そろそろ春ですね

こんにちは☺︎!

最近は暖かい日も増え、春が近くまで来ていることを感じるようになってきました。

そろそろ桜の開花が楽しみな時期ではありますが、
昨年同様、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、従来のようなお花見はできなそうなのでとても残念です(´ `)

東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏でも、緊急事態宣言の解除が本日発表されましたが、
自粛生活はまだまだ終わりが見えませんね。

1日も早く以前のような生活に戻れるよう、一人ひとりが正しく感染予防対策を心がけていきましょう。

さて、私ごとですが、先日お休みをいただき実家の新潟に帰省をしていました。

その時に買い物で出かけたスーパーのレジ横に、このようなPOPが掲示されていました。

新潟県では、平成20年(2008年)に全国に先駆けて「新潟県歯科保健推進条例」が制定され、現在では44の道府県で制定されています。

いつまでもよい歯で、おいしく、楽しく、食べられることを目指し、その実現のために関係者が協力しあおうというもので、
その一環として新潟県と株式会社ロッテが連携し、県民の健康増進を目的として活動しているそうです。

新潟県内にPOPを掲出したり、小売店との共同取り組みとして、
スーパーのイートインスペースを利用した「噛むこと」の大切さに関する健康セミナーを開催するなど、幅広い世代に情報発信をする取り組みを行なっているようです。

新潟県は35年以上にわたり口腔の健康づくりに取り組み、子供の虫歯数が全国一少ないなどの成果をあげています。

県内の小学校ではフッ素洗口を実施したり、歯磨き指導や食事指導も行い、積極的に歯科保健活動を進めています。

新潟県の小学校でのフッ素洗口実施率は89%、全国平均は19%だそうです。

全国的に虫歯のある子供を減らすため、各地でフッ素洗口や歯科教育などの歯科保健活動がもっと普及していくといいですね。

お口の健康は、心と体の健康を維持するためにも、豊かな毎日を送るためにも大切なものです。

毎日の歯磨きに加えて、3ヶ月〜半年に1回は歯科医院での定期的なクリーニングを受けて、口腔内をチェックすることをオススメします。

世田谷区     千歳烏山
浜岡歯科クリニック     歯科衛生士
新保が担当しました。

スポーツマウスガード

皆様お久しぶりです、いかがお過ごしでしょうか。
少し暖かい日も増えてきましたね。
まだまだコロナウイルスもおさまっておりませんので体調管理には皆様お気をつけください。

今回は「スポーツマウスガード」についてお話したいと思います。

少々硬い文章にすると、「マウスガード」は外傷から歯ならびに歯周組織を保護し口腔外傷を減らす為に装着される口腔内弾性装置で、国際歯科連盟や国際オリンピック委員会はアスリートの外傷・障害予防の為にマウスガードの普及に努力すべきだとなっております。

スポーツマウスガード(スポーツマウスピース)はシリコーン製の材質でできていて使用する目的としては
  〇スポーツ中の事故での外傷から歯を守る
  〇顎の関節の保護や衝撃の緩和・脳震盪の予防
  〇くいしばりのあるスポーツ(ウエイトトレーニング等)から歯を守る
  〇バランス感覚や運動能力の向上
などがあります。

アイスホッケー・空手・ボクシング・アメリカンフットボール・ラグビー・ラクロス等、コンタクトスポーツ競技の中にはマウスピースの装着が義務づけられているものもありますが、その他のスポーツにおいても使用の有用性がうたわれています。

種類は以下のような物があります
1.既製品
①ストックタイプ:スポーツ用品店等で販売され調整なしで使用するもの
②マウスフォームドタイプ
A 熱可塑性型 スポーツ用品店等で販売され温湯中で軟化し歯列にはめて合わせるもの
B シェルライナー型 スポーツ用品店等で販売され内側に裏層材を盛り歯列にはめて合わせるもの
 
2.カスタムメイドタイプ (医院等に来院していただき、歯列の型取りをして製作するもの)
①シングルシートタイプ
1枚のシートを加圧または吸引して製作するもので、前歯部の咬合接触が得られなくなる可能性があります。
②ラミネートシートタイプ
複数枚のシートを加熱あるいは吸引して製作するもので、前歯部と臼歯部の頬側の厚みを変えたり、前歯部で咬合接触するように厚みを増したりすることが出来ます。

スポーツマウスガードはしっかりとフィットし外れにくく自分の歯や顎の形にあったものを作りましょう。又、各々のスポーツに合わせて形や厚みを変えることが必要です。

使用後は適切な清掃を行い、変形を生じないように保存する事が大事です。
①清掃方法 プレー直後に水洗いし、その後内面を清掃する。水分補給の成分の残留をなくす事。
②保管方法 清掃後、清潔な容器に入れ、窓辺などの高温になる場所を避けて保管。
③点検 定期的な経過観察をしていく。

マウスガードは一度作ればずっと使えるものではなく、スポーツの種類や個々の咬合によって使用できる期間が変わってきます。咬合状態によっては半年から1年程度ですり減ってしまいます。その為一度作って終わりではなく、定期的なメンテナンスや再製作が必要となります。
通常の歯周病予防のメンテナンスも一緒に行うのが効果的だと思います。
当院でもスポーツマウスガードの作製を行っていますので、スポーツをなさる方は是非スポーツマウスガードをしてスポーツを楽しんでください!

