「むし歯を治療したらもう安心」ではない!?

こんにちは!

早いもので今年もあとわずかとなりました。毎日寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

今日はクリスマスですね!ご家族やご友人と楽しく過ごされている方も多いかと思います。

コロナウィルスやインフルエンザも流行してきているようです。感染予防対策を忘れずに、くれぐれも体調に気を付けてお過ごしくださいね!

 

さて、みなさんは「むし歯を削って詰め物をしたら歯が強くなった!」と安心してはいませんか?

歯の表面を覆うエナメル質は体の中でも最も硬い組織です。

これに勝る素材はそうそうなく、削って詰め物をした後の歯はむしろ弱くなっていますので、今までと同じケアを続けていては、むし歯が再発するリスクが高いのです。

また、大人の方は子供時代とはまた違う「大人むし歯」になる心配もありますのでご注意ください!

注意が必要な「大人むし歯」の例として、

①歯の磨きすぎや加齢で歯ぐきが下がってしまい、露出した歯の根元がむし歯になってしまう

②詰め物やかぶせ物と歯のすき間から、ばい菌が入り込み、むし歯が再発してしまう・・・

などのケースが挙げられます。

 

歯科治療が終わった後は、今までよりも確実に歯の汚れを落とすケアが重要となります。

浜岡歯科クリニックでは、治療後の口腔内の状態を保っていただくため、定期的なメンテナンスのご案内や、最適なケア用品のアドバイスも行っております。

どのように磨いたらよいか、どんな歯ブラシを選んだらいいかわからない・・・などご質問がありましたら、担当の先生や歯科衛生士さんに遠慮なくご相談ください!

 

さて、浜岡歯科クリニック スタッフブログの年内更新は今回で最後となります。次回の更新は、新年1月15日を予定しておりますので、ぜひご覧ください!

 

また、クリニックの年内の診療は、12月29日(木)18:00まで。

12月30日(金)から1月5日(木)まで休診。

年始は1月6日(金)より通常診療となっております。

 

 

本年も多くの患者様にご来院いただき、感謝申し上げます。来年もスタッフ一同患者様に安心して通院していただけるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2023年も、皆様にとって素晴らしい年でありますように心よりお祈り申し上げます。

よいお年をお迎えください!

 

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック トリートメントコーディネーター 山口

 

 

 

フッ素入り歯磨き剤の効果的な使い方

こんにちは。歯科衛生士の佐藤です。寒くなってて来ましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?
前回はフッ素いり歯磨き剤のペーストやジェルについてお話ししましたが、本日は【フッ素の効果を最大限に引き出すフッ素配合歯磨剤の使い方】をお話しします。

虫歯から歯を守るフッ素

 

スウェーデンでは1970年代より高濃度歯磨き剤が推奨されてきました。フッ素入り歯磨き剤を使った毎日の歯磨きは虫歯と歯周病の両方を予防できる最もシンプルで効果的な方法です。
WHO(世界保健機構)によると1000ppm以上のフッ素配合歯磨き剤では500ppm濃度が高くなるごとに虫歯の予防効果が6%高くなると言われています。

安全で効果が高い濃度として1450ppm の歯磨剤は世界的にも推奨されています。さらにフッ素配合歯磨剤はフッ素濃度と共に使用頻度、使用量、歯磨き時間やうがい方法などでその効果が大きく変わります。

 

フッ素の効果を最大限に引き出すフッ素配合歯磨剤の使い方

今回は歯科予防先進国イェテボリ大学で開発された虫歯予防に効果的な磨き方【2+2+2+2テクニックTM】をご紹介いたします。

虫歯予防に効果的な磨き方【2+2+2+2テクニックTM】

1 2回 1日2回歯磨きをする。1450ppmのフッ素入り歯磨剤がお勧め
2 2cm 歯ブラシ全体に歯磨剤を2センチ乗せる。歯面全体に歯磨剤をひろげる。
3 2分 2分間磨く。わずかな水だけですすぐ。(約10m lの水を口に含み歯磨き剤は吐き出さずに歯と歯の間を通過させるようにグシュグシュと30秒間うがいするとさらに効果的)
4 2時間 歯磨き後2時間は飲食を避ける
イェテボリ法 監修 東京歯科大学 衛生学講座 講師 石塚 洋一先生

 

いかがでしたか?
虫歯予防に効果的に効率よい方法 をご紹介いたしました。試していただけたら幸いです。

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック
歯科衛生士  佐藤

歯ブラシの力加減

みなさま、こんにちは。

ここ最近はさらに寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

みなさんは歯磨きの時、歯ブラシに力は入っていませんか?
歯ブラシを交換してしばらくして毛が広がったりしてませんか?
歯ブラシを後ろからみて毛先が出ていませんか?

一生懸命磨こうとして力任せになってしまう方が多くいらっしゃいます。
歯磨きは力ではなく、細かく毛先を動かすことがとても重要です。
強く磨いても汚れを落とせてたらいいのでは?と思うかもしれません。
力任せに磨いていると毛先が広がった状態で、磨き残しが出やすかったりもします。

では、力が入り過ぎることでどのようなトラブルが起きてしまうのでしょうか?

