緊張するとなぜ臭う?

緊張した時、お口の臭い気になりませんか?人前で話さなければならない時に限って、お口が臭う。相手に迷惑かけては申し訳ないと大きな声で話せないといった経験されたことがある方も多いと思います。

ではなぜ肝心な時にお口は臭ってしまうのでしょう?

まずは口臭の主な原因ですが、それは 汚れた唾液です。きれいな唾液がしっかりと出て流れていれば問題ありませんが、汚れて淀んでいるとそこから臭いが発生します。また唾液を循環させるのは舌の役目です。

人は緊張すると自然と口をかみしめてしまいます。そうするとお口の中のスペースが狭くなり舌が動けるスペースがなくなってしまします。その結果唾液は循環しなくなり淀みます。それに伴い唾液中や口腔内の悪玉菌の活動が活発になり唾液の汚染も進み口臭の原因となるのです。簡単な対処法としては唾液の元となる水を飲んで、かみしめをやめて唾液が淀まないよう舌を動かすだけでも改善が期待できます。

注)上記は原因の一つでありそれだけで改善するとは限りません。

もう少し詳しく知りたい方は

新型コロナ流行中の現在、口臭治療簡易コース(自費診療)で口臭の有無と対処法のご説明などを行っております。ご興味のある方はトリートメントコーディネーターまでお問い合わせください。

世田谷区 千歳烏山  浜岡歯科クリニック

歯科医師 阿部 が担当致しました。

嚥下障害

皆様こんにちは!これからクリスマスや忘年会、お正月と美味しい物が目白押しのシーズンが到来しますね!

食べ物や飲み物を「飲み込む」事を医学用語で「嚥下(えんげ)」と言います。この機能が低下すると食べる事が自由に出来なくなります。

それゆえ、嚥下は人が生きていく上で最も重要な機能の一つです。

病気とは関係なく、年をとると嚥下は確実に低下します。なぜなら老化によってのどの機能が弱くなるからです。嚥下が低下すると、食道に送られるべき食べ物や唾液が気管や肺に入りこんで「誤嚥性肺炎」を起こしたり異物が気管に詰まり「窒息」を起こす危険性があります。また、食事量が減れば栄養不足から脳の機能や思考力が低下する認知症の原因にもなります。

嚥下動作の核になるのは、「のどぼとけがタイミングよく上に動く事」です。のどぼとけを引き上げる筋肉は顎の下にあります。顎の先から少し奥を指で触って飲み込むとこの筋肉が硬くなるのが分かります。飲み込む力のチェックをしてみましょう。

①痰がのどによくたまる

②唾液が多いと感じる

③声の感じが変わってきた

④食事中や食後にむせるようになった

⑤せき払いが増えた

⑥就寝中にせきをするようになった

⑦飲み込む時に引っかかる感じがする

⑧のどが詰まった感じがする

⑨液体のほうが固形物より飲み込みにくい

⑩食べ物や飲み物が鼻に流れる

いくつ当てはまりましたか?

「0〜1」いまのところしっかりしている

「2〜4」少し弱くなっている

「5〜7」かなり弱くなっている

「8〜10」すでに嚥下障害になっている可能性がある

老化で嚥下障害が悪化するとそこから改善させる事は困難です。なぜなら、栄養不足によって体力や理解力が急に衰える為高度な訓練が不可能になるからです。老化による嚥下機能の低下は誰でも起こります。元気なうちから対処していきましょう。

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック 歯科衛生士 谷川が担当いたしました。

 

アクアバランス

皆さまこんにちは。

ようやく関東はもうそろそろ梅雨が明けそうで、夏らしく暑い日が増えてきましたね。蝉の鳴く声も少しずつ大きくなってきたきがします。

 

さて、今回は最近当医院で新しく販売されている「アクアバランス」という商品についてご紹介したいと思います。

皆様はドライマウスという症状をご存知でしょうか。文字通りお口の中が乾いてしまう症状のことです。ドライマウスになる原因は様々ありますが、いずれにせよ唾液が少なく口腔内が乾燥してしまうと口腔内の細菌が増え、虫歯や歯周病などが進行しやすくなってしまいます。

唾液を増やす方法としては唾液腺のマッサージやよく噛んで唾液の分泌を促すことが一般的ですが、それを補う製品で「湿潤剤」があります。アクアバランスはその湿潤剤の一種です。

アクアバランスの特徴としては保湿成分のポリグルタミン酸という納豆のネバネバ部分から抽出されたアミノ酸の一種が配合されており、天然の保湿因子を増加させ、唾液分泌を促進させる効果があるそうです。またスプレータイプで手軽に使用でき、ノンアルコールで低刺激、さっぱりしたレモン風味で使いやすいと、当医院のドクターもお勧めの商品です。

ドライマウスの軽度の症状はお口のネバつきだったり、軽い口臭であったりとあまり気づかれない方が多いようですが、重度の症状になると舌がひび割れ痛んだり、喋りづらくなったり強い口臭がしてきます。そうなる前に、もし軽度の症状があてはまる方は是非こちらのアクラバランスで手軽に唾液の分泌を促し、ドライマウス症状を緩和して行きましょう!

