そろそろ春ですね

こんにちは☺︎!

最近は暖かい日も増え、春が近くまで来ていることを感じるようになってきました。

そろそろ桜の開花が楽しみな時期ではありますが、
昨年同様、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、従来のようなお花見はできなそうなのでとても残念です(´ `)

東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏でも、緊急事態宣言の解除が本日発表されましたが、
自粛生活はまだまだ終わりが見えませんね。

1日も早く以前のような生活に戻れるよう、一人ひとりが正しく感染予防対策を心がけていきましょう。

さて、私ごとですが、先日お休みをいただき実家の新潟に帰省をしていました。

その時に買い物で出かけたスーパーのレジ横に、このようなPOPが掲示されていました。

新潟県では、平成20年(2008年)に全国に先駆けて「新潟県歯科保健推進条例」が制定され、現在では44の道府県で制定されています。

いつまでもよい歯で、おいしく、楽しく、食べられることを目指し、その実現のために関係者が協力しあおうというもので、
その一環として新潟県と株式会社ロッテが連携し、県民の健康増進を目的として活動しているそうです。

新潟県内にPOPを掲出したり、小売店との共同取り組みとして、
スーパーのイートインスペースを利用した「噛むこと」の大切さに関する健康セミナーを開催するなど、幅広い世代に情報発信をする取り組みを行なっているようです。

新潟県は35年以上にわたり口腔の健康づくりに取り組み、子供の虫歯数が全国一少ないなどの成果をあげています。

県内の小学校ではフッ素洗口を実施したり、歯磨き指導や食事指導も行い、積極的に歯科保健活動を進めています。

新潟県の小学校でのフッ素洗口実施率は89%、全国平均は19%だそうです。

全国的に虫歯のある子供を減らすため、各地でフッ素洗口や歯科教育などの歯科保健活動がもっと普及していくといいですね。

お口の健康は、心と体の健康を維持するためにも、豊かな毎日を送るためにも大切なものです。

毎日の歯磨きに加えて、3ヶ月〜半年に1回は歯科医院での定期的なクリーニングを受けて、口腔内をチェックすることをオススメします。

世田谷区     千歳烏山
浜岡歯科クリニック     歯科衛生士
新保が担当しました。

根管治療

皆様お久しぶりです。
コロナウイルスが猛威をふるっておりますが、自分や周りの人の為に自身でできる限りの感染予防対策を互いにいたしましょう。

今回は「根管治療」についてお話したいと思います。

歯医者さんに来て、むし歯になってしまたった歯や歯茎の腫れの治療として「歯の神経をとりましょう」という言葉を聞いたことがあると思います。しかし実際には「とっておしまい」というわけではなく、むしろとってからの処置が重要なのです。
根管治療では時間や治療回数がかかる場合があり、何回やったらおしまいですと予測がつけ辛い治療です。そこで「歯の神経をとる」ことの意味と処置についてお伝えしたいと思います。

むし歯が進行してしまうと…
歯の中には根管と呼ばれる管があり、その中に歯髄とよばれる部分が入っています。この歯髄がいわゆる「神経」です。むし歯が進行し大きくなってしまい細菌に神経が侵されると、とても強く痛むようになります。この状態を我慢してしまうと歯はボロボロになったり、感染が根の先や周りの顎にまで広がり歯を支える顎の骨が溶けてしまう程広がってしまうこともあります。
そうなる前に、感染拡大を防ぎ、歯を守るために行うのが「神経をとる」といわれる治療です。

実際は根管治療をするといっても、簡単に歯髄部分が簡単に綺麗になるわけではありません。細菌に感染した神経が根管内に少しでも残っていれば、また感染が広がり痛みを生じることもあります。
また歯髄部分を取り除いてもそこにしっかりと薬を詰めなければ、再感染してしまう事もあります。薬を詰めるには根管の形や太さを整える必要があります。これらの一連の処置を「根管治療」と呼びます。

根管治療はとても複雑な治療です。
根管の形等は、歯の位置による差や個人差があり、根管の直系が0.1mm以下のものもあれば、曲がっていたり枝分かれしていたりと複雑です。海外では「根管治療」ではなく「抜歯」を選択することも珍しくないという話もあるようです。
根の治療では時間のかかる場合もありますが、歯を守るための大切な処置ですので、ぜひ最後まで通院し処置を完了していただけますようよろしくお願いいたします。

歯科医師濱田が担当いたしました