仕上げ磨き

こんちには。

梅雨入りが発表されましたね。
ジメジメの毎日ですが、まだまだマスクも手放せませんね。
熱中症にはくれぐれもお気を付け下さいね!

 

皆さんは子供の歯(乳歯)が何本あるかご存知ですか?

 

乳歯とよばれる子供の歯は全部で

20本あります。

個人差はありますが乳歯列が完成するのが3歳前後です。

そこから6歳前後(小学校入学頃)に前歯からグラグラし始め大人の歯とよばれる永久歯が生えてきます。

この時期に覚えておいて欲しい事は6歳永久歯とよばれる大人の歯が乳歯列の一番奥に抜けずに生えてくるという事です。

前歯はよく見える所ですので、本人はもちろんの事、ご家族や周りの方々にも大人の歯が生えてきたと実感出来ますが、奥歯は覗き込まないとなかなか見えてきません。

気を付けて見ていないと生えてきた事すら気が付かない事もあります…

生え始めの歯は虫歯になりやすいので仕上げ磨きをする際は気を付けてあげて下さいね。

とくに6歳永久歯はとても溝が深く複雑な形をしています。

その為、硬い物でもとてもよく噛む事が出来ますが虫歯にもなりやすいのです。

奥歯まで歯ブラシが当たっているか確認しながら仕上げ磨きをしてあげて下さい。

そしてどんどん乳歯がグラグラし、永久歯が生えてきます。

グラグラしている歯やその近くの歯を磨くのは痛みを伴ったり出血しやすいです。

ですが、磨かないと汚れも溜まりやすく、歯肉も炎症を起こしてしまう事もあります。

やわらかい歯ブラシを選んで優しく歯ブラシを動かしてみて下さいね。

プラーク(歯垢)は力を入れなくても歯ブラシがきちんと当たっていれば取れますので力は入れなくて大丈夫ですよ。

 

永久歯が生えてくる1〜2年前からキシリトールを摂ると永久歯のリスクは93%減少する事もわかっていますので、キシリトールもお薦めです。

キシリトールの摂取の仕方や仕上げ磨きのやり方などご質問がありましたら是非、お声掛け下さいね。

ご来院、お待ちしています。

歯科衛生士 小畑

 

歯ブラシの交換時期

皆さん、こんにちは!

最近、気温差があり、なかなか安定しない天気が続いていますね。気温差があると、身体はその気温差に耐えようと、いつもより多くのエネルギーを使うので、いつも以上に体力を消耗するみたいです。お体に気をつけて、風邪などひかないようにお過ごしください。

 

さて、皆さんは歯ブラシをどのくらいの頻度で交換していますか?

使い方などによって個人差はあるかと思いますが、交換する目安として正しいのは1ヶ月程度と言われています。

歯ブラシは毛先が広がってから交換するという方もいらっしゃるかと思います。毛先が広がってから交換というのもタイミングのひとつではありますが、歯ブラシを交換する理由は毛先の広がり以外にもいくつかあります。

・歯ブラシの毛数が抜けて減ってきたり毛先が折れてしまうことで、汚れが落としにくくなる

・毎日の歯磨きで、たくさんの汚れや菌が付着している

・歯ブラシ特有の毛先の弾力がなくなり、歯茎を傷つけやすくなる

これらの理由から、使い方などに個人差があるとしても、1ヶ月程度で交換することがおすすめです。

また、歯を磨いた後の歯ブラシには菌や汚れがたくさん付着しているのでしっかり洗い流していくことが重要です。

軽く洗い流して終わりという方もいらっしゃるかと思いますが、それだけでは菌や汚れ、歯磨き粉などは落とせていないのです。水で洗い流した後、指を使ってヘッドの毛先の部分をしっかり洗い流しましょう。

洗い終わった後、毛先の部分に水分が残っていることによって、カビや雑菌が繁殖してしまう原因となるので、必ず水気を取り、風通しのよい場所でヘッドを上にして保管してください!

歯ブラシの交換するタイミングがいまいち分からず、いつから使っているか把握しきれていない方もいらっしゃるかと思います。そういった場合は、月初に交換というルーティンなどを作り、意識的に交換していくことをおすすめします。

 

歯科助手 中里

 

歯ブラシ

こんにちは

この頃は新型肺炎がニュースで色々と取り上げられており、マスクが手放せない季節となってしまいました。

今回は簡単に歯ブラシの選び方について説明させて頂きます。

間違った形のものを使用すると汚れが落とせないだけでなく、歯茎を傷つけてしまったり、歯を削ってしまう可能性があります。

歯ブラシにはヘッドの大きさ、毛の硬さ、毛の形、毛の性質、柄の太さ、形など様々なものがあります。

①歯ブラシのヘッド(毛の生えてる部分)

基本的にヘッドの大きさは2cm程度の物が一般的に使用して頂きたいものになります。

ヘッドの大きさは、大きいものほど清掃効率がよいですが、細かいところに届きづらくなります。

ヘッドの小さいものは清掃効率は良くないですが、細かいところに届きやすくなっています。

歯ブラシをする時間が短い方は、ヘッドの大きい物を選んで頂き、時間をかけて磨くが細かい場所に汚れが残ってしまう方には少し小さめの物を選んでいただくのがよいでしょう。

②毛の硬さ、性質

基本的に7mmに切りそろえた際の単位面積あたりの座屈強度を測定したものであるため、毛の長さや毛の形態により、表記と感覚が異なる物があります。

毛が短く毛が硬いものは清掃効率が高いですが、歯茎、歯を傷つけてしまうリスクがあり、細かいところでまで毛先が届きません。

毛が長く柔らかいものは、細かいところに毛先が入り込み、歯や歯茎を傷付ける心配が少ないですが、清掃効率が悪くなってしまいます。

③柄の形、太さ

柄の形はストレートのものが多く使われております。特殊な場合を除いてストレートのもので問題は無いと思います。

柄の細いものは、力が毛先に伝わりづらく、歯ブラシの力が強いかたに使用をお勧めしております。

柄の太いものは毛先に力が伝わりやすく、手に力を入れづらい方にお勧めしております。

歯ブラシは選びは色々な要素が絡み合い、使う方にあった歯ブラシを選ぶことが重要になってきます。簡単に「この時はこれ!」と選ぶのは難しいことが多いです。

患者さまにあったブラシを、一人一人に合わせて説明させていただくのが一番であると思います。

是非ご相談ください、歯科医師濱岡玄でした。