歯ブラシの選び方

こんにちは!

今年も残すところ5日となりましたね。

年末年始は気温が下がるみたいなので、体調に気をつけてお過ごし下さい。

今回は、歯ブラシの選び方についてご紹介したいと思います。

みなさんは毎日使う歯ブラシを、どのように選んでいますか?

歯ブラシの種類は沢山あり「どれを選んだらいいのだろう・・・。」と悩む方も多いと思います。

歯ブラシを選ぶ時のポイントは3つあります。

①毛先の形態

一般的にはラウンド毛という先端が丸みを帯びているものがおススメです。歯肉炎や歯周病が進行している方には極細毛や、超極細毛などの毛先が細いもの選ぶことによって歯茎の中まで歯ブラシの毛を届ける事ができます。

②毛の硬さ

硬すぎると歯茎を傷つけてしまい、やわらかすぎると汚れを落としきることができません。歯茎の状態、磨く時の力の入り具合に合わせて自分に合った歯ブラシの硬さを選択しましょう。

③ヘッドの大きさ

自分の磨き方から選択します。歯磨きをする際に1本ずつ細かく磨くことができる人や、お口が小さい人にはヘッドが小さいものがオススメです。また、細かく磨くことが苦手な人はヘッドが大きいものがオススメです。

歯ブラシが合っていないと、歯茎を傷つけてしまったり、磨き残しができて虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。

しっかり汚れを落とすためには、自分のお口の大きさや手の大きさにあった歯ブラシを使用することが大切です。

当院では、メンテナンス時に、患者様それぞれにあった歯ブラシの提案もさせていただいてるので、どんな歯ブラシを使用したらいいかわからない方は、お気軽にご相談ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科助手 中里が担当いたしました。

「歯間ケア」をおすすめします!

みなさん、こんにちは!

早いもので、10月最後の日曜日となりましたが

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

最近は、朝晩寒い日も増えてきましたね。

体調を崩さないよう、くれぐれもお体ご自愛ください!

 

さて、話は変わりますが

「歯ブラシで磨くだけでは歯垢の除去率は6割以下」

と言われていること、、、ご存じでしたか?

歯ブラシで丁寧に磨いても、歯と歯の間には毛先が届かないので

4割以上の汚れが残ってしまいます。

日本人に歯周病の方が多いのは

歯間ケアが浸透していないことも一因だといわれています。

1日1回は、デンタルフロスや歯間ブラシを使って

歯と歯の間もきれいにすることが、とても大切です。

特に寝ている間は唾液の分泌量が減り、お口の中の細菌が増えますので

就寝前にしっかりケアをするのがおススメです!

 

歯磨き後に歯間ケアをするのが一般的なようですが、

「歯磨き後にフロスや歯間ブラシをするのがおっくう」

「忘れてしまう」という方は、

最初にフロスや歯間ブラシで清掃してから

歯ブラシで歯全体を磨くのもおすすめです。

生活習慣に合わせて、ぜひ取り入れてみて下さい!

 

患者様とのお話の中でも、「フロスの使い方が難しい」という方や、

「歯間ブラシを使っているけれど、適当に買って使っている」

という方がたくさんいらっしゃいます。

歯間ブラシのサイズはたくさんあって、せっかく使っているのに細すぎて汚れが落とせていなかったり、逆に太すぎて歯茎を傷つけてしまっているかもしれません。

どのようなものを使用したらよいか迷った時や

正しい使用法を確認したい時は、

治療やメンテナンスでご来院いただいた際に、

担当の歯科衛生士さんや先生に遠慮なくご相談ください。

患者様に合ったケア用品をアドバイスいたします。

 

年々寿命が延びている今、歯を使う期間も長くなってきています。

歯間ケアも取り入れて、歯と体の健康を守りましょう!

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

トリートメントコーディネーター 山口が担当いたしました。

 

 

 

妊娠性歯肉炎

みなさんこんにちは。

早いものでもう10月ですね。

朝晩涼しく、日中も過ごしやすい季節になりましたね。

秋は美味しい物がたくさんあり、とても好きな季節です。

 

みなさんは妊娠性歯肉炎という言葉を聞いた事ありますか?

妊娠性歯肉炎というのは妊婦さん特有の症状です。

妊娠するとお腹が大きくなるだけでなく、お口の中も変化します。

妊娠中はホルモンバランスが変化するだけではなく、つわりや食生活の乱れも生じ、歯磨きが不十分になってしまう事も多く、歯肉炎のリスクが高くなります。

妊娠中に歯周病になってしまうと、早産や低出生体重児になる可能性もありますので気をつけたいですね。

妊娠性歯肉炎の予防の一つはこまめな水分補給です。

妊娠中は唾液の分泌も悪くなりますのでお口の中が乾燥しがちです。

乾燥していると歯周病の原因となる細菌が繁殖しますので甘くないお茶やお水をこまめに飲みお口を潤わせて下さい。

また、なんと言っても歯ブラシがとても大切です。

つわりで辛い時期は歯ブラシをしたくても磨けない時期があると思います。

その様な時は子供用の小さな歯ブラシを使って頂いたり、下を向きながら息を吐くようにゆっくり磨くと少し楽に磨けます。

体調のよい時に歯ブラシをしてみて下さい。

浜岡歯科クリニックでは産前産後検診も承っております。

妊娠中だからこそのクリーニング!