歯茎が下がってしまう(歯が長く見える)
②歯茎が下がることで根っこがでててきて神経に近いのでしみやすくなる
③歯茎を傷つける
④根元の部分が削れてしまう

・・・など、様々な事があります。
歯周病でもないのに歯茎を下げてしまうなんてとってももったいないですね。
気が付かずに癖になっていて弱い力だと磨いた気になれない方がほとんどです。
一度下がった歯茎は元通りに戻すのは難しいです。
もし歯茎が下がってしまっていたらこれ以上下がらないよう現状維持が大切です。
そんな方には、いくつか気をつけていただきたいポイントがありますのでご紹介しますね。

①力を入れすぎると、カチっと音がなる歯ブラシを使う

歯ブラシの力が強いと自然と音がなって知らせてくれるので、ならないように意識できます。

②歯ブラシの持ち方に気を付ける
歯ブラシをグーで握っていませんか?正しい持ち方は鉛筆持ちで握ります。こちらの方が、歯ブラシを持つとき余計な力が入りにくいと言われています。

③歯ブラシの硬さを見直してみる
硬めのものは余計に削ってしまいます。歯茎が腫れている時はやわらかめ、健康な方はふつうの硬さを使ってみてください。
もう一つ、歯ブラシの動かし方を大きく動かさず細かく小刻みに動かすことも重要です。
歯ブラシの力はおよそ150200gの軽い力です。
歯ブラシを後ろから抜けるくらいの力が理想と言われています。
磨き始めの所も力が入りやすかったりします。
もしかして力強いかもと思った方は是非対策を色々試して歯茎を下げないように気をつけて下さい。


分からない方、自分の歯磨きは大丈夫かな?と思われた方は、ぜひ一緒に歯磨きの練習をしましょう🪥

担当の歯科医師や歯科衛生士が患者様一人ひとりに合った歯ブラシを処方しておりますのでご相談ください。ご来院お待ちしております☺︎

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 安部が担当いたしました。

フロスのやり方

こんにちは。

今回は、フロスのやり方についてお話ししたいと思います。

フロスには、ホルダータイプとロールタイプの二種類あります。

ホルダータイプのものは、ホルダーにフロスがついてるものになるので、そのフロスの部分を歯と歯の隙間にまっすぐ当て、ゆっくり横に動かしながら歯と歯の間に入れていきます。上から下へフロスを通すだけでは汚れはとりきれないので、必ず隣り合う歯の両方の面を磨くようにしてください。その後ゆっくり横に動かしながら取り出します。

ロールタイプのものは、フロスを40センチくらいに切ります。両手の間隔が10センチくらいになるように左右の中指に23回巻きつけ、そのフロスを両手の親指と人差し指でつまんで、ピンと張るようにします。ピンとはっている部分の長さは23センチくらいにするとやりやすいです。この状態で、歯と歯の間に通していきます。ゆっくり前後に動かし、歯の根元まで入ったら、歯に沿わせるように上下に動かし、磨いていきます。こちらも、隣り合った歯の両方の面を磨いていき、横にゆっくり動かしながら取り出します。

どちらのタイプも慣れるまで少し難しいかもしれませんが、効果はとても高いので、まずは鏡をみながらやってみましょう!

フロスには、歯ブラシでは届かない歯と歯の間の汚れ、歯と歯茎の間の汚れをとるという役割があります。汚れをとることで、虫歯だけでなく歯周病や口臭の予防、改善につながります。

また、フロスをした時に引っかかったり切れたりする場所には、虫歯や詰め物の不具合が生じている可能性があったり、歯茎から出血した場合は歯周病の可能性もあるので、一度歯科で診てもらうことをおすすめします。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科助手 星野が担当いたしました。

新常識!『歯の磨きすぎ』が歯と歯ぐきの老化を招く!!

皆さま、こんにちは!

早いもので9月になりました。

ようやくしのぎやすい季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

季節の変わり目、夏の疲れが出やすい時期ですので、くれぐれもご自愛ください!

 

さて、皆さん歯ブラシをする時に、歯をきれいにしようとするあまり、力を入れてゴシゴシ磨いていませんか?

最近、強い力で磨きすぎる「オーバーブラッシング」が問題視されています。

汚れが隅々まで取り切れないうえ、歯の表面に傷がついて着色の原因にもなります。

また、歯ぐきを傷つけて歯の根元が露出する「歯ぐき下がり」も招いてしまいます。歯の根元は柔らかい組織でできているため、虫歯になりやすいのが難点です。

①歯ブラシの柄をギュッと握って歯を磨く

②歯ブラシを交換後、1か月以内に毛先が広がる

③以前よりも歯が長くなったと感じる

④冷たいものや熱いものがしみる

⑤派手に音をたてて歯磨きしている

上記①~⑤の項目のうち、一つでも当てはまったら余計な力が入っている「オーバーブラッシング」の可能性があります。

歯ブラシを持つ時には、歯ブラシの柄をペンを持つように軽く握るのがコツです。りきまずに優しく磨くことができます。毛先が開かない程度の力で、小刻みに動かしながら磨いてみてください。

歯の磨き方や、おすすめの歯ブラシ、歯磨き粉などなど・・・

わからないことがありましたら担当の先生、歯科衛生士さんに遠慮なくご相談下さいね。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

トリートメントコーディネーター 山口が担当いたしました。