喫煙と歯について

こんにちは!

今回は、「喫煙と歯」についてお話ししたいと思います。 

タバコには、約4000種類もの化学物質が含まれています。その中でも「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」など約200種類の物質が人体に影響を与える有害物質となっています。

タバコがもたらす歯への悪影響とは

①歯が黄ばむ

タバコに含まれるタールによって、歯は黄色っぽくなります。タールはヤニに当たります。タバコを大量に吸う部屋では、壁が黄色っぽくなると思いますが、それと同じ現象が歯でも起こるのです。

②口臭、虫歯

ヤニは歯にくっつくと歯がザラザラになります。歯垢はツルツルな歯よりもザラザラの歯にくっつきやすく、その歯垢によって口臭を強くしたり、虫歯の原因になってしまうのです。

③歯周病

喫煙者と非喫煙者を比べると、喫煙者の方が約4倍歯周病になるリスクが高まります。

ニコチンには、血管を収縮させる効果があります。血管が収縮すると、老廃物が流れにくくなるだけでなく、栄養素や酸素まで血管を流れにくくしてしまいます。

そのため、出血も少なくなるのが特徴で、出血がなくなると、実際は炎症を起こしているのに出血しないということが起こってしまいます。つまり、炎症に気付きにくくなってしまうのです。

歯周病はただでさえ自覚症状がない病気です。タバコを吸っていると、歯周病が進行していることに気がつかないことがほとんどで、気がついたときには口全体が歯周病に侵されていることも珍しくありません。

④歯茎が黒ずむ

ニコチンによる血管収縮が原因で歯茎が黒ずんだ色になってしまいます。

こういった悪影響があることから、タバコはあまりオススメできませんが、すぐに禁煙をするということは難しいことだと思いますので、まずは本数を減らしてみたり、吸った後に歯磨きやうがいをして少しでも影響を軽減してみてはいかがでしょうか。

また、お口の健康のためにも定期的な検診やクリーニングを受診することをオススメします。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科助手 星野が担当いたしました。

お砂糖の話

こんにちは!

蒸し暑い日が続いています。

早くも梅雨明けが待ち遠しいですね。

暑い日が続くと冷たい飲み物,アイスがとても美味しく感じますよね。

 

さて、皆さまは普段の生活の食生活の中で、1日に砂糖をどれ位とっているか意識したことはありますか?

世界保健機構(WHO)によると、大人1日あたりの砂糖の摂取量は25gまでが望ましいそうです。

この数字は、糖類の摂取量が1日のエネルギー摂取量の5%以内になるよう算出されています。

そして,1日あたり25gまでに砂糖の摂取量を抑えると虫歯予防にも効果があるそうです。

実際に25gの砂糖がどれくらいの量か想像できますか??

小さじだと約6杯分、スティックシュガー3gだと約8本分になります。

これが1日の理想とされる砂糖の摂取量です。

かなり厳しい摂取目標量になります。

 

【おやつに含まれる砂糖の量の目安】

◎あんパン(1個)スティックシュガー10

◎どら焼(1個)スティックシュガー10

◎ショートケーキ(1個)スティックシュガー8本 

◎コーラ(500㎖)スティックシュガー18

◎缶コーヒー(185㎖)スティックシュガー4

◎スポーツドリンク(500㎖)スティックシュガー10

◎シェイク(Mサイズ)スティックシュガー23

 

甘いお菓子に多くの糖類が使われていることはご存知かと思います。

さらに飲み物からの糖類摂取は気を付けておきたいポイントになります。

甘みのある炭酸飲料だけでなく、スポーツドリンクなどにも糖類は添加されています。

普段ジュースで水分補給をしている方は無糖のお茶や水に切り替えるなど、できるところから工夫していきましょう。

 

砂糖を過剰摂取してしまうと

『肥満』肥満は高血圧や糖尿病といった、生活習慣病を引き起こす要因になります。

『虫歯』虫歯菌は砂糖を栄養源として増殖します。

『集中力の欠如』砂糖の消化に必要なビタミンB群やカルシウムなどの栄養素が不足し、イライラしたり気持ちが落ち込みやすくなります。

 

