お口の渇きについて

 

こんにちは。早いものでもう8月になりましたね。

毎日の暑さと格闘しながら日々過ごしております。

 

さて、みなさん、今から挙げるものに当てはまるものはありますでしょうか。

 

・水をよく飲む

・お口の中がネバネバする

・乾いた物が食べにくい

・口臭がある

・舌がヒリヒリして痛い

・入れ歯が擦れて痛い

 

これらは、ドライマウス(口腔乾燥症)のサインです。

 

ドライマウスは全身疾患のサインともいわれているので、初期段階での対策が非常に重要です。

 

ドライマウスは唾液腺の機能が低下して起こる症状です。

 

健康な人の1日の唾液分泌量は1~1.5リットルです。唾液はお口を潤すだけでなく、さまざまな作用で健康を守ってくれます。

 

①自浄作用:食べかすや歯垢を洗い流します

②消化作用:アミラーゼ(酵素)がデンプンを分解して体内に吸収しやすくなります

③抗菌作用:細菌の増殖を防ぎます

④粘膜保護作用:ムチン(糖タンパク)がノドや食道を傷つけにくくします

⑤食塊形成作用:味を感じさせ、嚙み砕いたり、飲み込んだりしやすい塊にします

⑥pH緩衝作用:飲食により酸性に傾いたお口のPHを中和させます

⑦粘膜修復作用:上皮成長因子が組織が傷ついたときに修復します

⑧再石灰化作用:飲食により、溶けかかった歯面の修復をします

⑨潤滑作用:発声や発音をスムーズにします

 

 

唾液が減り、お口の中が乾くと粘膜が傷つきやすくなったり、細菌の増殖により粘膜が荒れたり、むしばや歯周病の進行に影響してきます。7/11に更新している記事に、湿潤剤「アクアバランス」の説明もありますので、是非そちらも参考にしてみてください。

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 相澤

 

アクアバランス

皆さまこんにちは。

ようやく関東はもうそろそろ梅雨が明けそうで、夏らしく暑い日が増えてきましたね。蝉の鳴く声も少しずつ大きくなってきたきがします。

 

さて、今回は最近当医院で新しく販売されている「アクアバランス」という商品についてご紹介したいと思います。

皆様はドライマウスという症状をご存知でしょうか。文字通りお口の中が乾いてしまう症状のことです。ドライマウスになる原因は様々ありますが、いずれにせよ唾液が少なく口腔内が乾燥してしまうと口腔内の細菌が増え、虫歯や歯周病などが進行しやすくなってしまいます。

唾液を増やす方法としては唾液腺のマッサージやよく噛んで唾液の分泌を促すことが一般的ですが、それを補う製品で「湿潤剤」があります。アクアバランスはその湿潤剤の一種です。

アクアバランスの特徴としては保湿成分のポリグルタミン酸という納豆のネバネバ部分から抽出されたアミノ酸の一種が配合されており、天然の保湿因子を増加させ、唾液分泌を促進させる効果があるそうです。またスプレータイプで手軽に使用でき、ノンアルコールで低刺激、さっぱりしたレモン風味で使いやすいと、当医院のドクターもお勧めの商品です。

ドライマウスの軽度の症状はお口のネバつきだったり、軽い口臭であったりとあまり気づかれない方が多いようですが、重度の症状になると舌がひび割れ痛んだり、喋りづらくなったり強い口臭がしてきます。そうなる前に、もし軽度の症状があてはまる方は是非こちらのアクラバランスで手軽に唾液の分泌を促し、ドライマウス症状を緩和して行きましょう!

