フレイル

みなさまこんにちは!
もう9月も終わりに近づいていて、すっかり一日中過ごしやすい気候になりましたね。
そろそろ衣替えをしないと・・・着るものに困ってしまいます。

さて、先週は敬老の日もありましたので、高齢者の身体状態のことについて少し。
みなさま「フレイル」という言葉を聞いたことがありますか?

「フレイル」とは?
フレイルとは筋力や活力が低下した状態です。

□体重が減少(1年間で2~3kg減った)
□疲れやすくなった
□筋力が低下(買い物で2Lのペットボトルを運ぶのが大変になった)
□歩くのが遅くなった(横断歩道を青信号の間に渡るのが厳しくなった)
□身体の活動性が低下(最近、趣味の集いに出かけなくなった)

3つ以上当てはまった場合「フレイル」の疑いがあるといわれています。

また、「フレイル」は悪循環します。
「体力・筋力」の低下は、買い物にでるなどの「活動性」の低下を招き、「人と接する機会」が減少し、「食生活のバランス」もわるくなり、ますます身体が衰え「判断力や認知力など」が低下する。
と言われています。

このような悪循環を断ち切ることが大切です。

歯科では「オーラルフレイル=口腔機能の低下」についてお手伝いできることは、口腔機能(食べる力)を高めて、栄養摂取を心がけることが大切ですので、歯科医院に定期的に来院し口腔機能の維持を心がけていただくことです。
何か心配なとこがありましたらご相談ください。

担当は、世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック
歯科衛生士 小林 でした。