のどちらか片側でつくケースが多いようです。片側の頬ばかりに圧がかかる状態が続くと、顔の骨や口角などがゆがんでしまうこともあります。結果的に、顔にもゆがみが生まれしまいます。いい事は一つもありません。

癖だからといって甘くみると危険です。皆さんも気付いたらすぐにやめましょう!

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

受付   開作でした。

 

 

 

 

 

 

 

歯並び

皆様お久しぶりです、いかがお過ごしでしょうか。
まだまだコロナウイルスもおさまりきらず、梅雨時期で天気や気温の変化もありますので体調管理には皆様お気をつけください。

今回は「お子さんの矯正」についてお話したいと思います。

子どもの矯正治療をスタートするのに一番いい時期はお子さんが大きく成長する前です。
各々成長の仕方も違いますし、時期もそれぞれですが、だいたい6歳から12歳までに行なう歯の矯正で「第1期治療」と呼ばれています。
この時期の矯正治療は大人の矯正と違い歯をきれいに並べる為の矯正ではなく、歯と顎のバランスを整える為の矯正です。
子供の成長期を利用して、横に歯列を広げることで上下顎歯列の幅を整えたり、上下の顎の成長が理想的なバランスになるように誘導したり、永久歯が理想的に生えてくるスペースを作って後々歯を抜かずに歯並びを整えることを目標とします。
「第1期治療」での矯正では取り外しを行うタイプでの装置による治療が主になります。
大人の矯正は歯の位置を変化させていくのが主な方法ですが、成長期のお子さんの矯正は顎の形態や大きさの成長促進や抑制を利用し歯と顎の位置関係を整える方法です。

本人やご家族の希望により異なりますが、「第1期治療」のみで矯正を終える場合もあります
「第1期治療」では細かい歯の位置の調整はできませんので永久歯が生えそろった後に「第2期治療」と呼ばれる歯並びや嚙み合わせを歯の移動によって改善する矯正へ移行していきます。
皆さんがイメージしているワイヤーやブラケット、マウスピースを使った矯正です。
「第2期治療」だけで良いのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「第1期治療」を行うことのメリットとして、ある程度顎と歯の関係を改善しているので、場合によっては必要となる「第2期治療」での抜歯が不要になったり、「第2期治療」としての矯正期間が短くなったりすることがあります。
デメリットとして「第1期治療」と「第2期治療」トータルでの治療期間が長くなる場合があったり、「第1期治療」では小さなお子さんを対象とするので治療の協力が得られない場合に期待する効果が得られないこともあります。
大人になってからの矯正に比べ得られるメリットは大きいと思いますので、お子さんの歯並びが気になる方や学校等の検診で歯並びについて指摘された場合にはお子さんの成長期前に一度歯科を受診されることをお勧めいたします。

浜岡歯科クリニックではお子さんの定期メンテナンス矯正治療も行っています
お気軽にご相談ください

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱田が担当いたしました

セラミック治療で美しく健康に!

みなさん、こんにちは!

早いもので6月になりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

東京は、梅雨入りはまだのようですが、雨が降るとジメジメしますね。季節の変わり目ですので、体調を崩さないようくれぐれもご自愛ください!

さて、みなさんは「セラミック治療」というと、天然の歯に近い透明感や色調を再現できるため「歯を白く美しくできる審美的な治療」というイメージを持っている方が多いと思います。

実は、見た目の美しさももちろんですが、「歯を長持ちさせ、健康面にも良い」というメリットがあります。

①『セラミックは劣化・変色しないので、美しさを維持できる』

保険で前歯を治療した場合、表面がプラスチックのため、どうしても変色してしまいますが、セラミックは劣化・変色・着色などがないので、年月が経っても治療後の美しさを持続することができます。

②『虫歯が再発しにくい』

銀歯で治療をすると劣化により、歯と詰め物との間、被せ物との間に隙間ができてしまい、二次虫歯になりやすいですが、セラミックは劣化・変形がないので再度虫歯になるリスクを減らすことができます。

③『歯や歯肉の変色、金属アレルギーの心配がない』

銀歯の場合、歯や歯肉を黒く変色させたり、金属アレルギーの原因になることがあります。セラミックはそのような心配がなく安全です。

また、セラミックは唾液を吸収したり、傷がつかないため、汚れや歯垢が付着しにくく衛生的です。

 

セラミック治療は、見た目が良いだけではなく、体に優しく、歯を長持ちさせることにつながります。

「笑った時に奥歯の金属が見えて気になる」、「以前治療した前歯が黄ばんできた」・・・など、普段気になっていることがありましたら、お気軽にご相談ください!

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック トリートメントコーディネーター

山口が担当いたしました。

口臭

口臭

新型コロナ感染予防のため常にマスクをしていると、自分の口臭に気づいたり、もしかしたら臭っているかもと不安になられる方も多いかと思います。特にマスクをすると息苦しさから本来は鼻呼吸するべきところを口呼吸することが多くなり口腔内の乾燥から口臭が発生しやすい環境になります。

口臭は大きく分けて二つに分類されます

1.生理的口臭 (誰にでも起こる口臭)

起床時、空腹時、緊張時、疲労時、加齢によるものなどがあります。またホル  モンバランスの変化に起因する口臭や、アルコールや薬物など嗜好品によるものもあります。

2.病的口臭

歯周病や多数の重度の虫歯、舌苔など口腔内に問題がある口臭や、副鼻腔炎、咽頭喉頭の炎症など耳鼻科領域に問題がある場合、糖尿病など全身疾患が原因のものがあります。

生理的口臭は比較的簡単に口臭をなくすことができますが、病的口臭では原因となっている病気の治療が必要となります。

みなさん気になる口臭ですが、浜岡歯科クリニックは口臭治療で有名な本田俊一先生の認証を受けた、ほんだ式口臭治療提携クリニックです。検査をして口臭の有無や原因、対策を講じることが可能です。

ご興味のある方はぜひお声掛けください。まずはトリートメントコーディネーターが内容や時間、費用についてご説明します。

注1:自費診療となります

注2:新型コロナ感染症が終息するまでは感染対策を踏まえた簡易コースとなります。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 阿部の担当でした。