久しぶりのセミナー

皆さまこんにちは。

肌寒い日も多く、いよいよ秋本番な気候になって参りました。うちの飼い猫が夜寝る時に布団の中に入ってきてくれるようになると、もう秋だなーと感じます。

 

さて、先日わたしはセミナーに参加してきました。以前は年4回セミナーに参加していたので珍しくないのですが、コロナウィルスが流行してからというもの、蔓延防止の為ことごとく歯科のセミナーも中止になってきました。最近ではWEBセミナーが主流になりつつあるように思います。

WEBセミナーは会場まで行かなくて良いことや参加費が安かったり、アーカイブが残ることもあるので良いことも多いのですが、わたしは家で聞くのでは集中が続かなそうな気がしています。最近は多いと思いますが在宅ワークされている人は凄いです。

WEBセミナーが多い中、珍しく会場に集まってのセミナーがあり、久しぶりに参加したいと思い、申し込みをしてみました。

申し込みをした時はまだ今年の4月くらいだったので、本当に開催されるか不安でしたが、無事行われました。

内容としては超音波スケーラーの使い方などについてです。超音波スケーラーは歯石を取ったり、ブラシでは取れない細かい部分の汚れを取ったりする機器です。これがないとメンテナンスが出来ないと言っても過言ではない当医院では非常に使用頻度が高いものです。普段からよく使っているものですが、あらためて講師の先生にチップの選択や当て方、機械のパワーの設定などまで細かく教えて頂きました。臨床にすぐ活かせる内容だったので、教えて頂いたことを今後も意識して行っていきたいと思います。

セミナーの内容が実技の部分も多かったので、実際に講師の先生に教えて頂けてとても勉強になりました。セミナーは二日間あり、次回は来月になるのでまた行ってきたいと思います。

 

 

担当は世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 田村でした

過蓋咬合

急に寒さがやってきましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

問題のある嚙み合わせのひとつに過蓋咬合があります。

嚙み合わせた時に、下の前歯が上の前歯に覆われて見えないような、前歯の嚙み合わせが著しく深い嚙み合わせを言います。下の前歯が上の前歯の裏側の根本に当たる状態になると、歯茎を噛んで痛んだり、顎の動きに制限が加わり顎関節痛につながったりします。成長期に過蓋咬合であると下顎骨の成長を阻害することもあります。

*過蓋咬合になる原因*

遺伝によって、顎の骨の位置に問題があったり、上下の骨の成長がアンバランスな場合、歯の位置・傾きに異常がある場合、前歯が過剰に伸びている場合、奥歯の萌出が少なく高さが不足している場合があります。

後天的には、虫歯が原因で噛み合わせが崩壊して歯の高さが低くなったり、奥歯を抜いたままにしていると噛み合わせが深くなってしまい過蓋咬合になる場合があります。また強い力で歯を噛みしめる癖があったり、下唇を噛んだり、下唇を吸うなど口周りの筋肉を緊張させる癖、うつぶせ寝や頬杖が原因になります。

*治療方法*

乳歯列では原因究明をした上で経過観察をしていきます。一番奥の乳臼歯が生えていない場合は、生えることで改善の可能性があります。治療には取り外しのきく装置を入れ、噛み合わせを高くする咬合挙上といわれる方法が行われます。またこの年代の過蓋咬合は悪い癖が原因の場合が多いです。悪癖を除去することで、二次的な不正の防止や過蓋咬合が改善することがあります。

永久前歯が4本生えそろい6歳臼歯が生える6歳頃、犬歯や小臼歯が生え変わる8~10歳ごろが矯正治療を始めるか否かを決める時期になります。歯が生え変わるこの時期は顎骨も大きく成長する時期だからです。必要であれば取り外し可能な装置を夜間に使用して、下顎の成長を促し前歯の傾斜の改善を行います。

上顎の成長は12歳ごろにほぼ完成しますが、下顎は身長が伸びているうちは成長を続けるので、症状によっては17~18歳まで経過観察が必要です。

*過蓋咬合の予防*

姿勢や口の動かし方で、日常的予防もあります。猫背やあごを突き出して首が前に出ている姿勢は、下顎の筋肉を緊張させ下顎の成長へ影響を及ぼしかねません。背筋を伸ばし、正しい姿勢を維持するようにしましょう。また口呼吸や頬杖もお口周りの筋肉のバランスを崩す原因になるので、注意が必要です。

日々の生活で積極的な会話を心掛け、下顎を動かす機会をつくったり、筋肉の過度な緊張があるときはマッサージでリラックスさせるのも方法です。

成長期の下顎骨の成長を妨げることのある過蓋咬合、気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師小嶋が担当いたしました。

定期メンテナンスでお口の見守り

こんにちはお久しぶりです。

10月に入りまだ夏の続きというような陽気でしたがここ数日は朝夕が少し寒く、昼間も涼しくなり秋を感じるようになりました。いきなり涼しくなったので風邪をひいたりしてませんか?皆さんいかがお過ごしでしょう。