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック 

歯科医師 濱田が担当いたしました。

春休みに歯医者に行こう!

こんにちは!

早いもので1月も終わり、暦の上では春になりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

まだまだ寒い日が続いていますが、日によっては気温の変化が大きい時もあり、体調の管理が大変ですね。

感染予防対策にプラスして、栄養のある食べ物をしっかり食べて、体調を崩さないようくれぐれもご自愛ください!

 

世田谷区では令和3年1月から3月まで

『中学生最後の春休みは、歯科検診・治療のチャンス。春休みに歯医者に行こう!』キャンペーンを実施しています。

思春期は、ホルモンバランスの乱れや生活の変化の影響で、歯茎の腫れや出血、口臭などの歯肉炎が起きやすい時期ですので、虫歯や歯肉炎の原因となる歯垢(プラーク)をしっかり取り除くことがとても大切です。

虫歯かも?と心配な歯がある場合や、歯茎からの出血がある場合は、放置せずに一度歯科医院で検査することをおススメします。

さらに、高校に進学すると、勉強や部活で忙しくなり歯科医院に行く時間が取りにくくなります。

虫歯や歯肉炎を初期に治療をすると、受診回数、時間、費用も少なく済ませることができます。早期発見、早期治療が大切です。

進路が決定し、時間に比較的余裕がある春休みに、歯科検診や治療を済ませて、健康で楽しい毎日を送れるように準備をしておきましょう!

2月に浜岡歯科クリニックにご来院いただいた患者様に、甘味料としてキシリトールを使用したチョコレートを差し上げています。(申し訳ありませんが数量限定ですので、品切れの場合はご了承ください。)

歯科に行くのが久しぶりの方や、気になるところがある方はお気軽にご連絡ください。

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック トリートメントコーディネーター

山口が担当いたしました。

 

 

 

 

 

キシリトールチョコレート

 

はじめまして!

今回は歯科衛生士の安部がブログを担当させていただきます。

よろしくお願いいたします。

先週は東京でもちらほらと雪が降り、さらに寒さが増してきましたが、体調などを崩されたりはしていませんか?

早いもので今週から2月にはいりますね。

浜岡歯科クリニックでは、2月に来院された患者様にチョコレートをお配りしています。

チョコレートというとむし歯をつくってしまう原因になってしまうのでは?と疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。

歯医者さんが作ったチョコレートは、「子どもたちの大好きなチョコレートで楽しくむし歯を予防したい」と願う歯科医師の発案で生まれました。

「むし歯になるからチョコは食べちゃダメ」とよく言われますね。

実際にチョコレートに含まれるカカオはリラックス効果やダイエット効果があり、認知症にも有効だと言われています。

実はチョコレートの中でむし歯を作る原因となっているものは「お砂糖」!!

そこで、このお砂糖をまったく使わず、甘さを出す甘味料を100%キシリトールで代用することでむし歯が予防できて、美味しいチョコレートを食べることができるんです(^^)

もちろん普段のセルフケアの歯磨きや定期的な歯医者さんでの検診は「むし歯予防」に欠かせませんが、それにプラスして、楽しみながらむし歯予防を考えてもらうチョコレートになります。

今週も皆様のご来院をお待ちしております。

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック 歯科衛生士 安部

インプラントって一生もつ?保険で出来る?

こんにちは

最近めっきり寒くなってきてしまいました。

今回はよく患者さんから聞かれるインプラントの質問についていくつか書かせて頂きたいと思います。

まず最初に「インプラントは一生持ちますか?」

結論から言うと一生は持たない可能性が高いです。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなってしまう為しっかりとメンテナンスを行わないと抜けてしまう可能性があります。10年使用できる可能性は80%95%と言われています。

ですが、最初にインプラント治療を行った患者さんはお亡くなりになるまで40年間使用出来た為メンテナンスや噛み合わせ、習慣などが重なれば一生使用できる可能性はあります。

次に「インプラント治療は保険でできますか?」

インプラント治療を保険で行うことは特定の条件を除き難しいです。

日本の保険で認められるのは「腫瘍、顎骨骨髄炎、外傷等により広範囲な顎骨欠損か歯槽骨欠損症例(歯周病や加齢による骨吸収は除く)やこれらが骨移植などにより再建されたもの」となります。

すなわち「上顎は腫瘍や骨髄炎、事故、生まれながらにして歯を支えている骨が3分の1以上無い方」に限り保険治療が認められています。

下顎の場合は「手術で下顎骨区域切除以上の手術をした方」も認められています。

今回はインプラント治療時よく聞かれる質問についてお話しさせて頂きました。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱岡玄でした。 (さらに…)