唾液にはさまざまな役割があります。

こんにちは!

寒くなってきましたがお変わりありませんか。

 

皆さんは唾液の役割を考えた事がありますか?

唾液にはさまざまな役割があります。

唾液はお口の中を潤すだけでなく、お口の中の細菌の増殖を抑えたり、虫歯、歯周病、口臭などさまざまなトラブルから私たちを守ってくれています。

唾液の分泌量は個人差があります。

健康状態や年齢、性別、服用薬などによっても違いますが、11リットル~1.5リットルと言われています。

また、唾液の質にも個人差があります。

細菌が作り出した酸によってエナメル質の成分が溶け出し、唾液に含まれるミネラルが修復し、元の状態に戻してくれます。

唾液の分泌量と唾液の質が虫歯にも影響していると言えます。

唾液量が減る原因として考えられるのは服用薬の副作用・ストレス・加齢・口呼吸などがあげられます。

口渇作用のない薬に替えて貰ったり、ストレスなど唾液が減る原因を取り除いてあげる事が必要になります。

よく噛んで食べることで唾液の分泌が促進されます。

キシリトールガムを噛むことでも唾液量が増えることが期待できます。

歯が抜けたままになっていたり、虫歯や歯周病により痛みや噛み合わせに不具合があると、咀嚼がうまくいかず噛む回数も減ってしまい、唾液の分泌が低減してしまいます。


唾液の分泌量を維持するためにも、お口の中の健康を維持することが大切です。

定期的に受診をし、お口の中からケアしていきましょう!

ご来院お待ちしております。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 小畑が担当致しました

歯石は口臭や歯周病など様々なお口トラブルの原因です!

皆さま、こんにちは。

秋の深まりを感じる毎日ですね。

 

さて、お口のケアのため定期クリーニングには通っていただけていますか?

指で歯をなぞるとネバネバしていることはありませんか?

それは細菌の塊である「歯垢」(プラーク)です。なんと歯垢は1gあたり、1,000億個以上の細菌が潜んでいると言われているのです。そして、口の中の歯垢が石灰化すると「歯石」となります。厄介なことに歯垢は、口に溜まってから「約24時間」という短時間で、歯石に作り変えられます。

日々の歯みがきで歯垢を落とすことが、歯石を作らないうえで重要です。しかし、歯石ができやすい人とできにくい人がいます。そのキーワードとなるのが「唾液」です。

 

むし歯菌は、歯についた食べカスの糖分を分解し、酸を作ります。酸は酸性ですから、歯が溶けたり、むし歯ができたりします。その際、アルカリ性の成分を持つ唾液が、酸を中和し、再石灰化を促すことで、歯を修復してくれるのです。つまり、唾液がアルカリ性に寄っている人はむし歯になりにくいと言えます。その一方で歯石は、唾液中のカルシウムやリン酸などのミネラル成分によって形成されます。結果として、唾液がアルカリ性に寄っている人のほうが、再石灰化を促進する効果が強いため、むし歯にはなりづらくても歯石ができやすい傾向にあるのです。

 

どんなに頑張って歯を磨いている人のお口にも存在する歯石。歯石は一度形成されるとセルフケアではほとんど除去することができません。しかも、口臭や歯周病など様々なお口トラブルの原因となっています。

歯石はご自身では取らず、歯科医院での専門的な除去をおすすめします。 

一般的な歯石取りの頻度は、3ヵ月~6ヵ月に1度です。頻度に幅があるのは、人によって歯石の付きやすさや歯周病の進行度合いなどが異なるためです。なかには1ヵ月に1度、歯石取りが必要な方もいます。

目安は3ヵ月~6ヵ月ごとですが、口腔内の状態に合ったタイミングで歯石を取る定期クリーニングをおすすめします。

 

具体的な頻度は、当院の歯科医または歯科衛生士に相談してください‼︎

お待ちしております。 

 

 

担当は 世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック 

歯科衛生士  辻尾でした✴︎

ハロウィン

こんにちは☺︎

今日は朝から日差しがたっぷりで、とても気持ちのいい天気ですね!

日中はお天気で暖かさを感じても、朝晩はひときわ冷え込みを感じるようになりました。

寒暖差が大きいと体温調整をする自律神経の機能が乱れ、これが体調不良の原因になるそうです。

栄養と睡眠をしっかり取り、体調を崩さないようご自愛ください。

 

さて、話は変わりますが、もうそろそろハロウィンですね!

みなさんは仮装したり、お食事に行ったり、もう予定は決まっていますか?