ご相談もお待ちしています。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 小畑が担当致しました。

仕上げ磨き

こんちには。

梅雨入りが発表されましたね。
ジメジメの毎日ですが、まだまだマスクも手放せませんね。
熱中症にはくれぐれもお気を付け下さいね!

 

皆さんは子供の歯(乳歯)が何本あるかご存知ですか?

 

乳歯とよばれる子供の歯は全部で

20本あります。

個人差はありますが乳歯列が完成するのが3歳前後です。

そこから6歳前後(小学校入学頃)に前歯からグラグラし始め大人の歯とよばれる永久歯が生えてきます。

この時期に覚えておいて欲しい事は6歳永久歯とよばれる大人の歯が乳歯列の一番奥に抜けずに生えてくるという事です。

前歯はよく見える所ですので、本人はもちろんの事、ご家族や周りの方々にも大人の歯が生えてきたと実感出来ますが、奥歯は覗き込まないとなかなか見えてきません。

気を付けて見ていないと生えてきた事すら気が付かない事もあります…

生え始めの歯は虫歯になりやすいので仕上げ磨きをする際は気を付けてあげて下さいね。

とくに6歳永久歯はとても溝が深く複雑な形をしています。

その為、硬い物でもとてもよく噛む事が出来ますが虫歯にもなりやすいのです。

奥歯まで歯ブラシが当たっているか確認しながら仕上げ磨きをしてあげて下さい。

そしてどんどん乳歯がグラグラし、永久歯が生えてきます。

グラグラしている歯やその近くの歯を磨くのは痛みを伴ったり出血しやすいです。

ですが、磨かないと汚れも溜まりやすく、歯肉も炎症を起こしてしまう事もあります。

やわらかい歯ブラシを選んで優しく歯ブラシを動かしてみて下さいね。

プラーク(歯垢)は力を入れなくても歯ブラシがきちんと当たっていれば取れますので力は入れなくて大丈夫ですよ。

 

永久歯が生えてくる1〜2年前からキシリトールを摂ると永久歯のリスクは93%減少する事もわかっていますので、キシリトールもお薦めです。

キシリトールの摂取の仕方や仕上げ磨きのやり方などご質問がありましたら是非、お声掛け下さいね。

ご来院、お待ちしています。

歯科衛生士 小畑

 

歯ブラシの交換時期

皆さん、こんにちは!

最近、気温差があり、なかなか安定しない天気が続いていますね。気温差があると、身体はその気温差に耐えようと、いつもより多くのエネルギーを使うので、いつも以上に体力を消耗するみたいです。お体に気をつけて、風邪などひかないようにお過ごしください。

 

さて、皆さんは歯ブラシをどのくらいの頻度で交換していますか?

使い方などによって個人差はあるかと思いますが、交換する目安として正しいのは1ヶ月程度と言われています。

歯ブラシは毛先が広がってから交換するという方もいらっしゃるかと思います。毛先が広がってから交換というのもタイミングのひとつではありますが、歯ブラシを交換する理由は毛先の広がり以外にもいくつかあります。

・歯ブラシの毛数が抜けて減ってきたり毛先が折れてしまうことで、汚れが落としにくくなる

・毎日の歯磨きで、たくさんの汚れや菌が付着している

・歯ブラシ特有の毛先の弾力がなくなり、歯茎を傷つけやすくなる

これらの理由から、使い方などに個人差があるとしても、1ヶ月程度で交換することがおすすめです。

また、歯を磨いた後の歯ブラシには菌や汚れがたくさん付着しているのでしっかり洗い流していくことが重要です。

軽く洗い流して終わりという方もいらっしゃるかと思いますが、それだけでは菌や汚れ、歯磨き粉などは落とせていないのです。水で洗い流した後、指を使ってヘッドの毛先の部分をしっかり洗い流しましょう。

洗い終わった後、毛先の部分に水分が残っていることによって、カビや雑菌が繁殖してしまう原因となるので、必ず水気を取り、風通しのよい場所でヘッドを上にして保管してください!

歯ブラシの交換するタイミングがいまいち分からず、いつから使っているか把握しきれていない方もいらっしゃるかと思います。そういった場合は、月初に交換というルーティンなどを作り、意識的に交換していくことをおすすめします。

 

歯科助手 中里