自費の白い治療(クリスタル・ジルパール・ジルジュエル)と保険の白い治療(CAD CAM)の違い

猛烈な暑さはやや落ち着いて朝晩は少し涼しさも感じられるようになってきましたが引き続き冷房の使用やこまめな水分補給等を心掛け、熱中症にはお気を付けください。

今回は自費の白い治療(クリスタル・ジルパール・ジルジュエル)と最近適用範囲の増えた保険の白い治療(CAD CAM)の違いについてです。

1.自費の白い治療は色調の種類が多く自然な仕上がり

自費の白い治療の色調は、基本色がクリスタルで16種類、ジルジュエルで13種   類ありさらにステイニング(加色)することで無限の色調を作ることができるた め、個人の歯に合わせた自然な仕上がりが可能です。保険の白い治療は基本色5種類のみで周りの歯に合わせることが難しく、またホワイトニングした歯などに合う白い色調もありません。

2.自費の白い治療は削る量が少なく歯にやさしい

自費の白い治療はセラミックやジルコニア製のため、プラスチックに比べ強度が2-3倍以上高いので詰め物や被せ物を薄く作ることができます。そのため削る量が少なく歯にやさしい治療法です。保険の白い治療法はプラスチック製のため、割れないように厚く作らなければならず、自費の白い治療に比べ2-3倍歯を多く削る必要があります。そのため歯によっては治療後にしみたり痛みが出てしまう事があり、歯の神経を取る治療が必要になる場合があります。神経を取ると歯の寿命が半分になるという研究結果もあります。

3.自費の白い治療は変色せずなおかつ衛生的

自費の白い治療はセラミックやジルコニア製のため、吸水性がなく変色がありません。また水分とともに細菌を吸い寄せることもなく衛生的です。保険の白い治療はプラスチック製のため、吸水性があります。水分とともに色素を取り込んで変色したり、細菌を吸い寄せるので虫歯の再発や歯周病のリスクが高くなります。

以上のような違いがありますので治療が必要な時には参考にされてください。

注)数値は当院で採用している材料の値です。メーカーによって異なる場合があります。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 阿部が担当しました。

【2022年最新情報】禁煙をおすすめする理由 その1

まだまだ暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

暑さに悲鳴を上げている私に反し、我が家の観葉植物はこの暑さを喜んでいるようです。すくすくと成長し(巨大化し‥)この夏で私の身長をとうとう越してしまいました。昔はあんなに小さかったのにな。そんな植物たちに毎日癒され元気をもらっています。

さて本題ですが、今回は喫煙と細菌についてお話ししていこうと思います。

マイクロバイオームとは?

マイクロバイオームという言葉をご存じでしょうか?
一言で言うと常在菌層のことです。

今日では【人と常在細菌と合わせて1つの生命体とみなすことができる】という考え方が主流となってきています。

私たちの体の中には沢山の数の常在菌が存在します。常在菌は大きく分けて善玉菌(2割)・悪玉菌(1割)・日和見菌(7割)からなりバランスをとっているのですが、日和見菌は優勢な方に味方をします。善玉菌が優勢になっていることがとても大切です。
私たち一人一人生活環境や遺伝的要素など違いますのでそれぞれ固有の常在菌層が存在し、健康な時は私達(宿主)と細菌はバランスをとって生きているのですが、
ひとたびこのバランスが崩れると有害な細菌が原因となり私達(宿主)の組織を傷つけていくのです。

常在菌イラスト

口腔マイクロバイオームとは?

私達のお口の中の細菌層(口腔マイクロバイオーム)はどうでしょうか?

お口の中には1200種類【100億個の細菌】が存在します。すごい数ですね‥。腸内の細菌数についで多いということです。その細菌たちは口の中の粘膜、唾液、舌、歯面、歯周ポケットの中にいます。
そして、虫歯の関連細菌・歯周病の関連細菌が増えるとバランスをとっていた細菌層が崩壊してしまいます。そして虫歯や歯周病になってしまうのです。

では虫歯や歯周病の関連細菌を増やす原因の一つはなんでしょうか?

