節分と立春

こんにちは、インフルエンザが猛威をふるっていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?歯周病菌がインフルエンザ感染を助長すると言われています。予防接種を受けたからと安心してはいけません。お口の中も清潔に保って予防しましょう。

話しは変わって、本日は節分です。テレビでは寺社仏閣でお相撲さんやゆるキャラ、有名人が豆まきをしている映像が多く流れています。私の住んでいる府中の大國魂神社でも稀勢の里関(まだ横綱?)が来ると府中駅に掲示してありました。そういえば節分イコール豆まきが私の小さい頃の定番だったのですがいつのまにか恵方巻が登場していました。恵方(今年は東北東だそうです)に向かって無言で願い事をしながら1本丸かじりし食べきるのですよね?デパートやスーパーの恵方巻は中身もたくさん入っていて豪華でものすごい太いものが多く、あれを1本食べきるのは至難の業だと思います。食品業界の罠にはまっているのでは?と思ってしまうのは私だけでしょうか。バレンタインデーのチョコレートもそんなかんじだったでしょうか?

明日から立春、すでに春を感じるようなあたたかい陽気がもうここ数日続いていますスギ花粉がもう飛でいるのか少し目のかゆみがあります。今年の飛散量は平年の1.5~3.0倍、昨年の2.7倍と予測されています。ここ数年治ってきたかなと勘違いするような軽い症状だった私の花粉症も復活するやもしれません。憂鬱です。

では、インフルエンザ、花粉症対策しっかりしましょう!

受付助手の開作でした。

亥年

明けましておめでとうございます。

今年も浜岡歯科クリニックをよろしくお願いいたします。

今年は亥年ですね!
十二支の順番がどう決まったか皆さんご存知ですか?
昔から語り継がれている民話があります。

昔々、ある暮れのこと。神様が動物たちに御触れを出しました。

「元日の朝、私のところへ出掛けてきなさい。最初に到着したものから12番目のものまでを、1年交代でその年の大将にしてあげよう」
動物たちは、我こそが1番になるぞとはりきっておりました。

ところが、ネコは話を聞き漏らしてしまい、ネズミにたずねます。するとネズミはわざと1日遅れの日付を教えてやり、ネコはそれを真に受けて帰っていきました。

元日となり、足の遅いウシが誰よりも早く夜明け前に出発しました。すると、牛小屋の天井でこれを見ていたネズミが、こっそりウシの背中に飛び乗りました。そんなこととは知らないウシが神様の家に行ってみると、まだ誰も来ておらず門も閉まったまま。我こそが1番だとウシは喜び、門が開くのを待っていました。

やがて朝がきて門が開いたとたん、ウシの背中からネズミが飛び降り、ネズミが1番となってしまいました。残念ながらウシは2番となり、それからトラ、ウサギ、タツ、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ、イノシシの順で到着しました。1日遅れで出掛けたネコは番外となり、それ以来ネズミを恨んで追いまわすようになったそうです。

最後に到着した猪ですが、実は順番としては最初に到着していたはずでした。
しかし、まっすぐにしか走れなかったことから、神様のところを通り過ぎてしまい、結果的に12番目となってしまったそうです。

また猪の肉には万病さえも防ぐ、予防する力があるとされており、亥年には『無病息災』の意味もあるそうです。

今年は体調管理を徹底し、元気一杯の1年にしたいと思います!

まだまだ寒い日が続きますので皆さんも体調崩さないようにお気を付けくださいね。

歯科衛生士の宍戸でした!
今年もよろしくお願いいたします。

宮城県旅行

皆さまこんにちは。最近は関東も気温が低い日が多く、冬がだんだん近づいているのを感じます。風邪などひかれてないでしょうか。

さて、先日私は有給を頂き、旅行に宮城県に行ってまいりました。

私のこの旅の目的はほぼ「食」です。

まず初日に新幹線で仙台へ向かい、名物の牛タンを食べました。駅中の飲食店で、特に専門店で食べる訳ではなかったのですが、厚切りで柔らかくて美味しかったです。ブログに載せる用の写真を撮ろうと思っていたのに撮るのをすっかり忘れてしまいました…。残念。

