バースデーカード

みなさま、こんにちは!

3月は年度末ということもあり、
普段と違って、仕事やプライベートでも、
何かと慌ただしい日々を送ることが多い季節ですね。

でもその一方では、
少しずつ暖かくなってきて、
長かった冬が終わり、新しく春を迎える時期でもあり、気持ちのよい季節です!

外出する機会も増えますね^ ^

 

さて、話は変わりますが、
先月、長男が10歳の誕生日を迎えました。

最近は、学校で〝二分の一成人式〟という行事も行われるようになり、
節目の歳でもあるように感じます。

その長男が小さい時にプレゼントで頂いた、
〝こぐまちゃんの絵本〟についてきた読者カードに申し込んでから、
出版社の〝こぐま社〟さんより、
10歳になるまで毎年バースデーカードが届いていました。

このデジタルな時代に、なんと住所・宛名、そしてお誕生日が手書き!

わが子のためだけに心をこめて送ってくれた感じがして、じんわり嬉しくなっていました。

今までは、ポストカードでしたが、10歳の誕生日には封書でカードが届きました。

中にはこぐまちゃんのバースデーカードと少し長いお手紙が入っていました。

 

手紙には、バースデーカードを送り始めたきっかけや理由、毎年どんどん送る相手が増えていることなどが説明されていて、こう記されていました。

 

「こぐま社からお願いがあります。大きくなったあなたから、これから絵本と出会う小さな子どもたちへ、バースデーカードを受け取る楽しみをゆずってあげてくれませんか?」(手紙文中より引用)

 

あくまで提案であって、これからも欲しい人には送り続けるということも書かれていました。

 

そして、最後に、

 

「これから大きくなっていくにつれて、きっと今までよりももっといろいろな種類の本に出会うことになるでしょうが、勉強やスポーツや、さまざまな楽しみも増えて、本からしばらく遠ざかることも、きっとあると思います。

でも、もし、あなたがこまったときや、何か知りたくなったとき、だれかに相談したいときは、その相談相手として“本”があることも、どうぞ忘れないでいてください。

本の中には、何百年も昔から生きてきた人々の知恵や知識やおもしろい考えが、いっぱいつまっています。

きっと本があなたの力になってくれるときがあると、私たちは信じています。」
(手紙文中より引用)

 

お手紙の内容を読むと、今まで受け取っていた誕生日カードの意味、絵本の素晴らしさ、そして何よりこぐま社という出版社の素晴らしい活動に心を打たれました。

 

そしてカードが届くたび、息子以上に幸せな気持ちになったのは私のほうでした。
幸せな時間をありがとうございました。

 

長男とは絵本を読む時間は無くなってしまったけれど、
弟と妹とは、絵本を読む時間を、
まだこれからも、
大切にしていきたいと思います。

 

 

担当は歯科衛生士  辻尾  でした^ ^

 

 

もうすぐ春です!

みなさんこんにちは☺︎!

少しずつ暖かい日差しを感じるようになってきましたね。
もうすぐそこまで春が来ているんだなと感じます( ˆ ˆ )
この時期になると”アスパラ菜”という菜の花に似た野菜を両親が毎年送ってくれます。
冬の終わりから春頃にかけて旬の野菜だそうです。
見た目は菜の花に似ていますが、菜の花のような苦味はなく、ほんのりと甘みのあるアスパラのような味と食感の野菜です。
栄養価の高い旬の野菜を食べているおかげか、この数年は風邪やインフルエンザにもかからず元気に過ごせております!
暖かくなったと言ってもまだまだ朝晩は冷えますので、油断せず体調管理に気をつけてお過ごしください。

さて、話は変わりますが今とてもタイムリーなニュースとして、タレントの堀ちえみさんが舌癌のステージ4であることを発表されましたね。
舌の6割を切除後、舌の再建術を行い、リンパ節に転移した腫瘍も取り除くという大手術だったようです。
このニュースの発表後、当院にも『口内炎ができているので診てほしい』というお電話が何件かありました。
舌癌とは口腔癌(口の中に生じる癌)としては最も頻度が高く、舌の先端に出来ることは稀で、舌の側面にみられることが多いです。
初期の舌癌は口内炎に似ているため、正確に見極めることが難しい場合もあります。
口内炎のような硬いしこりが2週間近く経っても治らないようであれば、舌癌を疑って病院に相談してみてください。
当院では定期的なメンテナンスの際に、お口の中で気になることがないか患者さんにお伺いしています。
患者さん自身が気づいていない場合でも、しっかりとお口の中全体を確認し、異常があればドクターにチェックしてもらうようにしていますので、安心して当院にいらしてくださいね。

