アタッチメント

皆様こんにちは
コロナは完全には終息していませんが、世の中は少しづつですが以前の常態に戻ろうとしている感じですね。自身で出来る感染対策に務め健康管理にはきをつけましょう。

さて、今回も濱田が当ブログを担当させていただきます。
もう少しアライナー矯正の相談を受けた時のお話をしてきたい思います。

皆様だいたいワイヤー矯正の見た目がきになるので、アライナー矯正をお考えだと思います。
ぱっと見た目は自分の歯の周りを透明なマウスピースのようなものが覆っているだけに見えます。
実際には、ご自身の歯の表面に凸型のアタッチメントと言われる突起物が付いています。歯の色と同じなので、良く見ないとわかないかもしれません。

ワイヤー矯正の場合は歯にブラケットを付けそこにワイヤーを通すことで矯正力をかけます。
アライナー矯正ではワイヤーのかわりにアライナーと呼ばれるマウスピースをつけますが、それだけでは歯に加わる力が弱いので、アタッチメントと呼ばれる凸を利用することで矯正力をかけているのです。
矯正は弱い力を持続的に加える事によって歯を移動させていますが、凸の形によって歯を目的の場所へ動きやすくしています。

歯の移動が終了した時に外すのですが、矯正中は凸凹があるので境目がう蝕になるリスクが少し上がりますので歯磨きに十分気をつけてください。

アライナー矯正をお考えの方はぜひ知っておいてください。
それでは次回にまた他のお話をさせていただきます。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱田が担当いたしました

【歯を守るだけではありません!】定期検診を受けるメリットとは?

「歯科の定期検診を受けている」という方は、まだまだ少数派で歯に不具合を感じた時に歯科医院に治療に行くという方が多いようです。

しかし、「悪くなってから治療」を繰り返していては、歯の寿命を短くするだけです。悲しいことに、歯は一度失ってしまったら再び元に戻ることはありません。

ですので、定期検診を受けることで歯を長持ちさせ、お口の健康を維持することは、将来の健康面、費用面などに良い影響をもたらします。

 

①生涯の医療費を抑えることができる

“定期検診に通うと医療費がかかる”と思う方も多いのですが、治療が必要な個所を早期に発見できるため、症状が進行してからの場合より、治療も簡単で費用も安く済む場合が多いのです。

初期の虫歯や歯周病であれば、数回の治療で終わる場合がほとんどですが、虫歯が進行し神経にまで達して炎症を起こしたり、歯周病が進行していると、治療期間も長くなり通院回数も増えてしまいます。また、虫歯が進行し削る部分が多くなると、それを補うために大きな詰め物や被せ物が必要になり、費用の負担も増えてしまいます。

 

②お口の健康が全身の健康につながる

近年の研究でお口の健康は全身の健康と関連することがわかってきています。例えば、虫歯菌や歯周病菌が血管の中に入り込み、血流に乗って心臓や脳の血管を詰まらせる原因になる場合もあります。定期検診で衛生的なお口の環境を整えることが全身の健康を維持することにつながります。

 

③噛む力を維持できる

噛む力は歯を一本失っただけでも低下してしまいます。噛む力が弱くなると、食事がしにくくなるのはもちろんのこと、スポーツや力仕事をするときに十分な力を発揮することができなくなってしまいます。天然の歯を残していくことで噛む力を維持し、おいしくお食事をしたり楽しくスポーツをすることができます。

 

患者様ご自身でのホームケアと、歯科医院でのプロケアの両立が大切です。お口や体の状態などにより、おすすめのケア用品や、定期検診を受ける周期も変わってきますので、わからないことがありましたら、担当の先生や歯科衛生士さんに遠慮なくご相談ください!

 

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック トリートメントコーディネーター

山口が担当いたしました。

 

妊娠中の歯科治療

当院では産前・産後検診を承っておりますが、特に産前検診で虫歯が見つかった場合治療できるのか心配される方が多くいらっしゃいます。またおなかの赤ちゃんのことが心配で痛いのを我慢している方がいらっしゃいますがその必要はありません。

妊娠中の口腔内の特徴としては次のことが挙げられます。

1.妊娠中は女性ホルモンが増えるためこのホルモンを栄養源とする歯周病菌が増殖し歯肉炎や歯周病にかかりやすくなったり、悪化しやすくなります。

2.つわりにより歯磨きが気持ち悪くおろそかになりがちで虫歯や歯周病になりやすくなります。また口腔内は食事をすると酸性環境になり歯は溶けやすくなったり、悪玉菌の活動が活発になりますがその後だ液により中和され修復されます。妊娠中は気持ち悪く食事を小分けにして回数が増えると唾液による中和作用が働く時間がなく常に酸性の環境が持続し口腔内環境が悪化しやすくなります。その結果口臭の悪化にもつながります。

対策としては

メンテナンスは体調が良ければ定期的に受けたほうがよいでしょう。虫歯がないと歯科医院に行ってはダメと思われている方もいらっしゃいますがそのようなことはありません。歯茎が腫れて気になる、出血する、歯ブラシが気持ち悪いなどございましたらメンテナンスのご予約をお取りください。(初診の場合は歯科医師が最初に検査と状態の説明を行います。)