ここ数年はコロナの影響もあり、ハロウィンの仮装をする人たちが集まる渋谷でも自粛を呼びかけているようです。

ハロウィンと言えば、子供たちが
「Trick or Treat!」
「お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ」
と叫んで家々を周り、お菓子をもらうイベントです。

甘い物を食べると虫歯になると昔からよく言われていたかと思いますが、甘いものや、ご飯の後はお口の中のpHが中性から酸性に傾きます。

酸性に傾いたお口の中を中性に回復させる機能を「唾液の緩衝能」といいますが、元のpHに回復するまで約1時間かかります。

お口の中のpHが酸性に傾いている時間が長ければ長いほど虫歯になりやすくなります。

飴玉をずっとなめていたり、チョコレートをダラダラ食べていたりするのが1番虫歯のリスクを上げてしまうのです。

お子さん達はハロウィンのイベントでお菓子をいっぱいもらってくるかもしれませんが、お菓子をダラダラと食べるのではなく、おやつの時間を決めて、おいしく楽しくお菓子を食べてくださいね。

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 新保が担当しました。

寝る前の歯みがき

こんにちは、この頃、夏日と言われる日が多くなってきました。朝と昼の寒暖差が大きく体調管理も大変ですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回は、寝る前の歯みがきについて書きたいと思います。

もちろん「寝る前に歯みがきするのは当たり前だ」と言うお子さんが、ほとんどだと思います。

でも、大人にはいろいろな事情がありまして、寝る前の歯みがきをサボってしまうことがあります。

大人は、お仕事したり、家族みんなの為に家事をしたりと大忙し。つい疲れて夕食後すぐに寝てしまったとか、夕食の時に少しお酒を飲んでくつろぐつもりが、ついつい深酒で寝落ちなど・・・・

歯みがきをしないで寝てしまう大失敗をよくするものなのです。ですが、これがお口の中で大変なことを起こしてしまいます。

寝ている時は唾液の分泌量が減ります。口を開けて寝ている人は、乾燥してなおさらです。唾液はお口の中の細菌を洗い流し細菌量を減らします。

夜の歯みがきをしなければ、食べかすやプラーク(細菌の塊り)がお口の中にいっぱい!唾液も減って細菌もいっぱいです!!

日中の起きている時より、細菌が原因で起こる虫歯や歯周病、口臭のリスクがより高まります。朝起きた時の口臭など、経験したことはありませんか?

もちろん毎食後の歯みがきは大切ですが、寝る前の歯みがきはより大切で、しっかりするべきなのです。

私も夜はハブラシ、プラウト、歯間ブラシ、たまにフロス(糸ようじ)をします。歯みがきだけはして、寝落ちしましょう。お風呂は朝に入るのもありです。

これから梅雨入りが迫っています。

ジメジメな嫌な季節になりますので、みなさんご自愛ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

開作が担当しました。

妊娠中の歯科治療

当院では産前・産後検診を承っておりますが、特に産前検診で虫歯が見つかった場合治療できるのか心配される方が多くいらっしゃいます。またおなかの赤ちゃんのことが心配で痛いのを我慢している方がいらっしゃいますがその必要はありません。

妊娠中の口腔内の特徴としては次のことが挙げられます。

1.妊娠中は女性ホルモンが増えるためこのホルモンを栄養源とする歯周病菌が増殖し歯肉炎や歯周病にかかりやすくなったり、悪化しやすくなります。

2.つわりにより歯磨きが気持ち悪くおろそかになりがちで虫歯や歯周病になりやすくなります。また口腔内は食事をすると酸性環境になり歯は溶けやすくなったり、悪玉菌の活動が活発になりますがその後だ液により中和され修復されます。妊娠中は気持ち悪く食事を小分けにして回数が増えると唾液による中和作用が働く時間がなく常に酸性の環境が持続し口腔内環境が悪化しやすくなります。その結果口臭の悪化にもつながります。

対策としては

メンテナンスは体調が良ければ定期的に受けたほうがよいでしょう。虫歯がないと歯科医院に行ってはダメと思われている方もいらっしゃいますがそのようなことはありません。歯茎が腫れて気になる、出血する、歯ブラシが気持ち悪いなどございましたらメンテナンスのご予約をお取りください。(初診の場合は歯科医師が最初に検査と状態の説明を行います。)

虫歯の治療は妊娠6か月過ぎの安定期がよいでしょう。初期は体調が不安定ですし出産間近になると、ユニットであおむけになった際大きなおなかが母体の動脈を圧迫してしまうため治療が難しくなります。安定期であれば麻酔もまず問題ないとされています。ごく小さい虫歯であれば麻酔なしで行いますが。無理に我慢する必要はありません。

X線も防護エプロンを使用するのと、口腔内を撮影するためX線自身はおなかの方には向かないため問題ありませんが、当院では念のため使用は控えています。歯と歯の間の虫歯などはX線を使用しないと分からない場合があるので、出産後の検査をおすすめしています。

妊娠中の方はご自身と赤ちゃんのためにぜひ産前・産後検診をお受けください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 阿部が担当しました。