フロスのやり方

こんにちは。

今回は、フロスのやり方についてお話ししたいと思います。

フロスには、ホルダータイプとロールタイプの二種類あります。

ホルダータイプのものは、ホルダーにフロスがついてるものになるので、そのフロスの部分を歯と歯の隙間にまっすぐ当て、ゆっくり横に動かしながら歯と歯の間に入れていきます。上から下へフロスを通すだけでは汚れはとりきれないので、必ず隣り合う歯の両方の面を磨くようにしてください。その後ゆっくり横に動かしながら取り出します。

ロールタイプのものは、フロスを40センチくらいに切ります。両手の間隔が10センチくらいになるように左右の中指に23回巻きつけ、そのフロスを両手の親指と人差し指でつまんで、ピンと張るようにします。ピンとはっている部分の長さは23センチくらいにするとやりやすいです。この状態で、歯と歯の間に通していきます。ゆっくり前後に動かし、歯の根元まで入ったら、歯に沿わせるように上下に動かし、磨いていきます。こちらも、隣り合った歯の両方の面を磨いていき、横にゆっくり動かしながら取り出します。

どちらのタイプも慣れるまで少し難しいかもしれませんが、効果はとても高いので、まずは鏡をみながらやってみましょう!

フロスには、歯ブラシでは届かない歯と歯の間の汚れ、歯と歯茎の間の汚れをとるという役割があります。汚れをとることで、虫歯だけでなく歯周病や口臭の予防、改善につながります。

また、フロスをした時に引っかかったり切れたりする場所には、虫歯や詰め物の不具合が生じている可能性があったり、歯茎から出血した場合は歯周病の可能性もあるので、一度歯科で診てもらうことをおすすめします。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科助手 星野が担当いたしました。

歯肉の形、気にしていますか?

みなさま、こんにちは。

ようやく暑さも落ち着き、秋が深まってきました。家にいるともうわりと寒く、そろそろこたつを出そうか考えています。

 

みなさまは、お家で歯磨きの時などご自分の歯肉の状態を鏡で見たりしますか?世田谷区の成人歯科検診の検診項目としてこの内容があり、検診を受けられる方に質問すると、私の体感として半数ほどの方が鏡で見ていると答えられます。素晴らしいです。

私はこの歯科衛生士という職についてなかったら、おそらく自分の歯肉の状態など全然気にしていなかったと思います。

この検診の項目としては歯肉の腫れの状態をチェックしますか?という意味合いで聞いているのが大きいと思いますが、今回は、歯肉は腫れている、腫れていないだけではなくほかにも形態があり、そのなかでも特徴的なもの二つを書きたいと思います。

 

1.スティルマンのクレフト

主に歯の表側の歯肉が深いV字型になってしまった状態です。原因としてはかみ合わせが強く当たっている場合や、強い力で大きく横磨きをするような不適切な歯磨きがあげられます。

2.マッコールのフェストゥーン

歯の根元の歯肉がロール状に肥厚した状態です。こちらもかみ合わせ、誤った歯磨きや力の入れすぎによって起こります。

 

いかがでしょうか。ぜひみなさまも鏡で確認してみてください。

意外と正しく歯を磨くというのはとても難しいものです。いつまでも健康的なお口の状態を保てるように当医院でサポートさせていただいております。みなさまの定期健診、定期メンテナンスの受診をお待ちしております。

 

担当は 世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック 歯科衛生士 田村でした。

舌の役割

こんにちは。

いきなりですが、舌にはどんな役割があるかご存知ですか?

美味しいものを味わう、会話を楽しむ等々…

舌にはさまざまな役割があり、大切な働きをしてくれています。

 

今回はそんな舌の役割と関係についてお話ししていきたいと思います!

 

①味覚

舌の表面には味蕾(みらい)と呼ばれる味を感じるためのセンサーがあります。

このセンサーによって甘味、苦味、塩味、酸味、旨味を感じる事ができます。

 

➁咀嚼と嚥下

食べ物を口に取り込むときにまずは舌で受け取り温度や食感を感じ取ります。

噛み砕くときには舌で歯と歯の間に食べ物を運んだり、上手く噛めるように食べ物をささえ、細かくなった食べ物を再び集めて歯の上に移動させていきます。

また、唾液を分泌するのを助け食べ物に消化液を混ぜ合わせて飲み込みやすい形にしていきます。

飲み込む段階になると食道にむかって食べ物を送り込んでいきます。

 

③発音

発音をするのには舌と唇がとても重要になります。

わたしたちが普段話している音には、主に口を使って発声するもの(マ行、ワ行)と舌の役割が大きく関わるもの(カ、サ、タ、ナ、ヤ、ラ行など)があります。

舌は柔軟に動き異なった音を発する助けをしているため、舌の動きが悪くなるとうまく話す事ができず、相手にも伝わりづらくなってしまいます。

 

④歯並び

舌先は何もしていない安静時や物を飲み込む時には上の前歯の少し後ろ位置にあります。

特定の歯を舌で押す癖や口呼吸などの影響で舌の位置が下がってしまっていると、舌が前歯に常に当たっている状態になってしまいます。

物を飲み込む時に前歯を舌で強く押してしまい、歯と歯の間が開いてしまったり、前歯が前に出てきて上下の噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。

 

このように舌にはたくさんの役割があり私たちが生活していくうえで重要な働きをしてくれています。

 

鏡でご自身の舌の色を確認してみてください。

綺麗なピンク色ではなく、白っぽい色をしていたら要注意です。

 

舌には舌苔と呼ばれる汚れがつくことがあります。

舌苔がある場合は優しくお掃除をすることが必要になります。

 

ゴシゴシと歯ブラシで擦ってしまうと舌に傷がついてしまったり、味を感じる味蕾を傷つけて、味が感じづらくなってしまいますので、専用の舌ブラシなどでお家でケアをしてみてくださいね。

何か気になることがありました、定期検診やクリーニングの時にお気軽にご相談下さい☺︎

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 安部が担当致しました。