そろそろ春ですね

こんにちは☺︎!

最近は暖かい日も増え、春が近くまで来ていることを感じるようになってきました。

そろそろ桜の開花が楽しみな時期ではありますが、
昨年同様、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、従来のようなお花見はできなそうなのでとても残念です(´ `)

東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏でも、緊急事態宣言の解除が本日発表されましたが、
自粛生活はまだまだ終わりが見えませんね。

1日も早く以前のような生活に戻れるよう、一人ひとりが正しく感染予防対策を心がけていきましょう。

さて、私ごとですが、先日お休みをいただき実家の新潟に帰省をしていました。

その時に買い物で出かけたスーパーのレジ横に、このようなPOPが掲示されていました。

新潟県では、平成20年(2008年)に全国に先駆けて「新潟県歯科保健推進条例」が制定され、現在では44の道府県で制定されています。

いつまでもよい歯で、おいしく、楽しく、食べられることを目指し、その実現のために関係者が協力しあおうというもので、
その一環として新潟県と株式会社ロッテが連携し、県民の健康増進を目的として活動しているそうです。

新潟県内にPOPを掲出したり、小売店との共同取り組みとして、
スーパーのイートインスペースを利用した「噛むこと」の大切さに関する健康セミナーを開催するなど、幅広い世代に情報発信をする取り組みを行なっているようです。

新潟県は35年以上にわたり口腔の健康づくりに取り組み、子供の虫歯数が全国一少ないなどの成果をあげています。

県内の小学校ではフッ素洗口を実施したり、歯磨き指導や食事指導も行い、積極的に歯科保健活動を進めています。

新潟県の小学校でのフッ素洗口実施率は89%、全国平均は19%だそうです。

全国的に虫歯のある子供を減らすため、各地でフッ素洗口や歯科教育などの歯科保健活動がもっと普及していくといいですね。

お口の健康は、心と体の健康を維持するためにも、豊かな毎日を送るためにも大切なものです。

毎日の歯磨きに加えて、3ヶ月〜半年に1回は歯科医院での定期的なクリーニングを受けて、口腔内をチェックすることをオススメします。

世田谷区     千歳烏山
浜岡歯科クリニック     歯科衛生士
新保が担当しました。

「洗口液」と「液体歯磨き」

こんにちは。

梅雨に入り、晴れた日は暑く、雨の日は肌寒いですね。

この寒暖差に体調を崩されていませんか?どうかご自愛ください。

 

みなさまは「洗口液」と「液体歯磨き」の違いをご存じですか?どちらも、むし歯や歯肉炎・歯周病の予防、口臭予防の効果があり、見た目も似ています。ですが、使い方は違うので注意が必要です。

 

「洗口液」

ゆすぐだけで効果が得られます。歯磨き後の仕上げとして使われることが多いですが、口臭が気になるときや、長時間歯を磨くことができないときなども気軽に使うことができます。しかし、歯や歯ぐきに付着したプラークは細菌の塊でベタベタしています。ゆすぐだけでは落とすことはできないので、歯磨きはしっかり行いましょう。

 洗口液の正しい使い方

1. 歯磨き後や口の中が気になるときなどに適量を口に含む

2. 20~30秒ほどブクブクする

3. 吐き出す(基本的に水でゆすぐ必要はありません)

 

「液体歯磨き」

名前の通り、歯磨き粉を液体にしたものなので、歯磨きが不可欠です。ペーストタイプと比べ、液体なので口腔内のすみずみまで薬用成分が行きわたりやすく、効果が得やすいです。研磨剤が含まれていないので、歯を傷つけにくいですが、着色汚れが付きやすいので、ペーストタイプとの併用もおすすめです。

 液体歯磨きの正しい使い方

1. 歯磨きの前に適量を口に含む

2. 20~30秒ほどブクブクする

3. 口に含んだまま、または吐き出し、歯磨きをする

4. 歯磨きが終わったら水で口をゆすぐ

(ゆすぎすぎると薬用成分まで流れてしまうため、軽めにゆすぎましょう)

 

どちらも、いつもの歯磨きにプラスすることでむし歯や歯周病の予防に効果的です。また、就寝中は唾液の分泌が減り細菌が増殖しやすいので、就寝前の使用がおすすめです。翌朝の口臭やネバつきも軽減されます。ぜひ活用してみてください。

気になることや分からないことなどありましたら、気軽にご相談ください。

 

歯科衛生士 遠藤

秋分の日

こんにちは☺︎
明日は秋分の日ですね。
『暑さ寒さも彼岸まで』と言いますが、最近は暑さも和らぎ秋らしさを感じるようになってきました。
気温の変化で体調を崩さぬよう、羽織りものなどで調節するようにしてくださいね。
そして、台風も接近してきているようです。
西日本の方々や、先日被災された千葉県の方々は特に注意が必要なようですのでくれぐれもお気をつけください。

さて、話は変わりますが、この連休を利用し新潟に帰省しております( ˆ ˆ )
自宅から近いところにぶどう農園があり、そこにぶどうを買いに行ってきました!
皆さんご存知の通り、ぶどうの皮にはポリフェノールが多く含まれています。
このポリフェノールには、様々な健康効果があり、ポリフェノールが多く含まれる食物を食べると、抗老化・ガン予防・抗動脈硬化・高血圧予防などが期待できます。
他にも、ぶどうには渋味成分であるカテキンも多く含まれ、その中のアントシアニンは眼精疲労を回復させてくれる効果もあります。
脳の活性化を促したり、頭脳労働には欠かせない成分のブドウ糖も豊富です。
ぶどうは栄養成分がたっぷり含まれていて、健康効果も期待できるスーパーフードなのです!
皮の部分に栄養素がたっぷり含まれていますので、美味しい旬のぶどうをぜひ皮ごと食べてみてくださいね☺︎

担当は歯科衛生士新保でした。

〇〇の秋

こんにちは。

最近は西日本豪雨に大型台風、北海道地震など自然災害が多く報道されており、被害に遭われた方々のことを思うと、とても胸が痛みます。

それと同時に災害に対する備えの大切さを改めて強く感じます。

特に地震に関しては、そう遠くない将来、都市部でも大規模地震が想定されていますので、災害の備えとして食料や飲料の備蓄、避難用持ち出しバッグの準備、災害時の家族との安否確認の方法などをチェックしてみてくださいね。

 

さて、話は変わりますが私は先日夏休みをいただき、地元に帰省してきました!

私は新潟県出身なのですが、米処として有名なのは皆さんもご存知かと思います。

今年の夏は特に暑さが厳しく、雨の日も少なかったため生育が心配されましたが、稲穂にはお米がたくさん実っていました🌾✨

今まさに稲刈りシーズン真っ只中で、私の実家の周りでもたくさんの農家の方が稲刈りをされていらっしゃいました!

読書の秋、芸術の秋と色々思い浮かびますが、やはり私は食欲の秋が一番に思い浮かびます🤤

新米を食べるのがとても楽しみです( ˆ ˆ )

美味しい旬の食べ物が多いこの時期ですが、近頃ユニホームが少しキツく感じるので食べ過ぎには気をつけたいと思います(~~)

スポーツの秋でもあるので、少し体を動かしてダイエットに励みたいです!

 

朝晩は涼しく感じるようになってきましたので、皆さん体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

担当は歯科衛生士新保でした( ˆ ˆ )