ホワイトニング

みなさんいかがお過ごしでしょうか!

本日で7月もあっという間に終了ですね…

暑い日が続きますのでこまめな水分補給や休憩をしてお過ごしください!

 

本日はホワイトニングについてです。

歯を白くしたいけど忙しくてできない…

という方も中にはいると思います。

 

そんな方におすすめなのが、

医院ではマウスピースを作製して自宅で行う

「ホームホワイトニング」のご用意があります!

型どりをしてトレーを作成しご自身でジェルを流し込んで行うため

好きな時間に好きな場所で行えます。

 

実際、私自身もホームホワイトニングを使用したのですが、

空いてる時間や寝ている時間に歯を白くできるため

気軽にホワイトニングができました!

 

よく「すごく痛みますか?」というご質問を聞かれることが多いです。

はじめのうちは、しみている方も中にはいらっしゃいますが、

あくまで一時的なものなので徐々にしみなくなる方がほとんどです。

私もはじめた2日ほどはしみる症状がありましたが、

徐々に慣れてきてしみることもなくなり簡単にホワイトニングをおこなえました!

ただ個人差がありますので、お気軽にご相談ください!

 

マスクを外して会食する機会も今後増えていくかと思います。

歯が白いと、肌の血色もよく見えるため

お口元のケアと一緒にぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

歯の色や形、歯並びなどお悩みがありましたら

ぜひお気軽にご相談ください。

 

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック トリートメントコーディネーター

大場が担当いたしました。

歯磨きの大切さ

皆さんこんにちは!

7月も残すところ、あとわずかですね。

連日厳しい暑さが続きますので、体調管理などお気をつけてお過ごしください。

 

本日は「歯磨きの大切さ」についてです。

朝が慌ただしくなり歯磨きが簡単になってしまったり、

夜は昼間の疲れでそのまま寝てしまったりしていませんか?

そのままにしておくと虫歯はもちろん

体にまで悪影響が及ぶこともあります。

 

歯磨きをしないと起こる症状

①虫歯になる

汚れが落ちきれず食べかすやプラークがたまった状態をそのままにしておくと虫歯ができます。

痛みが出たころには歯の神経を残すことすら難しくなっていることも。

②歯周病

よくテレビCMで歯茎がさがり歯が傾いているのを見かけたことありませんか?

歯茎に炎症が起きて歯茎がはれたり、出血したりします。

③口臭

お口の中に汚れがたまっていると臭いの原因となります。

口臭はデリケートな問題でご自身では気づきにくい部分もあります。

 

そのほかにも歯磨きをしないと歯だけではなく

体にも大きな影響を及ぼす場合がありますので

ご自身にあった歯ブラシ、歯磨き粉で磨いていただくことをおすすめします。

 

せっかくの楽しい夏休み。

休み明けに虫歯が沢山…!なんて事にならないように、

もしお困りでしたらいつでもご相談ください!!

 

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック トリートメントコーディネーター

大場が担当いたしました。

口腔がん

こんにちは。

暑い日が続いていますね!

こまめな水分補給を心がけ、熱中症予防をして行きましょう。

 

先日〝口腔がんついての講習会を受講しました。

その中で

 

みなさんにお口の中を見る習慣をつけて頂きたい!

 

と思いました。

お口の中は敏感で、髪の毛一本入っただけで気付きますよね。

噛んでしまった覚えがないのに口内炎が出来てしまっている事もあると思います。

あら?いつもと何か違う・・・

と違和感を感じたらまず鏡でお口の中を見て下さい!

 

色や形、大きさを目で確認し

指で触ってみて下さい。

 

よく耳にするがんはご自身の目で見る事も触って見る事も出来ません。

ですが、〝口腔がんは目で見る事も触る事も出来る唯一のがんなのです。

 

ふと感じた違和感を見逃さず、

日々の歯ブラシの時にお口中を見る習慣が出来ていると、いつもと違う色の変化に早く気づく事が出来るかも知れません。

 

通常、口内炎のような外傷は12週間で治ります。

大きくなってきたり2週間過ぎても治らなければ受診をおすすめします。

 

〝口腔がんの中で一番多いのは舌がんで、全体の約6割を占めています。

その内の約8割は舌の横の縁の部分にできます。

 

まだまだ認知度の低い〝口腔がんですが、女性の患者様が増えてきた事、また1020代の若年患者様が増えているのも近年の傾向です。

 

是非お口の中に興味を持って頂き歯だけではなく、歯肉や舌などの粘膜も見る習慣をつけてみて下さい。

 

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 小畑が担当致しました。

ドライマウス

こんにちは。

歯科医師の濱岡玄です。

今年も一年の半分が終わり、時間の経つ速さを実感しております。

今回はドライマウスの原因、検査、治療についてお話しさせて頂きます。

ドライマウスは、口が乾き日本語で口腔乾燥症とい状態です。

症状としては、『口が乾く』『味覚異常』『口の中がネバネバする』『乾いたパンやビスケットが飲み込めない』『胃腸の状態が悪い』『唇が乾く』等が見られます。

原因には様々な可能性があり[薬の副作用][唾液腺の病気][精神的ストレス][加齢][口呼吸][喫煙][糖尿病][腎臓病]などによって引き起こされます。

思い当たる症状、原因がある場合は一度歯科で確認してもらうと症状が緩和出来る可能性があります。

では検査はどのようなものがあるか紹介させて頂きます。基本的な検査は問診、唾液検査、視診などで唾液の出を検査します。

原因が特定しづらい場合はMRIや下唇の唾液腺を摘出したり涙の量を調べることもあります。

検査で原因が特定できると次は治療に移っていきます。

治療には『薬による唾液量増加』『唾液腺刺激による唾液量増加』『カウンセリング』『人工唾液による保湿』『歯科治療による食生活改善』等があります。

お口に中にネバネバや乾燥は気になりだすと中々厄介な為生活の質に直結します。

気になったときにはご相談ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱岡玄