インフルエンザの感染予防対策

こんにちは!

昨日は東京にも雪❄️が降り寒い1日でしたね。

風邪をひいたり、体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?

そして、インフルエンザも流行っていますね。。

高熱、のどの痛み、関節の痛みなどなど、つらいですよね。

そして出勤・登校・登園停止の期間も結構な日数になるので、これまた大変です。

 

実は先月、私も10年振りにインフルエンザA型にかかってしまいました。

悪寒と節々の痛みと戦い、3日間寝込んでしまいました。

子供たちと主人に感染させてしまうと、一家全滅の危機になってしまうと思い、感染予防対策をしました。

 

一般的にインフルエンザにかからないようにするには、

①感染経路を断つ ②予防接種を受ける  ③免疫力を高める、などのことが大切と言われます。

 

①感染経路を断つ 

インフルエンザウィルスは飛沫感染、接触感染により、体内に侵入してきます。

飛沫感染は、咳やくしゃみでウィルスを含む唾液の飛沫が飛び散り、それを別の人が吸い込んでしまう感染経路です。

「とにかく離れる」「マスクの着用」を心掛けました。

眠るときは別室にして隔離しました。

同じ部屋であれば、枕の向きをそろえて並んで寝るのではなく、互い違いにするだけでも、相手の顔からの距離がとれるようになり効果的なようです。

そしてマスクの着用も大事です。

患者、家族の両方がマスクを着用することで、患者からの飛沫の飛び散りと、飛び散った飛沫を家族が吸い込むことの両方を防ぐことができます。

一方、接触感染は、咳やくしゃみでウィルスを含む唾液の飛沫や鼻水が手などにつき、それがドアノブなどの共用部を介して他の人に広がっていく感染経路です。

この経路での感染を防ぐには、予防の定番「手洗い」「マスク」が有効です。

生活していると、身の回りの色々な場所を手で触ります。ドアノブ、テーブル、食べ物、洋服などなど。

患者のウィルスが付着しているかもしれないものばかりです。そしてその手で、目や髪の毛、口元、頬、鼻など、自分の顔まわりも触ります。

もしウィルスが口などに入れば、感染につながります。

殺菌や消毒効果のある消毒用エタノールはインフルエンザを予防するのに効果的です。手指消毒として使用することもおすすめです。

そして、タオルは患者と共用にしない方がよいそうです。タオルを介して家族に感染が広がる可能性があるためです。

 

予防接種を受ける

重症化や合併症を防いだり、発症をある程度抑える効果は認められているので、予防接種もインフルエンザ対策に有効です。

予防接種をすることで、あらかじめ病原体と戦うための体の準備ができます。

ただ気をつけないといけないのは、他の病気のワクチンと違い、インフルエンザワクチンの接種は発症を完全に抑えるものではない、という点です。

今回、私は出遅れてしまい予防接種ができていませんでした。

しかし、インフルエンザはA型の中にも異なる型、そしてB型もあるため、完治後に予防接種を受けました。

 

免疫力を高める

体の中に入ってきたインフルエンザウィルスを迎え撃つのは体の免疫システムです。十分な睡眠、食事をとることで、免疫が十分働けるようにする必要があります。

また加湿や水分補給も有効です。鼻・喉の粘膜細胞が乾燥すると、侵入してきたウィルスなどの異物を排出する力が弱くなります。

そして、歯磨きもインフルエンザの予防に効果的です。

口の中の細菌はプロテアーゼ、ノイラミニダーゼという酵素をつくります。プロテアーゼ、ノイラミニダーゼは粘膜を覆っているタンパク質を破壊して、インフルエンザウイルスが細胞にくっつき、侵入するのを手助けします。

なので口の中が汚れて細菌が繁殖すると、インフルエンザウイルスにとって格好の環境となってしまうため、インフルエンザが発症しやすくなってしまうということです。

歯科医院でのクリーニングもインフルエンザ予防になりますね。

 

小さな積み重ねがインフルエンザの発症を防いだり、万が一発症してしまったとしても重症化を防ぐことにつながることになるかもしれません。

 

感染予防対策をしてこの冬を乗り越えましょう!

