顎関節症

皆様お久しぶりです。
いかがお過ごしでしょうか。
朝晩はまだやや気温が低い日もありますが、日中はだいぶ気温もあがり暖かい日が多くなってきましたね。

さて、今回は「顎関節症」についてお話したいと思います。

まず顎関節とは顎の関節ですが他の関節とはやや異なる関節で、左右の関節が一対となって同時に動くので片方の関節が動けば反対側の関節も何らかの動きをしています。
さらに、他の関節と同じように回転運動もしているのですが、同時に滑走運動もしています。他の関節にはない滑走運動が可能なので複雑な動きができるのです。
また顎の関節は、上下顎の歯の接触によっても動きを制御されているとも言われています。
顎の間接は左右の筋肉のバランの崩れや習慣等のちょっとした事に影響を受けやすく、成人のおよそ半数が顎に何らかの異常を感じたことがあるとされています。

「顎の関節や筋肉が痛む」「顎の関節で音が鳴る」「口か開かない」などの症状を引き起こす状態を「顎関節症」といいます。
症状が悪化すると治療が困難になるので早期発見・早期治療が大切ともいわれています。

原因は歯ぎしり・食いしばり・頬づえなどの悪習慣が考えられており、最近はTCHと呼ばれる状態も原因のひとつと考えられています。
通常は食事以外で上下の歯を接触させていることは少ないのですが、TCHとは上下の歯を軽く接触させてしまっている癖の事です。
初期の違和感であればこのような顎の緊張状態を緩和させてあげれば大きな問題は無いと思われますが、痛みを伴うような場合は上顎と下の顎の間にある「関節円板」と呼ばれるクッション状の部分がずれている場合もあります。
色々と原因はあると思われますが自分で確認できるチェック項目を簡単にお知らせします。

○口を大きく開いたときに人差し指から薬指の3本指を縦にして入るか
○口を大きく開け閉めしたとき顎に痛みが無いか
○口を大きく開いた時にまっすぐ開くか
○するめ・干し肉・たこなど硬い食べ物食べた時に顎や顔が痛くないか

程度の差によりますが、以上の症状がある場合は「顎関節症」の疑いがあります。
治療方法も、顎の体操・薬・マウスピース・手術等、症状により様々ですので、何か顎の関節に症状がある方は早めの受診をお勧めいたします。

顎だけでなく、お口の環境を整えるためには定期的なメンテナンスも大切ですので、是非いらして下さい。

歯科医師濱田が担当いたしました。

『令和』の新時代へ

皆様、ご無沙汰しております。本日から元号が「令和」になりなりましたので、心機一転ブログの更新をしようと思います。

当院では、今年になって新規スタッフが3名入り、そのため院内も窓をあけて新しい空気が入るようにとても清々しい良い雰囲気になりました。

新入医局員は衛生士2名とコーディネーター1名ですが、3人とも真面目で勉強熱心なので先輩スタッフも指導がしやすいようです。まずは基礎を固め、正確にしっかりとした治療ができるようになってもらいたいと思っています。

また、4月からは私の次男も週一日当院で治療をはじめました。現在も大学のインプラント科に在籍しておりますが、卒後4年が経ちましたので治療は少しづつ次男に任せ、私は医院全体を俯瞰し患者様へよりベストなシステムを構築することに時間を費やしたいと考えております。

これからもスタッフ共々宜しくお願いいたします。

浜岡歯科クリニック 院長濱岡正憲

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病には関連性があるのをご存知ですか?実はかなり深い関係があります。

1.歯周病とは

歯周病は細菌感染によっておこる歯の周りの組織の病気で、歯垢中の細菌の攻撃に対して体が防戦する際に分泌されるサイトカインが過剰に分泌されると自分を破壊してしまうことが原因です。

2.糖尿病とは

糖尿病は血糖値が高い状態が続いた結果、全身の器官に異常をきたす病気です。インスリンが分泌されない(1型)とインスリンが分泌されてもうまく作用しない(2型)に分かれます。日本人の糖尿病患者の90パーセントが2型です。