虫歯の治療は妊娠6か月過ぎの安定期がよいでしょう。初期は体調が不安定ですし出産間近になると、ユニットであおむけになった際大きなおなかが母体の動脈を圧迫してしまうため治療が難しくなります。安定期であれば麻酔もまず問題ないとされています。ごく小さい虫歯であれば麻酔なしで行いますが。無理に我慢する必要はありません。

X線も防護エプロンを使用するのと、口腔内を撮影するためX線自身はおなかの方には向かないため問題ありませんが、当院では念のため使用は控えています。歯と歯の間の虫歯などはX線を使用しないと分からない場合があるので、出産後の検査をおすすめしています。

妊娠中の方はご自身と赤ちゃんのためにぜひ産前・産後検診をお受けください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 阿部が担当しました。

 

 

 

知覚過敏

皆さまこんにちは。

今日は「知覚過敏」についてお話ししたいと思います。

冷たいかき氷やアイス、あるいは酸味の強いミカンなどのフルーツを食べるとずきんとしみる、また歯ブラシの毛が触れるとしみて困った経験はありませんか?

もしかしたらそれは虫歯ではなく、「知覚過敏」かもしれません。

知覚過敏とは歯ぐきが下がる、歯のエナメル質が摩耗するなど、一般的な歯のトラブルが原因として徐々に悪化していく歯の状態です。

20歳から50歳までの人が最も多く知覚過敏症状を患っています。

知覚過敏症状は、歯の内側にあるやわらかい「象牙質」が露出してしまうことで発生します。象牙質は歯のエナメル質の内側にある組織です。

 

 

象牙質には小さな穴があいており、数千本の象牙細管とよばれる細いストローのような管が歯の中心に向かって伸びていてその中は液体で満たされています。この象牙細管から伝達された刺激がタンパク質である細管内組織液を動かすことで歯の神経を刺激して刺すような不快感、瞬間的な知覚過敏特有の鋭い痛みを引き起こすと考えられています。

知覚過敏のおもな原因には、

①エナメル質の摩耗

エナメル質は歯の外側、表面を覆う硬い組織で体の中で一番硬い組織ですが、時間の経過と共に摩耗することで内側の象牙質が露出してしまうことがあります。

原因としては、歯磨きの際に過度な力で磨いていたり、噛み合わせによって過度な負担がかかる歯ぎしり、食べ物や飲み物に含まれる酸などがあります。

また、歯ぐきが下がっているところに荒い研磨剤の含む歯磨き粉を使用した際にも摩耗が生じます。

 

②歯ぐきの後退

後退の原因には歯周病や過度な歯磨き、咬合性外傷(1本の歯に噛み合わせの過度な力が掛かることによっておこる損傷)や、加齢によるものもあります。

過度な歯磨きには歯ブラシをゴシゴシ強く当ててしまうだけではなく、自身に合っていない大きい歯間ブラシを使用してつよく磨いてしまったり、フロスをグイグイ無理矢理通してしまうのも歯ぐきが下がる原因になってしまいます。

体調がすぐれない時や、ストレスがたまっている時、睡眠不足が続いているときは食いしばり・歯ぎしりの症状が過度にかかりやすくなる為、しみやすくなったりもします。

知覚過敏の症状は軽度であれば、一時的なこともありますが、一時的でなく、症状が良くならない場合は神経の過敏状態を抑える成分の入った歯磨き剤を使ったり、露出した象牙質表面をプラスチックの薄い膜で覆って保護する治療や、歯が擦り減っている部分に詰め物をする治療やマウスピースによって噛み合わせによる負担を軽減する治療もあります。

知覚過敏だけでも原因は患者さんそれぞれ異なりますので、症状のある場合は、お早めに歯科医院を受診し適切な治療をうけて頂くことがおすすめです。

 些細なことでもお口の中で気になる事があればお気軽にメンテナンスや治療の際にご相談ください!

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 安部が担当いたしました。

 

親知らず

こんちには。

桜の開花が待ち遠しい季節になりましたね。

いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は『親知らず』についてお話しさせて頂きます。

 

自分自身で歯の管理ができるようになる18歳以降に生えてくる事が多く、親の知らない間に生えてくる歯という意味で『親知らず』と呼ばれる様になったと言われています。

 

『親知らず』は顎の大きさによって斜めに生えてきたり、横向きで出てきてしまったり、途中まで生えて歯肉がかぶさったままの状態になってしまっている事が多いと感じます。

 

『親知らず』が真っ直ぐ生えている方は少ないのではないでしょうか?

 

それは昔と現代とでは食事の内容が変わり、顎が小さくなってきているためという考え方があります。

噛む回数が少なくてすむ、柔らかい物を口にするようになり、顎が発達する必要がなくなったため、本来生えるべき場所にスペースがなくなってしまったのです。

 

斜めに生えてきたり、横向きで出てきてしまった『親知らず』は歯磨きがしっかりできずに歯肉がはれたり、虫歯になってしまうことが多く歯周病にもなりやすいです。 

『親知らず』が虫歯や歯周病になってしまうと、健康だった手前の歯までも虫歯になってしまう可能性があります。

 

そうなる前に日々の歯ブラシでしっかりセルフケアに取り組んでいって頂きたいと思います。

またセルフケアと共に定期メンテナンスで歯ブラシの当て方を確認し虫歯や歯周病から歯を守るお手伝いをさせて頂ければと思います。

 

皆さまのご来院お待ちしております。

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 小畑が担当致しました。