 

✳︎歯科衛生士 辻尾✳︎

酸蝕症

こんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?
あすは成人式ですね🎊
新成人の皆様、おめでとうございます!
連休の中日はあいにくのにわか雨でしたが、
あすは晴れる予報のようです😊成人式日和になりそうですね🌟

さて、「酸蝕症(さんしょくしょう)」という言葉を知っていますか?

酸蝕症とは、酸によって歯が溶ける症状をいいます。
「むし歯」はむし歯菌が餌である糖を分解するときに作る酸で歯が溶けますが、「酸蝕症」は細菌が関与しないという点がむし歯と違います。

以前は塩酸・硫酸・硝酸などを扱う工場において、酸のガスやミストが直接歯に作用して溶ける職業病として知られていましたが、最近は一般の方のお口の中でもみられるようになってきました。

原因は

・胃酸 ー 逆流性食道炎、摂食障害

・酸性の薬剤の服用 ー ビタミン剤、アスピリン 等

・酸の強い食品の摂り過ぎ ー 清涼飲料水、スポーツドリンク、果物、クエン酸、酢 等

で、その中でも酸の強い食品の摂り過ぎが一番多い原因と言われています。

だらだら食べ、ちびちび飲みに心当たりはありませんか?
もししているようでしたら注意が必要です。

また、食後にきちんと歯磨きをしている方も酸性のものに触れた直後の歯は柔らかくなっていますので、摂取後30分程度時間を置くか、歯磨き前に一度お水で洗口をしてから磨くようにしてください。

牛乳やチーズなどは歯の脱灰を防ぐカルシウムやリンを含む食品なので、酸性の食品にと同時または食後に摂ると良いとされています!

さらに
唾液の分泌促進やフッ素の活用も有効なので、
キシリトール100%ガムやフッ素配合歯磨剤の使用、フッ素の洗口液の使用など、取り入れてみてくださいね。
※当院でも販売しておりますのでぜひご利用ください✨

酸性の食品を摂ってはいけないというわけではありません!!
酸蝕症を理解した上で食を楽しみましょう!!

歯科衛生士 山口

うがい薬

こんにちは

この頃はめっきり肌寒い季節となってきました。少しづつ春と秋の期間が短くなっているように感じます。

今回は含嗽剤、所謂「うがいぐすり」についてお話しさせて頂きます。

うがい薬の成分には、色々な用途があります。菌を抑制するもの、炎症を抑えるもの、口臭を防止するもの様々です。

それぞれについて説明させて頂きます。

①炎症を抑える目的:アズレンスルホン酸ナトリウム・・・咽頭炎、口内炎、急性歯肉炎、舌炎、口腔創傷などに使用します。商品は「水溶性アズレン含嗽用顆粒」があります。

使用方法は1回4-6mgを約100mlの水または微温湯に溶かして1日数回うがいするというものです。回数については人によって異なります。

注意して頂きたいことは歯を抜いた後に激しくうがいしてしまうと血餅と言われるカサブタのようなものが一緒に流れてしまう為、歯を抜いた後は激しくゆすがない様気をつけてください。

②殺菌消毒を目的・・・⑴イオン系、⑵非イオン系

⑴イオン系・・・イオン系の成分は歯や粘膜にくっつき易く、お口の中に残って長く効果を発揮してくれます。ですが、浸透する力が弱いため、お口の中にべったりと汚れ付いている場合は効果が薄れてしまいます。

イオン系含嗽剤にはグルコン酸クロルヘキシジン,塩化セチルピリジニウムなどの成分がありこれらのは、現在販売されている様々な歯科商品に含まれています。

グルコン酸クロルヘキシジンはとても効果のある成分ですが、濃度が高過ぎると逆に体に良くないものです。日本では、この成分でアナフィラキシーショックを引き起こした例があるため、濃度の高いものは認可がおりてません。