間食はできるだけ毎日の習慣にせず、甘い物が食べたくなったらフルーツや乳製品、

シュガーレスの食品をうまく活用できるといいですね。

虫歯予防だけでなく、健康のためにも砂糖の取りすぎには注意をして、この夏を乗り切りましょう‼︎

 

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック  

歯科衛生士 辻尾が担当致しました*

歯の衛生週間

みなさんこんにちは☺︎

全国各地でも続々と梅雨入りの発表があり、すっきりしないお天気が続いていますね。

天気や気温の変化が激しい季節となっていますので、体調を崩さぬようご自愛ください。

 

さて、毎年6月4日は、6(む)と4(し)の語呂合わせで【虫歯予防の日】と言われています。

厚生労働省・文部科学省・日本歯科医師会・日本学校歯科医会はこれにちなんで、6月4日~10日までの1週間を「歯の衛生週間」として、口の中(口腔内)の衛生と健康に意識を持って貰えるよう呼びかけています。

今年のスローガンは『いただきます 人生100年 歯と共に』です。

人生100年時代と近年言われるようになり、そんな言葉を耳にする機会も増えてきましたね。

それに伴い、経済的な備えが必要と言われますが、同時に健康で100年時代を生きる!ということがとても重要になります。

健康寿命という言葉も同時によく耳にしますが、健康であることがまず一番重要で、その上で、いかに生きるか?どう生きるか?を考えることができるのだと思います。

全身の健康を左右する口腔内の健康を守るためのスローガンとして、8020運動があります。

『80歳になっても20本以上自分の歯を保とう!』と呼びかけ、口腔内の健康を保つ意識と行動が重要!と知らせる運動です。

しかしながら、80歳での平均残存歯数は諸外国と比べ、日本は極端に少ないのです。

食べることができなくなると、当然生命維持活動もできなくなりますので、噛める歯が沢山残っていることがいかに重要か?ということは、容易にお分かりいただけると思います。

虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、全身の健康にも大きな影響を及ぼし、命取りになることもあるのです。

病気のリスクを減らすためにも、口腔ケアをしっかり行ってお口の中を清潔に保つことが大切です。

歯の衛生週間をきっかけに、口腔ケアを実践する習慣を身につけましょう!

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 新保が担当しました

あいうべ体操

皆さまこんにちは。

蒸し暑い日も徐々に増えてきて梅雨の季節が近づいてきました。憂鬱な時期ですが、最近私は新しいレインシューズを購入し、その靴の出番が来る雨の日が少しだけ待ち遠しく思います。

 

さて、今回は「あいうべ体操」についてお話ししたいと思います。

あいうべ体操は皆さまご存知でしょうか。歯科ではだいぶ聞き慣れた単語になりましたが、その効果については曖昧だったので、この機会に学んでみようと思い、テーマにしてみました。

 

あいうべ体操は今井一彰先生が考案された口呼吸を改善するためにお口周りの筋肉を鍛えるための体操です。

1.「あー」と大きく口を開ける

2.「いー」と口を大きく横に開く

3.「うー」と口を前に突き出す

4.「べー」と舌を突き出して下に伸ばす

1〜4を1日30回を目安に毎日続ける

これがあいうべ体操です。続けることにより舌力がついて自然と口呼吸が改善されるそうです。

あいうべ体操がおすすめな方はお口がポカンと開いてしまう方、なんとなくだるい、疲れやすい方、アレルギー疾患のある方などです。

 

私は以前考案者今井先生が執筆された「鼻呼吸 歯医者さんの知りたいところがまるわかり」という本も読んでいて、鼻呼吸という身近過ぎてあまり普段意識していなかったことが、生きていく上でとても重要なことなんだなと知ることができました。

人は1日2万回呼吸をしていて、それを口からするか、鼻からするのかでは大きく違うそうです。口呼吸の弊害についてはよく、虫歯や歯肉炎などが挙げられますが、今井先生によりますと、喉の扁桃腺も口呼吸の乾燥により炎症を起こし、免疫力が下がりアレルギー症状も出やすくなってしまうということです。鼻呼吸はお口の中だけではなく、全身に関係するものなのです。

1日2万回する呼吸。正しく鼻呼吸をできるよう「あいうべ体操」を取り入れてみませんか?

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

担当は歯科衛生士 田村でした