二次カリエス

こんにちは。

週末はお天気も悪く、より寒く感じましたね。

コロナも心配ですが、寒暖差から体調を崩されませんようご自愛ください。

 

 

みなさんは、一度治療した歯がむし歯になってしまった経験はありませんか?

これを二次カリエスと言います。(カリエスはむし歯のことです)

 

むし歯は詰め物や被せ物をしたから大丈夫!ではないのです。

 

治療が終わって年月が経つと、

接着剤や詰め物・被せ物が劣化してしまい、歯との間に隙間ができます。

その隙間に汚れが残ることでむし歯になってしまうのです。

 

また、神経を取った歯は歯自体がもろくなっています。

自覚症状も出にくいため、気づかないうちに中でむし歯が大きくなっていることもあります。

 

せっかく治療した歯がまたむし歯になってしまうのはとても残念です。

長持ちさせるためにも、治療した歯ほど、丁寧な歯磨きや定期的にチェックすることが大切なのです!

 

当医院では、定期メンテナンスの際にむし歯のチェックや歯磨きチェック、歯のクリーニング、フッ素塗布も行っております。

治療が終わったから終わりではなく、ぜひ定期メンテナンスにいらしてください。

 

また、二次カリエスになりにくい被せ物などもご案内しております。

気軽にご相談ください。

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

 

歯科衛生士 遠藤

愛用品

こんにちは。
12月に入り寒さが一層増したように感じておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?
いよいよ今年も1ヶ月を切りましたね。
毎年大掃除がぎりぎりになってしまうので、今年こそは!年末に向け早め早めに始めたいなと思います😊

さて、みなさんは歯磨き粉をどのように選ばれていますか?
フッ素入り
歯周病予防
歯を白くする
などと目にすることも多いかと思いますが、歯磨き粉は色々な種類がありますので、目的に合わせて選んでいだだけるといいと思います!

写真は、当院で販売している歯磨き粉の一部です🌟
今回はその中の1つで、わたしも愛用しているもののお話を少しだけ…

わたしが愛用しているものは、一番左の「アパガードリナメル ホームケアペースト」です。

この歯磨き粉は
ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトという成分が配合されていて、ハイドロキシアパタイトは歯のエナメル質の97%・象牙質の70%を占めている歯の主成分といえるものです!(歯の主成分とほぼ同じ成分が入っている歯磨き粉 という言い方が分かりやすいですね♪)

特徴
①プラークを吸着除去
(ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトは、プラ―クのもととなるミュ―タンス菌を吸着する性質があります。)

②ミクロの傷を埋める
(ナノレベルで歯の主成分ハイドロキシアパタイトを補給します。ミクロの傷を埋めることで歯がなめらかになり、プラークや着色よごれをつきにくくします。)

③初期虫歯の再石灰化
(ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトは、エナメル質から溶けだしたミネラルを補給し、再石灰化します。)

フッ素は入っていませんが、同じように虫歯予防に優れています。
また、ホワイトニング中はフッ素は効果を下げてしまうためできるだけ避けた方がいいものなので、ホワイトニングをされている方へもおすすめの歯磨き粉です!

継続して使っていると歯のツルツル感が実感でき、
気持ちよくて手放せなくなってしまいました✨

ちなみに、市販で販売されているアパガードシリーズよりも、こちらの歯科専売のリナメルのほうがハイドロキシアパタイトが高配合されているのでおすすめです^ ^

どういう歯磨き粉が自分に合っているのか分からない
という方はぜひお気軽にご相談下さいね!

 

世田谷区  千歳烏山  浜岡歯科クリニック
歯科衛生士 山口 が担当いたしました。

フッ化物(フッ素)の活用について

みなさんは歯磨きを頑張っているのに、むしばができたという経験はありませんか?それはブラッシング(歯磨き)だけではむしばの予防には限界があるからです。

 

え?じゃあ、歯磨きしても結局むしばができちゃうなら、そんなに頑張らなくてもいいのでは?

 

そうではありません!歯磨きをしっかりする+αフッ化物(フッ素)の使用を行うことでむしばの予防効果が高まるのです。

 

一般的に歯医者で「フッ素」と呼ばれる「フッ化物」は濃度の違いはあれど日本で販売されているおよそ9割の歯磨き粉に含まれています。

 

歯磨き粉に含まれるフッ化物でむしば予防効果を高めることができます。

 

歯のくぼみにある溝の直径はおよそ5~20μm(マイクロメートル)で、この中におよそ1μmの細菌がたくさん存在します。しかし、歯ブラシの毛先1本の直径はおよそ0.2mmです。0.2mmは200μmですから、歯の溝のおよそ10~40倍の太さの歯ブラシだけではむしば予防に限界があるといえます。(ちなみに超極細毛の歯ブラシの直径はおよそ20μmだそうです。)

 

そこで、歯ブラシだけでは限界があるむしば予防ですが、そもそもむしばの原因である歯垢(プラーク)を減らすには以下のような方法があります。

 

①飲食回数を減らしたり、粘着性の食べ物の摂取を控えるなどして、プラークの形成そのものを抑える

②どうしても付着してしまうプラークは、歯ブラシや歯間ブラシ、フロス等を用いて除去する。歯科医院で定期的なメインテンスを受ける。

③除去しきれなかったプラークは病原性を低める

 

この③の病原性を低めるとは何のことかといいますと・・・

そうです。フッ化物(フッ素)の使用です!