そして仙台から日本三景の1つの松島へ移動しました。松島は海に面しており、天気が良いのも相まって綺麗な景色でした。遊覧船にのり、観光するのも楽しかったです。

そして宮城県で海といえば牡蠣です。松島は牡蠣の名産地のようで至る所に焼き牡蠣や生牡蠣など様々売られていて、牡蠣が大好きな私としてはとても心惹かれました。ですが、行った時間が遅かったのかお店はほぼ閉店していて残念ながらこの日は食べられずでした。次の日に改めて行き、本命の生牡蠣を食べました。旬のものを産地で食べられ大満足でした。とても美味しかったです。

そして2日目は旅の食以外の唯一の目的、石巻の石ノ森萬画館へ行きました。ここは仮面ライダーやサイボーグ009などの作者石ノ森章太郎の博物館になります。サイボーグ009にハマっていた私はすごくテンションが上がる展示物の数々でした。

松島の時もそうでしたが、石ノ森萬画館も綺麗だったので忘れてしまっていましたが、三陸沖地震の津波の被害が大きかった場所でした。当時の写真が掲示されているところもあり、よくぞここまで再建できたなと感心するしかありませんでした。そして、少しでも復興支援になればと思い、観光地でお買い物させてもらいました。

宮城県はちょうど紅葉が始まって来た時期だったので木々も色づき、どこに行っても綺麗でした。また別の季節にも行きたいと思います。今度は夏ぐらいに行き、旬の岩牡蠣とか食べたいですね。

今週の担当は歯科衛生士田村でした。

唾液

今年は暖冬と予報されています。そうは言っても少しずつ寒さが増してきましたね。風邪に罹り易い季節になりますが、皆様はお元気でお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?。

風邪予防には睡眠・栄養が挙げられますが、唾液も重要です。まず唾液には8つも働きがあります。

①粘膜保護・潤滑作用:唾液がなかったら口がカラカラで痛くてしゃべることができません。②洗浄作用:お口の中を洗い流しきれいにします。③殺菌・抗菌作用:細菌が体の中に入ってくるのを防いでいます。もしも唾液がなかったら、あっという間に細菌の感染を受け、命にもかかわります。④粘膜修復作用:お口の中の傷は治り易いです。⑤自浄作用:唾液中の酵素アミラーゼがデンプンを分解し、食べ物の消化を助けます。⑥溶解・凝集作用:唾液がないとパサパサして食べ物を、飲み込むことが困難になります。⑦緩衝作用:飲食により酸性に傾いた口内のpHを中和させ虫歯を防ぎます。⑧再石灰化作用:飲食により溶けかかった歯の表面を修復し、虫歯を防ぎます。

このように唾液は生命維持に欠かせないものです。しかし服用薬の副作用や糖尿病、シェーグレン症候群があると唾液の分泌が悪くなってしまいます。

また病気ではなく、ストレスや緊張、噛みしめが原因になると舌の動きが悪くなるために、唾液の流れが悪くなります。

唾液は量が出ること、そして流れがあることも重要です。川も流れていないと臭いを発するようになるように、唾液の流れがないと口臭の原因にもなります。

薬や病気が原因の場合、医科のアプローチが必要になりますが、唾液の流れを良くするためには、水分補給や舌の動きを良くする、食事をよく噛む、唾液腺マッサージが効果的です。

噛んだガムを口の中でコロコロ転がして、舌を動かすことで唾液の分泌が促されます。目線は下を向かず、地面に平行にする事で、唾液の流れが良くなります。また舌の動きを悪くする噛みしめは、舌の先で上顎に触れ、ラを発音する位置にしておくことで防ぐことが出来ます。

舌が止まった状態にしないことが唾液が流れるためには重要です。

大切な唾液に問題を感じられましたら、口の渇きが気になることがありましたら、どうぞ一度ご相談ください。

担当は歯科医 小嶋智子でした。