コロナウィルス対策について

今般、日本国内でのコロナウィルス感染が拡大しご来院の皆様におかれましてもご心配されていることと存じます。
浜岡歯科クリニックではご来院の皆様の安全確保のため下記の対策を実行しておりますのでご報告いたします。

A)院内感染予防対策

1.患者様、スタッフ全員への感染対策

①玄関にアルコール手指消毒液設置(コロナウィルスにはアルコールが有効)

②待合洗口コーナーに洗口液の設置

③ウィルス殺菌作用のある次亜塩素酸含有の加湿器3台設置(院内全範囲有効)

④個別チェアーに口腔外バキューム設置(6台) 唾液、粉塵の吸入ろ過装置

⑤業務用空気清浄機「エアロシステム35M」の設置

ウィルス不活性化に有効な天井埋め込み式空気清浄機2台設置

⑥患者様ごとに診察器具の滅菌と個別包装

2.スタッフ及びスタッフからの感染予防対策

①毎朝スタッフ全員の体温測定と体調管理シート記入(発熱の場合は自宅待機)

②スタッフ全員のマスク着用

③ゴーグル着用

④口腔外バキューム使用

B)患者様へのお願い

上記の感染対策を行っておりますが、院内での感染防止のため下記の項目にご協力ください。

予約当日、体調不良の方はご予約変更のご連絡をお願いいたします。

体調不良とは?→体温が37.5度以上の方、咳、痰、倦怠感のある方など

来院時の体温測定にご協力ください。(受付にてスタッフが測定いたします。)

体温が37.5度以上の場合は、申し訳ありませんがご予約の取り直しをお願いいたします。ご来院のすべての方々の安全を第一に考えてのことですのでご理解ください。

③マスクは現在品薄状況なので、各自でご自宅よりご持参ください。

以上、現在のコロナウィルス感染拡大の状況を踏まえ、ご来院の皆様の安全確保のためスタッフ一同努力をしておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

医療法人社団恵正会 浜岡歯科クリニック スタッフ一同

 

歯科医師阿部が担当しました。

 

口腔内写真

はじめまして。

歯科衛生士の遠藤と申します。

よろしくお願いいたします。

3月に入り、春本番!
暖かい日も少しずつ増えて、桜の開花も待ち遠しいですね。

お花が大好きな私はこれからの季節が楽しみです!

さて、今日は写真のお話をさせていただきたいと思います。

歯医者さんで撮る写真には

『レントゲン写真』と『口腔内写真』があります。

レントゲン写真はご存知の方が多いかと思います。

では、口腔内写真とは何でしょうか?

文字通り、お口の中をカメラで撮影したものです。

では、なぜお口の中の写真が必要なのでしょうか。

・患者様自身にお口の中の状態を知っていただくため

・診断の材料として、治療方針や計画を立てるため

・治療内容や計画を分かりやすく説明するため

・治療の前後やメインテナンス時の状態を記録し、比較するため

お口の中は狭く、暗いため、自分で見てもよく分からなかったり、口頭の説明では分かりにくい事もあるかと思います。

そんな時、お口の中の写真があると、治療箇所や歯ぐきの状態を目で確認する事ができます。

浜岡歯科クリニックでも、初診時やメインテナンス時に撮影させていただいております。

患者様の中には撮影に抵抗がある方もいらっしゃると思います。

撮影の前には必ず説明させていただきますので、ご安心下さい。

 

最後になりましたが、少しでも皆様のお力になれるよう精一杯努めて参りますので、よろしくお願いいたします。

ご来院をお待ちしております。

歯科衛生士 遠藤

歯周病とは

はじめまして!

歯科衛生士の小畑と申します。

いくつになっても自分の歯でお食事出来る様に、お手伝いさせて頂きたいと思います。宜しくお願い致します!

今回は歯周病についてお話しさせて頂きます。

歯周病は歯周病菌と呼ばれる細菌が歯ぐきに炎症を起こす病気で、進行してしまうと歯を支えている骨を溶かすため、歯が抜けてしまうという病気です。

ご自身では歯周病なのか判断が難しいかも知れませんが、

・歯ぐきから出血する

・歯ぐきが腫れる

・お口の中がネバついた感じがする

・歯と歯の間が開いてきた

・硬いものが食べ難くなった

この様な症状がある場合には歯周病になっている可能性があります。

虫歯になってしまったら歯医者さんで治しますが、歯周病になってしまったらどうしたら良いのでしょうか?!

歯周病は歯周病菌が原因ですので歯周病菌を減らす事が大切です。

歯周病菌を減らすには毎日のブラッシングがとても重要です!

