ゴールデンウイークどうでしたか?

こんにちは受付助手の開作です。

みなさん、ながーいゴールデンウイーク(まさにゴールデンでした。)は楽しめましたか?

私はみなさんが海外や地方に旅行に行っているあいだ、東京にいましたのでヨドバシカメラで家の冷蔵庫などを買いに行ったりしていました。やはり空いていてスムーズに買い物ができ、ゴールデンウィークで割引き率も良かったので得しました。少し高い物を買うなら消費税率引き上げ前に購入しなくてはならないですしね!

また5月4日も買い物で外にいたのですが夕方頃、急に空が暗くなり雹(ひょう)が降ってきました。車の屋根は聞いたことがない音がし、目的の島忠に着いてからも立体駐車場の金属の柵はカンカンとすごい音、近くにいた車も避難してきて駐車場はいっぱいに、買い物を終え帰ろうとすると車を停めていた3階は屋上からの雨水の排水が間に合わないためか水が溜まりだしていて少し怖かったです。私は府中市に住んでいるのですが競馬場のレースも中止になったと後で聞きました。お馬さんもたまったもんじゃありません。

長いお休みは慣れていないせいか何だかもったいなく感じ半分くらい後日バラで休みたいとも思いました。日本人らしい考えだと言われそうです。でも毎年あったらいいなと思う良いお休みでした。

お休みが終わって2週間近くがたちだいぶ体が戻ってお仕事をするモードになってきました。しかしながら風邪をひいている方も多いような感じがします。朝晩の温度差が大きいこの頃、ご自愛ください。

 

顎関節症

皆様お久しぶりです。
いかがお過ごしでしょうか。
朝晩はまだやや気温が低い日もありますが、日中はだいぶ気温もあがり暖かい日が多くなってきましたね。

さて、今回は「顎関節症」についてお話したいと思います。

まず顎関節とは顎の関節ですが他の関節とはやや異なる関節で、左右の関節が一対となって同時に動くので片方の関節が動けば反対側の関節も何らかの動きをしています。
さらに、他の関節と同じように回転運動もしているのですが、同時に滑走運動もしています。他の関節にはない滑走運動が可能なので複雑な動きができるのです。
また顎の関節は、上下顎の歯の接触によっても動きを制御されているとも言われています。
顎の間接は左右の筋肉のバランの崩れや習慣等のちょっとした事に影響を受けやすく、成人のおよそ半数が顎に何らかの異常を感じたことがあるとされています。

「顎の関節や筋肉が痛む」「顎の関節で音が鳴る」「口か開かない」などの症状を引き起こす状態を「顎関節症」といいます。
症状が悪化すると治療が困難になるので早期発見・早期治療が大切ともいわれています。

原因は歯ぎしり・食いしばり・頬づえなどの悪習慣が考えられており、最近はTCHと呼ばれる状態も原因のひとつと考えられています。
通常は食事以外で上下の歯を接触させていることは少ないのですが、TCHとは上下の歯を軽く接触させてしまっている癖の事です。
初期の違和感であればこのような顎の緊張状態を緩和させてあげれば大きな問題は無いと思われますが、痛みを伴うような場合は上顎と下の顎の間にある「関節円板」と呼ばれるクッション状の部分がずれている場合もあります。
色々と原因はあると思われますが自分で確認できるチェック項目を簡単にお知らせします。

○口を大きく開いたときに人差し指から薬指の3本指を縦にして入るか
○口を大きく開け閉めしたとき顎に痛みが無いか
○口を大きく開いた時にまっすぐ開くか
○するめ・干し肉・たこなど硬い食べ物食べた時に顎や顔が痛くないか

程度の差によりますが、以上の症状がある場合は「顎関節症」の疑いがあります。
治療方法も、顎の体操・薬・マウスピース・手術等、症状により様々ですので、何か顎の関節に症状がある方は早めの受診をお勧めいたします。

顎だけでなく、お口の環境を整えるためには定期的なメンテナンスも大切ですので、是非いらして下さい。

歯科医師濱田が担当いたしました。

『令和』の新時代へ

皆様、ご無沙汰しております。本日から元号が「令和」になりなりましたので、心機一転ブログの更新をしようと思います。

当院では、今年になって新規スタッフが3名入り、そのため院内も窓をあけて新しい空気が入るようにとても清々しい良い雰囲気になりました。

新入医局員は衛生士2名とコーディネーター1名ですが、3人とも真面目で勉強熱心なので先輩スタッフも指導がしやすいようです。まずは基礎を固め、正確にしっかりとした治療ができるようになってもらいたいと思っています。

