ドライマウスの対策と改善方法

こんにちは

最近少しづつ暖かくなってきました。

今回はよく患者さんからよく質問のあるドライマウスについて説明させて頂きます。

ドライマウスは口腔乾燥症とも言われます。唾液腺の機能異常により唾液が出づらくなりお口の中がカラカラに乾いてしまうというものです。

そもそも唾液が少なくりお口の中がカラカラになると問題はあるのでしょうか?

唾液には3つの効果があります。

1つ目はお口の中の潤いを保ち味覚を守る保湿効果

2つ目は歯垢を減らし菌の増殖を抑えるプラークコントロール効果

3つ目は口の中を中性に保つPHコントロール効果です。

唾液が少なくなるということはこれらの3つの大事な機能が衰える事を意味するためドライマウスは体にとって良い状態ではありません。

ドライマウス原因は大きく分けて4つあり、腎疾患、糖尿病、シェーグレン症候群などの全身疾患によるもの、服薬や癌など放射線治療などの治療によるもの、喫煙、脱水などの行動によるもの、加齢やストレスからくる生理的なによるものがあります。

治療方法は原因によって異なり、

全身疾患が原因となっているものは、原因となっている糖尿病等を治療していくしかありません。

服薬が原因の場合は、可能なら薬剤を変更もしくは少なくして頂くことです。ただ飲んで頂いてるお薬はお医者さんが考えて出して頂いてる為必ず変えられるものではありません。

タバコなどの行動が原因のものは、難しいかも知れませんが、減煙・禁煙をしてください。

また水はこまめに補給するようにしてください。

加齢が原因のものは、よくご自身の歯で噛み、運動し色々な食事をとってください。

またそれぞれの原因にあった方法と一緒に唾液腺のマッサージも行ってください。

唾液は耳下腺、顎下腺、舌下腺と言われる部位で出来ております。その部位をマッサージすることにより唾液の流れが良くなります

唾液腺マッサージの方法は、耳の下の顎の付け根あたりを4本の指で押さえて後ろから前にゆっくり10回程度回して耳下腺を刺激してください。

次は親指を使って耳の下から顎の内側に沿って少しづつ、前にずらしながら押して顎下腺、舌下腺を刺激してください此方も10回程度行ってください。

ご自身に合った方法と唾液腺マッサージを続けて大事な唾液が出るようにしましょう!

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱岡玄でした。

入れ歯のお手入れ

 

皆さまこんにちは!

 

GWが終わりましたね。

今年は、〝お家にいましょうstay home!)を合言葉に全国で緊急事態宣言が発動され物々しい中でのGWとなってしまいました。

今年のGWは例年と違いお家で過ごされた方がほとんどだと思います。

 

私も帰省は自粛し、オンライン帰省ではないですが、久しぶりに祖母に電話をかけました。

祖母との話の中で、『最近、入れ歯が黒ずんで気になる』と、相談されました。

 

皆さんの中にも入れ歯の黒ずみ気になっていらっしゃる方いませんか?

 

入れ歯が黒ずむ理由として、金属部分が酸化した場合、黒カビが生えた場合、ステイン汚れが原因の場合などが考えられます。

入れ歯は、歯科用プラスチックを使用しているので、お茶やコーヒーなどを飲む頻度が多いとステイン汚れがついて、人工歯の部分や歯ぐきの境目の部分が黒ずむことがあります。タバコのヤニも原因になりますね。

 口の中の環境や着色の多い飲み物や食べ物を食べる頻度にもよりますが、着色の多い飲食物を摂取した時には、水でうがいすることで着色を抑えることが期待できます。

 

入れ歯は毎食後に水洗いをするのが理想的ですが、無理な場合は11回は入れ歯専用のブラシを使用していねいに洗いましょう。

お手入れの際は歯磨き粉の使用は避けましょう。研磨材の影響で入れ歯の表面に細かい傷がつき、細菌の繁殖を招く恐れがあります。

入れ歯のプラスチックは、とても傷つきやすいため、その傷に食べかすや細菌が付いてしまいます。付いてしまった食べかすや細菌が入れ歯の匂いの原因となります。

3日に1回は入れ歯洗浄剤を使って、除菌してあげるとよいです。

 

 

当院では、入れ歯のクリーニングに超音波洗浄器を使用しております。

超音波洗浄器を使用すると、細菌やタンパク質、色素などの頑固な汚れも除去できます。

是非、入れ歯のクリーニングにもいらして下さい。

また、歯科医院では着色を磨くこともできるので、気になった際には相談して下さいね。

 

 

歯科衛生士  辻尾✳︎