口内炎

皆さま、こんにちは!

お盆は過ぎましたが、まだまだ厳しい暑さが続いています。

昼間だけでなく朝晩も気温が下がりにくく、暑い時間が長くなっているので、体調管理には十分な注意が必要ですね。

熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいね。

体調が悪い時、身体が疲れている時、お口の中に口内炎ができて辛い経験をされたことのある方いらっしゃいませんか?

私は今、口の中に口内炎が2つ、できてしまっています

食事をする時辛いですよね。

一般的にもっとも多くみられるのが「アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)」です。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(ビタミンB2が欠乏すると口内炎ができます)などが考えられています。

入れ歯や矯正器具が接触したり、頬の内側を噛んでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる物理的刺激によっておこる口内炎を「カタル性口内炎」と呼びます。

ウイルスが原因で起こる口内炎もあります。単純ヘルペスウイルスの感染が原因の「ヘルペス性口内炎(口唇へルペス)」。

またカビ(真菌)の一種であるカンジダ菌による「カンジダ性口内炎」。

特定の食べ物や薬物、金属が刺激となってアレルギー反応を起こす「アレルギー性口内炎」、喫煙の習慣により口の中が長期間熱にさらされることにより起こる「ニコチン性口内炎」などもあります。

 

口内炎の予防には、「バランスのとれた食事」が大切です。特に、口腔内の粘膜修復や疲労回復、免疫力向上に役立つ「ビタミンB群」や「ビタミンC」などの摂取が効果的です。

口の中に雑菌を溜めないためにも、口の中が乾いた状態にならないよう、ガムなどを噛んで唾液腺を刺激してあげることもオススメです。このときに、虫歯を防いでくれる働きのあるキシリトールを配合したガムを選ぶとさらに効果的です。

そして、予防のためには、口の中を清潔に保つことも重要です。食事の後は、ポピドンヨードなどの殺菌成分が配合されたうがい薬でうがいをして口の中を清潔に保つことで、できてしまった口内炎の治りも早くなることが期待できます。

1週間以上治らない場合は、自然治癒が難しい何か別の要因がある可能性があるかもしれません。

口内炎がなかなか治らない場合は、一度、歯科医院を受診してくださいね。

 

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

担当は歯科衛生士 辻尾でした✳︎

もうすぐ春です!

みなさんこんにちは☺︎!

少しずつ暖かい日差しを感じるようになってきましたね。
もうすぐそこまで春が来ているんだなと感じます( ˆ ˆ )
この時期になると”アスパラ菜”という菜の花に似た野菜を両親が毎年送ってくれます。
冬の終わりから春頃にかけて旬の野菜だそうです。
見た目は菜の花に似ていますが、菜の花のような苦味はなく、ほんのりと甘みのあるアスパラのような味と食感の野菜です。
栄養価の高い旬の野菜を食べているおかげか、この数年は風邪やインフルエンザにもかからず元気に過ごせております!
暖かくなったと言ってもまだまだ朝晩は冷えますので、油断せず体調管理に気をつけてお過ごしください。

さて、話は変わりますが今とてもタイムリーなニュースとして、タレントの堀ちえみさんが舌癌のステージ4であることを発表されましたね。
舌の6割を切除後、舌の再建術を行い、リンパ節に転移した腫瘍も取り除くという大手術だったようです。
このニュースの発表後、当院にも『口内炎ができているので診てほしい』というお電話が何件かありました。
舌癌とは口腔癌(口の中に生じる癌)としては最も頻度が高く、舌の先端に出来ることは稀で、舌の側面にみられることが多いです。
初期の舌癌は口内炎に似ているため、正確に見極めることが難しい場合もあります。
口内炎のような硬いしこりが2週間近く経っても治らないようであれば、舌癌を疑って病院に相談してみてください。
当院では定期的なメンテナンスの際に、お口の中で気になることがないか患者さんにお伺いしています。
患者さん自身が気づいていない場合でも、しっかりとお口の中全体を確認し、異常があればドクターにチェックしてもらうようにしていますので、安心して当院にいらしてくださいね。

担当は歯科衛生士新保でした☺︎