浜岡歯科クリニックでは患者様の今のお口の中の細菌状況を知って頂き、お口の中に興味を持って頂けるように細菌検査を受けることが出来ます。

歯周病菌を減らすためのお手伝いの一環として歯周病菌の有無を調べ、正しい食生活やブラッシングを身につけて頂ければと思います。

御来院お待ちしております。

キシリトール100%

はじめまして。本日のブログ担当は昨年入局いたしました歯科衛生士の小林が担当いたします。
お口の健康をサポートしていけるよう一生懸命努めていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、先週14日はバレンタインデーがありましたが、チョコレートをあげたり、もらったり・・・のドキドキ感ございましたでしょうか。

以前のスタッフブログでも紹介させていただいているように、浜岡歯科クリニックでは2月はチョコレートをお配りしております^^
歯科クリニックでチョコレート・・・一見ミスマッチですが使用している甘味料はキシリトール100%です。

「キシリトール」ってテレビのCMや広告などでよく聞くけど、いったい何?どんな効果や働きがあるの?と思っていらっしゃる方も多いと思いますので、少しですがご説明させていただきたいと思います!

「キシリトール」は虫歯菌(ミュータンス菌)が砂糖と間違えて食べるけれど、虫歯の原因となる酸を作り出すことができないという砂糖と同程度の甘味を感じる代用甘味料です。
代用甘味料とは呼ばれていますが、実はキシリトールは多くの野菜や果物にも含まれています。ガムやタブレットに使用されているキシリトールは白樺や樫の木などから抽出されるキシランヘミセルロースを原料として作られています。

「キシリトール」と聞いてコンビニなどで市販されているガムやタブレットを思い浮かべる方も多いかと思いますが、実は市販のガムやタブレットはキシリトール「含有」であり、同時に砂糖も使用されています。

歯科専売品は「キシリトール100%」なので砂糖不使用です!

お配りしているチョコレートをきっかけに気になった・・・などありましたら、浜岡歯科クリニックでは歯科専売のキシリトール100%のガムやタブレットのお取り扱いもしておりますで、お気軽にお声がけください!

段々と暖かくなってきておりますが、急に冷え込む日もまだまだございますので皆様御体ご自愛くださいませ。

歯科衛生士 小林でした^^/

歯ブラシ

こんにちは

この頃は新型肺炎がニュースで色々と取り上げられており、マスクが手放せない季節となってしまいました。

今回は簡単に歯ブラシの選び方について説明させて頂きます。

間違った形のものを使用すると汚れが落とせないだけでなく、歯茎を傷つけてしまったり、歯を削ってしまう可能性があります。

歯ブラシにはヘッドの大きさ、毛の硬さ、毛の形、毛の性質、柄の太さ、形など様々なものがあります。

①歯ブラシのヘッド(毛の生えてる部分)

基本的にヘッドの大きさは2cm程度の物が一般的に使用して頂きたいものになります。

ヘッドの大きさは、大きいものほど清掃効率がよいですが、細かいところに届きづらくなります。

ヘッドの小さいものは清掃効率は良くないですが、細かいところに届きやすくなっています。

歯ブラシをする時間が短い方は、ヘッドの大きい物を選んで頂き、時間をかけて磨くが細かい場所に汚れが残ってしまう方には少し小さめの物を選んでいただくのがよいでしょう。

②毛の硬さ、性質

基本的に7mmに切りそろえた際の単位面積あたりの座屈強度を測定したものであるため、毛の長さや毛の形態により、表記と感覚が異なる物があります。

毛が短く毛が硬いものは清掃効率が高いですが、歯茎、歯を傷つけてしまうリスクがあり、細かいところでまで毛先が届きません。

毛が長く柔らかいものは、細かいところに毛先が入り込み、歯や歯茎を傷付ける心配が少ないですが、清掃効率が悪くなってしまいます。

③柄の形、太さ

柄の形はストレートのものが多く使われております。特殊な場合を除いてストレートのもので問題は無いと思います。

柄の細いものは、力が毛先に伝わりづらく、歯ブラシの力が強いかたに使用をお勧めしております。

柄の太いものは毛先に力が伝わりやすく、手に力を入れづらい方にお勧めしております。

歯ブラシは選びは色々な要素が絡み合い、使う方にあった歯ブラシを選ぶことが重要になってきます。簡単に「この時はこれ!」と選ぶのは難しいことが多いです。

患者さまにあったブラシを、一人一人に合わせて説明させていただくのが一番であると思います。

是非ご相談ください、歯科医師濱岡玄でした。