フッ素塗布

こんばんは。今回は虫歯予防に効果的なフッ素塗布についてです。

1.フッ素とは?

フッ素は毎日の食事を通して摂取される必須栄養素の一つです。歯を強化する効果が最も高いことから、世界各地で利用されています。国によっては虫歯予防の観点から水道水に入っているところもあります。

2.フッ素の虫歯予防効果

フッ素を歯に作用させると表面から取り込まれて、歯は丈夫になり虫歯に対して抵抗力が強くなります。また歯の周りにフッ素があると再石灰化を促進し初期虫歯が補修されます。

3.フッ素の塗布法

フッ素の塗布は歯科医師、歯科衛生士が行います。歯科医院でのフッ素塗布では濃度の高いものを使用します。ご家庭では毎日フッ素入り歯磨き粉やホームジェルのご使用をお勧めします。最近は市販の歯磨き粉でも高濃度のものが出ています。

4. フッ素の安全性

フッ素の安全性で問題となるのは、塗布時のフッ素の量です。一度に多量のフッ素を誤飲した時に急性中毒症状を起こす量は体重1キロあたり5mgとされています。(体重60Kgの大人の場合 300mg 体重10Kgの子供の場合 50mg)歯科医院で一度に塗布する量は18-20mgで中毒を起こす量ではないのでご安心ください。

5.フッ素塗布後の注意点

・フッ素を塗布してから30分間飲食は避けて下さい。

すぐにものを食べてしまうとフッ素が歯面から流されてしまい、歯への浸が 阻害されます。

・毎日の歯磨きはしっかりしましょう。

フッ素は歯を強くする働きがありますがそれを塗ったからと言って虫歯に絶対ならないとは限りません。

・定期的にフッ素を塗布しましょう

通常年に2-3回を目安に塗られると効果的です。

 

以上 歯科医師の阿部が担当でした。

歯磨き粉

こんにちは。

雨が降ったり止んだり、、例年なら梅雨入りしている時期にもお天気が続いていましたね。

数日前から1週間のお天気予想がずっと雨マーク☔︎
梅雨明けが待ち遠しいです。
先日、ミーティングを兼ねたお食事会に連れて行っていただきました!
当院では3ヶ月に1度ほど、外で食事をしながらミーティングをしています!
今回も席の時間いっぱいいっぱいまで、普段よりも深い話し合いができました。
これからもより良い診療のため、取り組んでいきたいと思います☺︎
〈美味しかった土鍋ご飯…❤︎〉
話は変わりますが、メンテナンスに来てくださっている患者さまから、歯磨き粉ってどういうのがいいですか?と質問を頂くことがあります。
虫歯予防であれば、フッ素が入っているもので、なおかつ入っているフッ素の濃度がきちんと明記されているもの。歯周病予防であれば、抗炎症作用や殺菌作用のある歯磨き粉を選んで頂くようお話させていただきます。
また、実はあまり知られていないのが電動歯ブラシをお使いの場合で、手磨き用と同じものを使われている方が多いかもしれませんが、電動歯ブラシには研磨剤入りの歯磨き粉は不向きと言われています。
研磨剤は歯に付着した汚れ・着色を落とす効果が高いと言われていますが、使いすぎてしまうと表面に傷がついてしまうことがあります。
顆粒が大きいものや、毛の硬さ、過剰な歯磨き(磨く力、1日の磨く回数 など)に注意して頂ければ手磨き用でご使用頂くのは大丈夫ですが、電動ハブラシは振動が大きいため合わせて使ってしまうと研磨の効果が上がり傷がついてしまうので、研磨剤無配合のものが望ましいです!
当院でも歯科専売の歯磨き粉をいくつか置いていますので、ご来院の際は物販品ものぞいみて下さい(^_^)☆
歯科衛生士 山口