また、4月からは私の次男も週一日当院で治療をはじめました。現在も大学のインプラント科に在籍しておりますが、卒後4年が経ちましたので治療は少しづつ次男に任せ、私は医院全体を俯瞰し患者様へよりベストなシステムを構築することに時間を費やしたいと考えております。

これからもスタッフ共々宜しくお願いいたします。

浜岡歯科クリニック 院長濱岡正憲

きれいな歯で笑おう。

みなさん、こんにちは!

チーフの山口です。

 

4月もなかばを過ぎ、日中暖かい日が多くなってきました。

4月に入っても寒い日が続いていましたが、体調など崩されていませんでしょうか?

私は今年早めに冬物の衣類を片付けてしまったために風邪をひいてしまい、

のどの痛みや鼻水で大変でした。

来年は、もう少し様子を見て衣替えしたいと思います!

 

先日、濱岡先生が5月号のFRAUを買ってきて下さいました。

歯科の特集がされていて、ホームケアの方法や食事、マッサージ方法などなど…

内容が充実していて、とても読みごたえがありました。

 

表紙を飾っている渡辺直美さんの歯もきれいでリップメイクがとっても映えますし、なにより笑顔が素敵です!

小さいころからお母さまが歯に関してとても厳しく、歯磨きなどのチェックをされていたとのこと。

そして今も3か月に1度歯のメンテナンスはしっかり行っているそうできれいなのも納得です。

 

 

最近、患者様の話を聞いていて気になるのが、歯を磨く時に歯ブラシしか使っていない人がとっても多いことです。

実際には、歯ブラシのみで落とせる汚れは6割程度だそうです。

歯ブラシにデンタルフロスや歯間ブラシを組み合わせると、7割から8割になります。

大学の歯学部の授業で、歯ブラシだけで汚れを落としてみるという授業が

あるようなのですが、100パーセントに近い状態になるのになんと1時間以上もかかるそうです。

 

浜岡歯科クリニックでもフロスや歯間ブラシを取り扱っております。

どれを使っていいかわからない方、使い方を教えてほしい方、ご質問がございましたら是非スタッフにお声がけください!患者様に合った適切な商品をご案内いたします。

そして4月中クリニックで販売している商品が10パーセントオフで購入できるお得なキャンペーンを行っております。

この機会にいつもお使いの物をまとめて購入してもいいですし、気になっていたものを使ってみるのもおすすめです。

皆様のご来院お待ちしております!

 

 

 

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病には関連性があるのをご存知ですか?実はかなり深い関係があります。

1.歯周病とは

歯周病は細菌感染によっておこる歯の周りの組織の病気で、歯垢中の細菌の攻撃に対して体が防戦する際に分泌されるサイトカインが過剰に分泌されると自分を破壊してしまうことが原因です。

2.糖尿病とは

糖尿病は血糖値が高い状態が続いた結果、全身の器官に異常をきたす病気です。インスリンが分泌されない(1型)とインスリンが分泌されてもうまく作用しない(2型)に分かれます。日本人の糖尿病患者の90パーセントが2型です。

3.高血糖が続くと歯周病は悪化します。

血糖値が上昇すると。自分を攻撃してしまう特定のサイトカインが増えることが原因と考えられています。また糖尿病の人は免疫や組織修復力も弱いため炎症による歯周組織破壊が進みやすくなります。

4.歯周病治療で糖尿病が改善

糖尿病と歯周病を併せ持つ患者さんに歯周治療を行うと血糖値が改善したという報告が多数あり、歯周病は糖尿病を悪化させる要因の一つである可能性が高いということがわかってきました。メカニズムとしては炎症時の特定のサイトカインがインスリンの作用を邪魔しているからと考えられます。したがって歯周病を治療することによりサイトカインの量が減少し、結果インスリンの作用が発揮されて血糖値が改善すると考えられています。

実は歯周病は糖尿病だけではなく心臓病や動脈硬化、脳血管障害、肺炎、早産などにも関連性があることがわかってきています。体の健康はお口から!定期的なメンテナンスをお勧めします。

歯科医 阿部の担当でした。