そう【喫煙】なのです。

口腔内常在菌

喫煙と口の中の常在菌のバランス

喫煙する方のお口の中や歯周ポケットの中のマイクロバイオームは病原性が高いです。
そして、喫煙は虫歯関連の細菌バイオフィルムの成長を促進させます。
また、禁煙により病原性の高い歯周病関連菌が減少します。

つまり、喫煙は虫歯と歯周病どちらの菌の活動も促進させてしまうのです。お口の中のマイクロバイオームのバランスは崩壊して、虫歯や歯周病になってしまうのです。

禁煙後の体の変化

最後に禁煙すると、どのような身体の変化があるのかお伝えします。

禁煙後の体の変化

1分後タバコのダメージから回復しようとする機能が働き始める。
20分後血圧は正常近くまで下降。脈拍も正常付近に復帰。手の体温が正常にまで上昇。
8時間後血中の二酸化炭素レベルが正常域に戻り運動能力が改善。
24時間後心臓発作の確率が下がり始める
48時間後臭いと味覚が復活する。
48時間〜72時間後ニコチンが体から完全に抜ける
72時間後気管支の収縮がとれ呼吸が楽になる。肺活量が増加。
2〜3週間後体循環が改善。歩行が楽になる。肺活量が30%回復する。
1〜9ヶ月後咳、静脈、うっ血、全身のだるさ、呼吸速拍が回復する。
5年後肺癌になる確率が半分になる
10年後前癌状態の細胞が修復される。口腔がん、咽頭がん、食道がん、膀胱がん、腎がん、膵臓がんになる確率が減少する。

最後に

いかがだったでしょうか?今回は細菌と喫煙をメインにお伝えしました。
次回は 電子タバコと紙たばこ&インプラントと喫煙についてのお話しをしていきます。
このブログが皆様の健康維持のために少しでもお役に立てれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士  佐藤

寝る前の歯みがき

こんにちは、この頃、夏日と言われる日が多くなってきました。朝と昼の寒暖差が大きく体調管理も大変ですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回は、寝る前の歯みがきについて書きたいと思います。

もちろん「寝る前に歯みがきするのは当たり前だ」と言うお子さんが、ほとんどだと思います。

でも、大人にはいろいろな事情がありまして、寝る前の歯みがきをサボってしまうことがあります。

大人は、お仕事したり、家族みんなの為に家事をしたりと大忙し。つい疲れて夕食後すぐに寝てしまったとか、夕食の時に少しお酒を飲んでくつろぐつもりが、ついつい深酒で寝落ちなど・・・・

歯みがきをしないで寝てしまう大失敗をよくするものなのです。ですが、これがお口の中で大変なことを起こしてしまいます。

寝ている時は唾液の分泌量が減ります。口を開けて寝ている人は、乾燥してなおさらです。唾液はお口の中の細菌を洗い流し細菌量を減らします。

夜の歯みがきをしなければ、食べかすやプラーク(細菌の塊り)がお口の中にいっぱい!唾液も減って細菌もいっぱいです!!

日中の起きている時より、細菌が原因で起こる虫歯や歯周病、口臭のリスクがより高まります。朝起きた時の口臭など、経験したことはありませんか?

もちろん毎食後の歯みがきは大切ですが、寝る前の歯みがきはより大切で、しっかりするべきなのです。

私も夜はハブラシ、プラウト、歯間ブラシ、たまにフロス(糸ようじ)をします。歯みがきだけはして、寝落ちしましょう。お風呂は朝に入るのもありです。

これから梅雨入りが迫っています。

ジメジメな嫌な季節になりますので、みなさんご自愛ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

開作が担当しました。

手洗いの大切さ

新年、明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

日中も寒い日が続いておりますが、体調はくずされていませんか?

外気は冷たいですが感染予防のための換気は定期的に出来ていますでしょうか?