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

担当は歯科衛生士田村でした

セラミック治療で美しく健康に!

みなさん、こんにちは!

早いもので6月になりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

東京は、梅雨入りはまだのようですが、雨が降るとジメジメしますね。季節の変わり目ですので、体調を崩さないようくれぐれもご自愛ください!

さて、みなさんは「セラミック治療」というと、天然の歯に近い透明感や色調を再現できるため「歯を白く美しくできる審美的な治療」というイメージを持っている方が多いと思います。

実は、見た目の美しさももちろんですが、「歯を長持ちさせ、健康面にも良い」というメリットがあります。

①『セラミックは劣化・変色しないので、美しさを維持できる』

保険で前歯を治療した場合、表面がプラスチックのため、どうしても変色してしまいますが、セラミックは劣化・変色・着色などがないので、年月が経っても治療後の美しさを持続することができます。

②『虫歯が再発しにくい』

銀歯で治療をすると劣化により、歯と詰め物との間、被せ物との間に隙間ができてしまい、二次虫歯になりやすいですが、セラミックは劣化・変形がないので再度虫歯になるリスクを減らすことができます。

③『歯や歯肉の変色、金属アレルギーの心配がない』

銀歯の場合、歯や歯肉を黒く変色させたり、金属アレルギーの原因になることがあります。セラミックはそのような心配がなく安全です。

また、セラミックは唾液を吸収したり、傷がつかないため、汚れや歯垢が付着しにくく衛生的です。

 

セラミック治療は、見た目が良いだけではなく、体に優しく、歯を長持ちさせることにつながります。

「笑った時に奥歯の金属が見えて気になる」、「以前治療した前歯が黄ばんできた」・・・など、普段気になっていることがありましたら、お気軽にご相談ください!

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック トリートメントコーディネーター

山口が担当いたしました。

ドライマウスの対策と改善方法

こんにちは

最近少しづつ暖かくなってきました。

今回はよく患者さんからよく質問のあるドライマウスについて説明させて頂きます。

ドライマウスは口腔乾燥症とも言われます。唾液腺の機能異常により唾液が出づらくなりお口の中がカラカラに乾いてしまうというものです。

そもそも唾液が少なくりお口の中がカラカラになると問題はあるのでしょうか?

唾液には3つの効果があります。

1つ目はお口の中の潤いを保ち味覚を守る保湿効果

2つ目は歯垢を減らし菌の増殖を抑えるプラークコントロール効果

3つ目は口の中を中性に保つPHコントロール効果です。

唾液が少なくなるということはこれらの3つの大事な機能が衰える事を意味するためドライマウスは体にとって良い状態ではありません。

ドライマウス原因は大きく分けて4つあり、腎疾患、糖尿病、シェーグレン症候群などの全身疾患によるもの、服薬や癌など放射線治療などの治療によるもの、喫煙、脱水などの行動によるもの、加齢やストレスからくる生理的なによるものがあります。

治療方法は原因によって異なり、

全身疾患が原因となっているものは、原因となっている糖尿病等を治療していくしかありません。

服薬が原因の場合は、可能なら薬剤を変更もしくは少なくして頂くことです。ただ飲んで頂いてるお薬はお医者さんが考えて出して頂いてる為必ず変えられるものではありません。

タバコなどの行動が原因のものは、難しいかも知れませんが、減煙・禁煙をしてください。

また水はこまめに補給するようにしてください。

加齢が原因のものは、よくご自身の歯で噛み、運動し色々な食事をとってください。

またそれぞれの原因にあった方法と一緒に唾液腺のマッサージも行ってください。

唾液は耳下腺、顎下腺、舌下腺と言われる部位で出来ております。その部位をマッサージすることにより唾液の流れが良くなります

唾液腺マッサージの方法は、耳の下の顎の付け根あたりを4本の指で押さえて後ろから前にゆっくり10回程度回して耳下腺を刺激してください。

次は親指を使って耳の下から顎の内側に沿って少しづつ、前にずらしながら押して顎下腺、舌下腺を刺激してください此方も10回程度行ってください。

ご自身に合った方法と唾液腺マッサージを続けて大事な唾液が出るようにしましょう!

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱岡玄でした。