3.高血糖が続くと歯周病は悪化します。

血糖値が上昇すると。自分を攻撃してしまう特定のサイトカインが増えることが原因と考えられています。また糖尿病の人は免疫や組織修復力も弱いため炎症による歯周組織破壊が進みやすくなります。

4.歯周病治療で糖尿病が改善

糖尿病と歯周病を併せ持つ患者さんに歯周治療を行うと血糖値が改善したという報告が多数あり、歯周病は糖尿病を悪化させる要因の一つである可能性が高いということがわかってきました。メカニズムとしては炎症時の特定のサイトカインがインスリンの作用を邪魔しているからと考えられます。したがって歯周病を治療することによりサイトカインの量が減少し、結果インスリンの作用が発揮されて血糖値が改善すると考えられています。

実は歯周病は糖尿病だけではなく心臓病や動脈硬化、脳血管障害、肺炎、早産などにも関連性があることがわかってきています。体の健康はお口から!定期的なメンテナンスをお勧めします。

歯科医 阿部の担当でした。

 

はじめまして!

 

みなさんはじめまして、こんにちは!中里美幸と申します。

先月からトリートメントコーディネーターと受付を務めさせて頂くことになりました。

未熟者ではありますが、明るく笑顔で丁寧な対応を心掛けて参りますので、よろしくお願い致します!

4月に入り新しいスタートを切り始めた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか…?

新しい環境や新しいことを始めることは、とてもドキドキして、緊張しますよね…!!

わたしもその中の一員なので、体調管理に気をつけながら、みなさんも一緒に頑張っていきましょう😊

なかなか冬のアウターが手放せず、寒い日が続いていましたが、みなさんお花見はできましたか?

わたしは、4日に、毎年行われている調布に流れる野川の夜桜ライトアップイベントに行ってきました!野川の両岸に咲く桜並木の約630メートルもがライトアップされていて、桜がとても幻想的で綺麗でした!

このライトアップイベントは、1年に1回、3時間限定で行われているイベントなのですが、毎年、開催される約2日前に告知をしているので、なかなか前もって予定をたてて行くのは難しいかもしれませんが、とてもオススメなイベントなので、タイミングが合えば来年ぜひ行ってみて下さい!

写真だと暗くて綺麗さが伝わりづらいかもしれませんが、一部載せておきます!

今週のブログ担当は、中里でした。

新年度が始まります。

 

みなさん、はじめまして!今年の1月に入社した歯科衛生士の相澤と申します。よろしくお願いします。入社して早いもので3ヶ月が経過しました。そして、明日からは新年度が始まります。新しい生活がスタートする方も多いのではないでしょうか。

 

4月1日といえば、エイプリルフール。と、言いたいところですが、今年の4月1日といえば新元号の発表ですね。 午前に有識者による「元号に関する懇親会」を経て、午前11時半頃に発表されるとのことです。

 

新元号を決めるにあたり、

英語表記の頭文字が明治以降の元号の「M、T、S、H」と重ならない

国民の理想としてふさわしいような良い意味をもつ漢字2文字

漢字の画数は1文字できるだけ15角以内にとどめ、書きやすく、読みやすい

これまでの元号、おくり名として使用されていない

・・・等の方針があるそうです。

 

英語表記の頭文字が被らないようにすることは知っていましたが、画数の少ない良いイメージの漢字で成り立っていることは、改元についてのニュース等で知りました。日本の元号一覧を見てみると漢字4文字のものや普段馴染みのない漢字のものもありますが、平成、昭和、大正、明治、と近い元号はどれも画数が少なく書きやすいですね。

 

明日の4月からは新年度として気を引き締め、ついついゴールデンウィーク中に気の緩みそうな5月ですが、新元号スタートということで、思い切って新たなことに挑戦していきたいです!

 

 

以上、今週の担当は歯科衛生士の相澤でした。