歯の検診、クリーニング

こんにちは!

暑い日が続いていますが、しっかり水分補給等して熱中症にはお気をつけください。

さて、皆さんは、定期的に歯の検診やクリーニングを受けていますか?

特に気になるところもなく、毎日しっかり歯磨きをしているから大丈夫となかなか歯医者に行くタイミングがない方もいらっしゃるかと思います。

しかし、歯ブラシだけでは、口腔内や歯茎の中の汚れを落とすことは難しいと言われていて、歯磨きをしっかりしていても、口腔内や歯茎の中に汚れが残っていることがあれば、虫歯や歯周病の原因となってしまうのです。

そのため、定期的に歯の検診やクリーニングを受けて頂き、ご自身では取りきれない汚れを専門的な機械でクリーニングしていくことが大切です。

また、定期的に歯の検診やクリーニングを受け、お口の中を清潔に保つことで全身疾患の予防が期待できます。

歯周病になると糖尿病が悪化して、歯周病治療をすると糖尿病が改善することもわかっています。

心疾患(狭心症・心筋梗塞)・脳梗塞は、歯周病菌が体内に入り血管をまわって心臓や脳に血栓ができて血管が詰まることが原因とされています。

歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすいと言われています。

他にも、歯周病リスクになるとこれまでに報告されている疾患がいくつかあります。

アルツハイマー・バージャー病・掌蹠膿疱症・慢性腎疾患・慢性関節リウマチ・癌(肺癌を除く)・骨粗鬆症・低体重児出産・誤嚥性肺炎です。

虫歯や歯周病は気づいた時には、かなり進行している場合が多いです。

歯のためにも、全身疾患予防のためにも、定期的に検診やクリーニングを受けることをおすすめします。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科助手 星野が担当いたしました。

知覚過敏

皆さまこんにちは!

毎日暑い日が続いています。

夏バテ、熱中症など体調管理に気をつけてこの夏を乗り切りましょう! 

冷たいものがより一層美味しく感じるこの時期。冷たい物を口にすると一時的にキーン!と歯がしみる、ズキン!と痛むということはありませんか?

冷たいものを飲食するとき以外にも風が当たったり歯磨きをしたりする時、熱い物や酸っぱい・甘い物を口にした時、ツンッと小さな痛みが走ることがあります。

その痛みは小さく、その瞬間だけのものですが、日常生活で何度も繰り返し起こると大きなストレスになるものです。

何らかの刺激が原因となって生じる痛み。これは知覚過敏での症状である可能性が考えられます。

知覚過敏症状は、歯の内側にあるやわらかい「象牙質」が露出してしまうことで発生します。象牙質は歯のエナメル質の内側にある組織です。象牙質には無数の象牙細管が歯の中心に向かって伸びています。象牙質がむき出しになると、外部からの刺激(冷たい飲みものなど)が象牙細管を通って歯の内側の神経に伝わり、結果として瞬間的に鋭い痛みを感じるようになります。これが知覚過敏症状の痛みの特徴です。

象牙質が露出する、歯肉が下がる(歯肉退縮)にはいくつかの原因があります。

 

【原因】

1.かみ合わせの異常

2.歯周病の進行

3.誤った歯みがき

・強い力での歯みがき

・歯ブラシを大きく動かす

・かたい歯ブラシの使用

4.加齢など

 

そして、知覚過敏での予防方法、対処方法には、

セルフケア(自分自身で行う予防)

歯をみがくときには、

1.力を入れすぎないようにしましょう

2.歯ブラシを大きく動かさないようにしましょう

3.歯肉退縮が起きている場合、歯の根元付近のプラークをていねいに取り除きましょう

4.知覚過敏予防歯みがき剤を使いましょう

知覚過過敏予防歯みがき剤に入っている薬用成分が、露出した象牙細管の入口をふさぎ知覚過敏を予防したり、症状を和らげます。

【知覚過敏予防歯みがき剤配合の主な薬用成分】

乳酸アルミニウム

硝酸カリウム

 

 

プロケア(歯科医院で行う予防・処置)

症状が続くようであれば、早めに歯科医院に相談し、適切な処置と指導を受けましょう。

歯科医院での処置としては、

1.フッ化物塗布をすることで、象牙質の再石灰化を促進して象牙細管の開口部の狭窄・封鎖を促進する。

2.象牙質の表面にコーティング剤を塗布したり、レジン充填を行うことで刺激を遮断する。

3.原因となるかみ合わせを調整する。

 

 

歯に傷や異常が見られた場合はもちろんですが、普段から定期的なクリーニングやメンテナンスを受け、歯の健康診断を行っておくことも知覚過敏を未然に防ぐポイントです。

特に痛い、しみるといった症状がわずかでもある場合には早めに受診してみてくださいね。

 

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 辻尾が担当しました。

虫歯予防

今年もまた梅雨の季節を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか

 

歯ブラシしているのに何で虫歯になるんだろう?