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

担当は歯科衛生士田村でした

私のインビザライン日記⑭『再製作したマウスピースが届きました編』

新たに型を取っておよそ1ヶ月。先日新しいマウスピースが届きました!
箱を開けてみたら今回は20枚入っていました・・・

1週間~10日で1枚交換していくので、あと5~7ヶ月くらいかかりそうです。

先生にチェックして頂き、早めに対処できて良かったです。

日常生活において困っていることは全くないので、このまま引き続きマウスピース生活を続けていきたいと思います。

 

世田谷区 千歳烏山

インビザライン矯正 浜岡歯科クリニック

歯並び

皆様お久しぶりです、いかがお過ごしでしょうか。
まだまだコロナウイルスもおさまりきらず、梅雨時期で天気や気温の変化もありますので体調管理には皆様お気をつけください。

今回は「お子さんの矯正」についてお話したいと思います。

子どもの矯正治療をスタートするのに一番いい時期はお子さんが大きく成長する前です。
各々成長の仕方も違いますし、時期もそれぞれですが、だいたい6歳から12歳までに行なう歯の矯正で「第1期治療」と呼ばれています。
この時期の矯正治療は大人の矯正と違い歯をきれいに並べる為の矯正ではなく、歯と顎のバランスを整える為の矯正です。
子供の成長期を利用して、横に歯列を広げることで上下顎歯列の幅を整えたり、上下の顎の成長が理想的なバランスになるように誘導したり、永久歯が理想的に生えてくるスペースを作って後々歯を抜かずに歯並びを整えることを目標とします。
「第1期治療」での矯正では取り外しを行うタイプでの装置による治療が主になります。
大人の矯正は歯の位置を変化させていくのが主な方法ですが、成長期のお子さんの矯正は顎の形態や大きさの成長促進や抑制を利用し歯と顎の位置関係を整える方法です。

本人やご家族の希望により異なりますが、「第1期治療」のみで矯正を終える場合もあります
「第1期治療」では細かい歯の位置の調整はできませんので永久歯が生えそろった後に「第2期治療」と呼ばれる歯並びや嚙み合わせを歯の移動によって改善する矯正へ移行していきます。
皆さんがイメージしているワイヤーやブラケット、マウスピースを使った矯正です。
「第2期治療」だけで良いのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「第1期治療」を行うことのメリットとして、ある程度顎と歯の関係を改善しているので、場合によっては必要となる「第2期治療」での抜歯が不要になったり、「第2期治療」としての矯正期間が短くなったりすることがあります。
デメリットとして「第1期治療」と「第2期治療」トータルでの治療期間が長くなる場合があったり、「第1期治療」では小さなお子さんを対象とするので治療の協力が得られない場合に期待する効果が得られないこともあります。
大人になってからの矯正に比べ得られるメリットは大きいと思いますので、お子さんの歯並びが気になる方や学校等の検診で歯並びについて指摘された場合にはお子さんの成長期前に一度歯科を受診されることをお勧めいたします。

浜岡歯科クリニックではお子さんの定期メンテナンス矯正治療も行っています
お気軽にご相談ください

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱田が担当いたしました

口臭

口臭

新型コロナ感染予防のため常にマスクをしていると、自分の口臭に気づいたり、もしかしたら臭っているかもと不安になられる方も多いかと思います。特にマスクをすると息苦しさから本来は鼻呼吸するべきところを口呼吸することが多くなり口腔内の乾燥から口臭が発生しやすい環境になります。

口臭は大きく分けて二つに分類されます

1.生理的口臭 (誰にでも起こる口臭)

起床時、空腹時、緊張時、疲労時、加齢によるものなどがあります。またホル  モンバランスの変化に起因する口臭や、アルコールや薬物など嗜好品によるものもあります。

2.病的口臭

歯周病や多数の重度の虫歯、舌苔など口腔内に問題がある口臭や、副鼻腔炎、咽頭喉頭の炎症など耳鼻科領域に問題がある場合、糖尿病など全身疾患が原因のものがあります。

生理的口臭は比較的簡単に口臭をなくすことができますが、病的口臭では原因となっている病気の治療が必要となります。

みなさん気になる口臭ですが、浜岡歯科クリニックは口臭治療で有名な本田俊一先生の認証を受けた、ほんだ式口臭治療提携クリニックです。検査をして口臭の有無や原因、対策を講じることが可能です。

ご興味のある方はぜひお声掛けください。まずはトリートメントコーディネーターが内容や時間、費用についてご説明します。

注1:自費診療となります

注2:新型コロナ感染症が終息するまでは感染対策を踏まえた簡易コースとなります。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 阿部の担当でした。