感染予防に換気はすごく重要です。

この時期は換気が少なくなりがちですが、 2~3時間ごとに空気の入れ替えをしましょう。

換気以外の基本的な感染予防として手洗いうがいがあります。

今回はみなさんに改めて正しい手洗いうがいをご紹介したいと思います。

 

【正しい手の洗い方】

①まず、手指を流水で濡らす

②石けんを適量、手の平に受けとる

③手のひらと手のひらを擦り合わせよく泡立てる

④手の甲をもう片方の手のひらでもみ洗う(両方)

⑤指を組んで両手の指の間をもみ洗う

⑥親指をもう片方の手で包むもみ洗う(両手)

⑦指先をもう片方の手のひらでもみ洗う(両手)

⑧両手首までていねいにもみ洗う

⑨流水でよくすすぐ

 

いかがでしたか?

みなさんは正しい手洗いうがいは出来ていましたか?
細菌やウイルスから、ご自身の身を守るためにも正しい手洗いうがいを毎日続けることが大切です。


1人お1人が衛生的な生活を心がけ正しい手洗いうがいで感染を予防していきましょうね。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

 

世田谷区 千歳烏山  浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 安部が担当致しました。

フッ素洗口液

皆さま、こんにちは。

暦のうえでは立冬となり、めっきり日が暮れるのが早くなりました。

朝夕の冷え込みも厳しくなってきましたね。

これから忙しくなる年末に向けて、体調管理には気をつけたいですね!

 

 

先日、衛生士の安部さんに、3ヶ月に1度の歯の定期クリーニングをしてもらいました。

隣接部(歯と歯の間)に初期むし歯があるので注意してくださいね!と教えて頂きました。

毎日寝る前にデンタルフロスは使っているのですが、疎かになっていたことを反省しました。

改めて、ブラッシングとデンタルフロスの際に丁寧に時間をかけるようにしました。

それに加えて、フッ素洗口液の使用をはじめました!

 

フッ素洗口は歯ブラシが届かない「むし歯になりやすい場所」に、洗口液のフッ素がしっかり届いて作用してくれます。

フッ素は歯の表面を硬く強くし、磨き残したプラーク(細菌の塊)にもとどまって作用し、歯ブラシが届かないような「むし歯になりやすい場所」に虫歯予防の実力を発揮してくれます。

 

 

◉フッ素の効果その1

【初期むし歯修復の促進】

エナメル質(ハイドロキシアパタイト)の成分であるカルシウムがむし歯菌の出す酸によって唾液の中に溶け出していきます。この溶け出したカルシウムは再びエナメル質に取り込まれて、もとのハイドロキシアパタイトに再結晶するのですが、このとき、唾液中に少しフッ素イオンが存在すると、この石灰化を促進して歯の修復を促進します。

 

◉フッ素の効果その2 

【歯質強化】

歯の成分(エナメル質)はリン酸カルシウムでハイドロキシアパタイトといわれる結晶を作っています。この結晶は酸に弱く壊れやすいのですが、ここにフッ化物がやってくると、フルオロアパタイトになります。このフルオロアパタイトは酸に対して安定した結晶です。そのため、エナメル質が強くなり、むし歯になりにくくなります。

 

◉フッ素の効果その3 

【むし歯菌の活動抑制】

フッ素イオンには細菌の活動を抑制する作用があります。そのため、お口の中にフッ素が存在すると細菌が酸を産生するのを減少させます。このこともむし歯予防に役立ちます。

 

 

フッ素洗口液は、就寝前の歯磨き後に使用します。

洗口液本体のキャップにメモリがついているので、10ml測り、約30秒間ブクブクうがいをします。

うがい後は、お口を水ですすがずにそのまま就寝してください。

毎日継続して使用することがおすすめです。

 

当院にもフッ素洗口液を販売しております!(詳しくは当院の歯科医師、衛生士、スタッフにご相談下さい。)

 

是非皆さまのむし歯予防にお役立て下さい。

 

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 辻尾が担当いたしました✳︎