と思った事ありますよね。

今回は何故、虫歯になるのか…

そのメカニズムについてお話しさせて頂きますね。

 

虫歯は虫歯菌の感染によっておこります。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。

では、なぜ虫歯になってしまうのでしょうか?

それは、お父さんお母さんなどの身近な大人からうつってしまうからです。

ストローやコップ、スプーンやおはしなどの食器の共有をしないよう注意するほか、大人のお口の中から虫歯菌を減らしておくことが大切です。

大人の方は、ご自身のため、そして大切なお子さんのために、日頃からのメンテナンスが大切ですね。

歯の表面にみられるネバネバした物質。それは歯垢、つまりプラークです。

ネバネバしているプラークは細菌の塊で歯に強くくっつく性質があります。

このプラークを除去する事と、生み出さない事が虫歯を防ぐ大きな要因と言えます。

プラークは歯にしっかりと付着しているため、ブクブクうがいだけでは取り除けません。

歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなどを使用しキレイに落としましょう。

歯磨きが不十分で、磨き残しがあると、残ってしまったプラークは次第に厚みを増し、バイオフィルムと呼ばれる膜を作り、その膜の中で菌が繁殖してしまいます。

厚みを増したプラークはご自身の歯ブラシで落とす事はとても大変です。

定期的なメンテナンスで普段の磨き残しをキレイにするだけでなく、ご自身が磨き難い場所を把握し、ご自身に合った歯ブラシや歯間ブラシなど使い方等、ご提案させて下さい。

虫歯にならないためには予防がとても大切です。

是非ご来院下さい。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 小畑が担当致しました。

テーパード毛の歯ブラシ

 

みなさん、テーパード毛タイプの歯ブラシを使用したことはありますか?

 

そもそも、テーパード毛という言葉を初めて聞く方もいらっしゃるかもしれません。

 

テーパード毛とは歯ブラシの毛先が徐々に細くなっているものです。スーパーテーパード毛という極細毛のタイプもあります。

 

通常のフラットなタイプの歯ブラシと比べて、テーパード毛は歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)に毛先が行き届きやすいです。

 

 

普段の歯ブラシでは出血しないのに、歯茎の検査をして歯茎の腫れがあると言われて驚いた経験はありませんか?

 

それは、普段、歯ブラシがしっかりと歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)に毛先が行き届いておらず、清掃が行き届いてないからです。  (歯間ブラシやフロスなどの清掃方法もありますが、今回は歯ブラシについてのみ記載しています。)

 

初めて使用するとその使用感に慣れず、歯茎がむずがゆい感じがあるかもしれません。また、想像以上に出血して驚くかもしれません。

 

 

また、自分に合ったブラシがテーパード毛のものなのか、別のものなのか、自分で判断するのは難しいと思います。歯ブラシの種類や、当て方、圧など、ご指導いたしますので、是非定期メインテナンスの際にお気軽にご質問ください。

 

 

世田谷区  千歳烏山

浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 相澤

歯ブラシの選び方

こんにちは!

今年も残すところ5日となりましたね。

年末年始は気温が下がるみたいなので、体調に気をつけてお過ごし下さい。

今回は、歯ブラシの選び方についてご紹介したいと思います。

みなさんは毎日使う歯ブラシを、どのように選んでいますか?

歯ブラシの種類は沢山あり「どれを選んだらいいのだろう・・・。」と悩む方も多いと思います。

歯ブラシを選ぶ時のポイントは3つあります。

①毛先の形態

一般的にはラウンド毛という先端が丸みを帯びているものがおススメです。歯肉炎や歯周病が進行している方には極細毛や、超極細毛などの毛先が細いもの選ぶことによって歯茎の中まで歯ブラシの毛を届ける事ができます。

②毛の硬さ

硬すぎると歯茎を傷つけてしまい、やわらかすぎると汚れを落としきることができません。歯茎の状態、磨く時の力の入り具合に合わせて自分に合った歯ブラシの硬さを選択しましょう。

③ヘッドの大きさ

自分の磨き方から選択します。歯磨きをする際に1本ずつ細かく磨くことができる人や、お口が小さい人にはヘッドが小さいものがオススメです。また、細かく磨くことが苦手な人はヘッドが大きいものがオススメです。

歯ブラシが合っていないと、歯茎を傷つけてしまったり、磨き残しができて虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。

しっかり汚れを落とすためには、自分のお口の大きさや手の大きさにあった歯ブラシを使用することが大切です。

当院では、メンテナンス時に、患者様それぞれにあった歯ブラシの提案もさせていただいてるので、どんな歯ブラシを使用したらいいかわからない方は、お気軽にご相談ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科助手 中里が担当いたしました。