担当は歯科衛生士新保でした☺︎

バレンタインデー

暖かい日が徐々に増えて、春を感じる事が増えてきましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、先日はバレンタインデーがありました。皆さまはチョコレートをあげたり、貰ったりされたのでしょうか。浜岡歯科では女性スタッフが多いので毎年の恒例で、男性Dr.にみんなでチョコレートを渡しています。代表して1人が買いに行くのですが、今年は私が担当だったので買って参りました。

この時期の百貨店のチョコレート売り場はすごく華やかで見ているだけでも楽しくなってしまいますね。どれもこれも可愛くて、美味しそうで目移りしてしまいます。自分用にも買おうかなとも思いましたが、グッと堪えました。男性スタッフの人数分チョコレートを買うと結構な荷物になってしまったので、自分の分は断念し、また別の機会に購入したいと思います。

バレンタインデーはもはやお祭りのようなものですね。こんなに世界中のチョコレートがお店に集まる機会はこの時期だけですから、まだ間に合うなら年に一度くらいは良質なチョコレートを食べたいと思います。

 

写真は昨年12月にオープンしたばかりのプラネタリウムに行った時のものです。プラネタリウムに行った記憶はほぼないので、凄く新鮮で楽しかったです。フードメニューも天体をモチーフにしていてキラキラしていて可愛いかったです。

 

今年は春が早めにきそうですが、寒暖差が激しい日がまだ続きそうなので、体調を崩さないようご自愛下さい。担当は歯科衛生士田村でした。

エナメル質減形成

インフルエンザが流行っていたり、大きな気温の変化があったりと、体には何かと厳しい季節真っ最中ですが、皆さまお健やかにお過ごしでしょうか?。

歯の表面を覆うエナメル質は、体の中で最も硬い組織です。エナメル質が完全に硬くならずに、デコボコしたり、茶色や黄色、白く濁った状態をエナメル質減形成といいます。

乳歯と一部の永久歯(前歯と6歳臼歯)は、赤ちゃんがお母さんの、お腹の中にいる間から作られます。胎生7週頃から歯が作られた始め、14週頃から石灰化が始まりますが、この時期にお母さんの体調や栄養状態、ホルモン異常などが原因になり、あらわれるのではないかといわれています。

また、前歯と6歳臼歯以外の永久歯がエナメル質減形成になる原因としては

局所的原因:乳歯の虫歯がひどかったり外     傷を受けた場合

全身的原因  :  乳幼児期の全身的な病気、栄養障害、ビタミン不足です。

エナメル質減形成は歯質が欠けていたり石灰化が不全なため、虫歯になるリスクが高く、また一旦虫歯になると進行が速いことが危惧されます。

ご家庭でできる予防対策としては

★ブラッシングと低濃度フッ素の歯磨き粉や仕上げジェルを使う。

歯科医院での処置としては

★軽度の場合は、定期検診および定期的に高濃度フッ素の塗布。

★虫歯になってしまったり、重度の場合は、虫歯治療や神経治療を行います。

エナメル質減形成なのでは?と思ったら、早めにご相談ください。

谷川岳の展望が素晴らしい白毛門を歩いてきました。ブルーと白のコントラストがたまりません。

まだまだ寒い日は続きますので、どうぞお身体ご自愛ください。                                                      担当は歯科医師 小嶋でした。

 

 

 

 

節分と立春

こんにちは、インフルエンザが猛威をふるっていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?歯周病菌がインフルエンザ感染を助長すると言われています。予防接種を受けたからと安心してはいけません。お口の中も清潔に保って予防しましょう。

話しは変わって、本日は節分です。テレビでは寺社仏閣でお相撲さんやゆるキャラ、有名人が豆まきをしている映像が多く流れています。私の住んでいる府中の大國魂神社でも稀勢の里関(まだ横綱?)が来ると府中駅に掲示してありました。そういえば節分イコール豆まきが私の小さい頃の定番だったのですがいつのまにか恵方巻が登場していました。恵方(今年は東北東だそうです)に向かって無言で願い事をしながら1本丸かじりし食べきるのですよね?デパートやスーパーの恵方巻は中身もたくさん入っていて豪華でものすごい太いものが多く、あれを1本食べきるのは至難の業だと思います。食品業界の罠にはまっているのでは?と思ってしまうのは私だけでしょうか。バレンタインデーのチョコレートもそんなかんじだったでしょうか?

明日から立春、すでに春を感じるようなあたたかい陽気がもうここ数日続いていますスギ花粉がもう飛でいるのか少し目のかゆみがあります。今年の飛散量は平年の1.5~3.0倍、昨年の2.7倍と予測されています。ここ数年治ってきたかなと勘違いするような軽い症状だった私の花粉症も復活するやもしれません。憂鬱です。

では、インフルエンザ、花粉症対策しっかりしましょう!

受付助手の開作でした。