 

自宅でできる方法としては以下のとおりです。

①フッ化物配合歯磨き粉の使用

今家にある歯磨き粉にフッ化物が配合されているか、どのくらいの濃度が配合されているのか是非見てみてください。

②フッ化物洗口

就寝前にぶくぶくと全体に行き渡るようにうがいをするだけです。

 

③フッ化物配合ジェル等の使用

ぶくぶくが難しいお子様には歯に停滞しやすいジェルの使用がオススメです。

 

簡単な特徴のみ記載しました。ひとりひとりにあったフッ化物の使用方法を提案させていただきますので、気になる方は定期メインテナンスでお越しの際にご相談ください。また、定期メインテンスの際には高濃度のフッ化物の塗布を行っています。

 

 

歯科衛生士 相澤

 

 

酸蝕症

こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?
あすは成人式ですね🎊
新成人の皆様、おめでとうございます!
連休の中日はあいにくのにわか雨でしたが、
あすは晴れる予報のようです😊成人式日和になりそうですね🌟

さて、「酸蝕症(さんしょくしょう)」という言葉を知っていますか?

酸蝕症とは、酸によって歯が溶ける症状をいいます。
「むし歯」はむし歯菌が餌である糖を分解するときに作る酸で歯が溶けますが、「酸蝕症」は細菌が関与しないという点がむし歯と違います。

以前は塩酸・硫酸・硝酸などを扱う工場において、酸のガスやミストが直接歯に作用して溶ける職業病として知られていましたが、最近は一般の方のお口の中でもみられるようになってきました。

原因は

・胃酸 ー 逆流性食道炎、摂食障害

・酸性の薬剤の服用 ー ビタミン剤、アスピリン 等

・酸の強い食品の摂り過ぎ ー 清涼飲料水、スポーツドリンク、果物、クエン酸、酢 等

で、その中でも酸の強い食品の摂り過ぎが一番多い原因と言われています。

だらだら食べ、ちびちび飲みに心当たりはありませんか?
もししているようでしたら注意が必要です。

また、食後にきちんと歯磨きをしている方も酸性のものに触れた直後の歯は柔らかくなっていますので、摂取後30分程度時間を置くか、歯磨き前に一度お水で洗口をしてから磨くようにしてください。

牛乳やチーズなどは歯の脱灰を防ぐカルシウムやリンを含む食品なので、酸性の食品にと同時または食後に摂ると良いとされています!

さらに
唾液の分泌促進やフッ素の活用も有効なので、
キシリトール100%ガムやフッ素配合歯磨剤の使用、フッ素の洗口液の使用など、取り入れてみてくださいね。
※当院でも販売しておりますのでぜひご利用ください✨

酸性の食品を摂ってはいけないというわけではありません!!
酸蝕症を理解した上で食を楽しみましょう!!

歯科衛生士 山口

フッ素塗布

こんばんは。今回は虫歯予防に効果的なフッ素塗布についてです。

1.フッ素とは?

フッ素は毎日の食事を通して摂取される必須栄養素の一つです。歯を強化する効果が最も高いことから、世界各地で利用されています。国によっては虫歯予防の観点から水道水に入っているところもあります。

2.フッ素の虫歯予防効果

フッ素を歯に作用させると表面から取り込まれて、歯は丈夫になり虫歯に対して抵抗力が強くなります。また歯の周りにフッ素があると再石灰化を促進し初期虫歯が補修されます。

3.フッ素の塗布法

フッ素の塗布は歯科医師、歯科衛生士が行います。歯科医院でのフッ素塗布では濃度の高いものを使用します。ご家庭では毎日フッ素入り歯磨き粉やホームジェルのご使用をお勧めします。最近は市販の歯磨き粉でも高濃度のものが出ています。

4. フッ素の安全性

フッ素の安全性で問題となるのは、塗布時のフッ素の量です。一度に多量のフッ素を誤飲した時に急性中毒症状を起こす量は体重1キロあたり5mgとされています。(体重60Kgの大人の場合 300mg 体重10Kgの子供の場合 50mg)歯科医院で一度に塗布する量は18-20mgで中毒を起こす量ではないのでご安心ください。

5.フッ素塗布後の注意点

・フッ素を塗布してから30分間飲食は避けて下さい。

すぐにものを食べてしまうとフッ素が歯面から流されてしまい、歯への浸が 阻害されます。

・毎日の歯磨きはしっかりしましょう。

フッ素は歯を強くする働きがありますがそれを塗ったからと言って虫歯に絶対ならないとは限りません。

・定期的にフッ素を塗布しましょう

通常年に2-3回を目安に塗られると効果的です。

 

以上 歯科医師の阿部が担当でした。