当医院では10月から土曜日にご来院された患者さんにのみ来年のカレンダーを差し上げています。なぜ土曜日のみかというとメンテナンスが大変人気のため土曜日しか来院できないメンテナンスをうける患者さんは次回しっかり3ヶ月後にご予約が取れるか微妙なためです。全患者さんに差し上げる11月に始めるとなくなってしまい不公平になります。毎年、ご好評をいただいているカレンダーなので是非ご活用ください。

さて私事ですが50を超え人間ドックでは瘦せましょうと言われるも、そう簡単ではなく、定期的な病院通いも始め、ブラシにつく抜け毛に白髪があったりと体にガタを感じる今日この頃です。

お口の中も、やはり年を取り歯肉が少し下がってきたのでフロスだけでは限界を感じ、1番細い歯間ブラシを通するようになりました。

歯間ブラシをするようになって、何でもっと早くしなかったのだろうと思いました。

フロスだけでは得られなかったスッキリ感があり、朝夕2回しています。

当医院では定期メンテナンスを3ヶ月1回スタッフも受けるのでしっかり衛生士さんにお口の中を見守っていただいているお陰で、歯間ブラシの必要性を感じたのだと思います。

皆さんも衛生士さんに選んでもらった自分に合った口腔衛生用品でお口の健康を守りましょう。

お口の健康を守ることは体全体の健康を守ることとつながりがます。歯は歯茎に埋まっているだけではなく歯茎の下の骨に支えられ血管にも繋がっています。歯周病菌が血液と一緒に全身をめぐり悪さをします。

口の中の事だからどうってことないという考えは危険です。歯周病菌が全身疾患に起因していることもあります。定期メンテナンスをして衛生士さんに個々のケアではできない細菌を取り除いてもらい、お口の見守りをしてもらう、毎日のケアは自分に合ったもので効率よくしっかりとしましょう!!

今度の私の定期メンテナンスは10月後半に予約しました。歯間ブラシを始めて最初のメンテナンスなので、どのように変わったか楽しみです。

早いもので今年もあと2ヶ月半、体調に気を付けて冬休みを楽しみにして頑張りましょう。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

受付 開作が担当しました。

 

 

 

 

 

私のインビザライン日記⑯『アライナーの種類について編』

相変わらず痛みもなく順調に日々過ごしています。

今回はアライナーの種類についてご案内いたします。

インビザラインのアライナー(マウスピース)には2種類あります。

①アクティブアライナー

アクティブアライナーは、歯を動かす為のアライナーです。治療開始の際は主にアクティブアライナーを使っていきます。

②パッシブアライナー

パッシブアライナーとは、歯を動かさないためのアライナーのこと。上下の治療のゴールに差が出た時に、動かしたくない方に歯を動かさないためのアライナー(パッシブアライナー)をはめるのです。

今まで私がはめているアライナーは、すべてアクティブアライナー(歯を動かすためのアライナー)です。

上下の歯列は人それぞれ違うため、歯列矯正のスピードも上下の歯列の差、個人の差があり、かなり複雑です。

患者様によっては、上はまだ移動が必要でゴールではないため、アクティブアライナーをつけているが、下の歯はもうキレイに並び、治療ゴールになったため動かさないためのアライナー(パッシブアライナー)をはめる方もいらっしゃいます。

ただ、私は先日のチェックで追加アライナー(理想な歯列にするための微調整をする方法)が必要とのことなので、ゴールはまだもう少し先になるかと思います。

ゴールが待ち遠しいです!!

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック

成人矯正

お久しぶりです、皆様いかがお過ごしでしょうか。
季節外れの気温の日もまだあるようですので体調管理にはお気をつけください。
コロナウイルスの猛威はようやく落ち着いてきているようですが、気を緩めすぎずに感染対策に気を付けましょう。

今回は「大人の矯正」についてお話したいと思います。

皆様が思い描く「矯正治療」のイメージだと思いますが、成人矯正や一期治療を終えた後の二期治療といわれている矯正です。

二期治療の場合には、一期治療で歯と顎の関係を治した後に個々の歯の位置関係を変えていく治療になります。
成人矯正では主に個々の歯の位置関係を治していく治療となります。

成人矯正にどんな効果(メリット)があるかというと
〇見た目がよくなる(歯並びがよくなる)
〇顔立ちが整う
〇虫歯や歯周病になりにくくなる
〇顎の関節痛がなくなることがある
〇食いしばりや歯ぎしりなどの習癖がなくなることがある
等々いわれていますが、歯並びが悪いことに対してのコンプレックスの解消が大きいのかもしれません。

また成人矯正にはデメリットも存在します
〇矯正治療中は装置を歯に装着する必要がある為、虫歯、歯周病のリスクが上がる
〇子供の歯に比べると動きにくいので治療期間がかかる
〇歯茎が下がったり歯根が吸収することがる
どんな事柄にもメリットとデメリットはあると思いますが、担当の歯科医師とよく相談していただきたいと思います。

矯正治療は見た目の改善だけではなく、機能の改善もおこなえる治療だと思います。
浜岡歯科クリニックではブラケット矯正やマウスピース矯正もおこなっていますので、お気軽にご相談ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱田が担当いたしました