歯と口の健康週間

みなさまこんにちは。

梅雨空は気持ちもどんよりしてしまいますが、紫陽花がきれいな季節になってきましたね。ピンクや青、紫などのかわいい花を見ると雨の日でもにっこりしてしまいます。

晴れた日との気温差や気圧の変化で体調を崩される方もいるかと思います。どうぞご自愛くださいませ。

 

さて、今年もこの時期がやってきました!

「歯と口の健康週間」

毎年6月4日~10日の1週間で、6月4日が6(む)4(し)と読めることから、6月4日をむし歯予防デーとしていたことが始まりだそうです。

歯と口の健康に関する正しい知識の普及啓発、歯科疾患の予防に関する適切なセルフケアの定着、早期発見・早期治療の徹底を目的にしています。

健康相談や歯磨き指導、歯に関するクイズやキャラクターショー、ポスターコンクールなど、全国各地で様々なイベントが実施されています。

私の地元の福島では、相談会やゲームだけでなく、白衣を着たり、セメントを練るなどの歯科医師や衛生士体験もでき、子供たちにも楽しみながら歯科に興味を持っていただく機会になっていました。

また、キャラクターショーも人気で、「虫歯菌が怖い!」と泣いてしまう子もいますが、「その効果で歯磨きを頑張っています」と言う声を聞くこともありました。

どんなことでも、歯科に興味を持ったり、頑張るきっかけになってくれるのはとても嬉しいことです。

 

今年の標語は『一生を 共に歩む 自分の歯』です。

歯は一生ものです。

歯・口には「食べる」「話す」「表情をつくる」「体の姿勢やバランスを保つ」などの大切な役割があります。

歯・口の健康がからだの健康にもつながっていきます。

みなさまもこの機会にぜひ検診やメンテナンスを受けてくださいね!

ご来院お待ちしております。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 遠藤

インプラントって一生もつ?保険で出来る?

こんにちは

最近めっきり寒くなってきてしまいました。

今回はよく患者さんから聞かれるインプラントの質問についていくつか書かせて頂きたいと思います。

まず最初に「インプラントは一生持ちますか?」

結論から言うと一生は持たない可能性が高いです。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなってしまう為しっかりとメンテナンスを行わないと抜けてしまう可能性があります。10年使用できる可能性は80%95%と言われています。

ですが、最初にインプラント治療を行った患者さんはお亡くなりになるまで40年間使用出来た為メンテナンスや噛み合わせ、習慣などが重なれば一生使用できる可能性はあります。

次に「インプラント治療は保険でできますか?」

インプラント治療を保険で行うことは特定の条件を除き難しいです。

日本の保険で認められるのは「腫瘍、顎骨骨髄炎、外傷等により広範囲な顎骨欠損か歯槽骨欠損症例(歯周病や加齢による骨吸収は除く)やこれらが骨移植などにより再建されたもの」となります。

すなわち「上顎は腫瘍や骨髄炎、事故、生まれながらにして歯を支えている骨が3分の1以上無い方」に限り保険治療が認められています。

下顎の場合は「手術で下顎骨区域切除以上の手術をした方」も認められています。

今回はインプラント治療時よく聞かれる質問についてお話しさせて頂きました。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱岡玄でした。 (さらに…)