⑵非イオン系・・・非イオン系にものは短い時間しか効果が無いのですが、汚れの中へ浸透する力が強く、汚れの中まで殺菌する効果があります。

非イオン系にはポビドンヨードやトリクロ酸、エッセンシャルオイルなどがあります。

ポビドンヨードが入ってる商品は「イソジンガーグル液」等があります。

使用方法は15-30倍に希釈し1日数回うがいするというものです。

注意点は、甲状腺機能に異常がある方や、造影剤などでアレルギーのでたことがある方は使用しないようにしてください。また確実な研究は中々ないのですが、インプラントを入れている方も控えた方が良いかもしれません。

様々なうがい薬があり、効果、使用方法、注意点も様々です。ここに書ききれないものも多くあります。

ご自身の使用目的、お体に合わせてうがい薬も相談してみた方が良いかもしれません。

ご不明点等御座いましたら、ご相談ください、歯科医師濱岡玄でした。

 

 

 

 

 

秋分の日

こんにちは☺︎
明日は秋分の日ですね。
『暑さ寒さも彼岸まで』と言いますが、最近は暑さも和らぎ秋らしさを感じるようになってきました。
気温の変化で体調を崩さぬよう、羽織りものなどで調節するようにしてくださいね。
そして、台風も接近してきているようです。
西日本の方々や、先日被災された千葉県の方々は特に注意が必要なようですのでくれぐれもお気をつけください。

さて、話は変わりますが、この連休を利用し新潟に帰省しております( ˆ ˆ )
自宅から近いところにぶどう農園があり、そこにぶどうを買いに行ってきました!
皆さんご存知の通り、ぶどうの皮にはポリフェノールが多く含まれています。
このポリフェノールには、様々な健康効果があり、ポリフェノールが多く含まれる食物を食べると、抗老化・ガン予防・抗動脈硬化・高血圧予防などが期待できます。
他にも、ぶどうには渋味成分であるカテキンも多く含まれ、その中のアントシアニンは眼精疲労を回復させてくれる効果もあります。
脳の活性化を促したり、頭脳労働には欠かせない成分のブドウ糖も豊富です。
ぶどうは栄養成分がたっぷり含まれていて、健康効果も期待できるスーパーフードなのです!
皮の部分に栄養素がたっぷり含まれていますので、美味しい旬のぶどうをぜひ皮ごと食べてみてくださいね☺︎

担当は歯科衛生士新保でした。

息抜き

皆さまこんにちは。歯科衛生士の田村です。最近は日が暮れるのも早くなり、だんだんと秋が近づいてきたと実感します。夏が名残惜しい気もしますが、私は暑いのが苦手なので早く涼しくなってほしいですね。秋が待ち遠しいです。

 

さて、先月私は夏休みということで久しぶりに実家の秋田に帰省しました。まだ8月にも関わらず、天気もあまり良くなかったせいもあり、涼しくて帰省中は暑いと思うより、寒いと感じることが多かったです。東京と比べると蒸し暑さもなく、過ごしやすくて、そういった面では秋田含め東北の夏は良いと思います。皆さまも来年の夏は避暑に東北に足を伸ばされてはいかがでしょうか。

私はペットを飼っており、家を空けられるのは長くて二日間なので、今回実家には二泊三日で帰省しました。その間に家族で観光に青森県まで行ってまいりました。

そして青森といえば林檎。ということで、街中は至るところが林檎で溢れていましたが、その中でも綺麗だなと思ったのが、林檎を炭化させて作ったオブジェです。それが上の写真になります。綺麗な形ですが本物の林檎を炭にして作っているようで、形も崩れずこんな風に仕上がるのかと、思わず写真を撮ってしまいました。

そして、今回の観光のメイン目的はこちらです。

青森市で開催されていたエヴァンゲリヲン展です。もうすぐ新しい映画が公開されることもあり、過去の映画の原画や、CGでアニメーションを作る過程、そしてそれが組み合わさって出来上がった映像など沢山展示されていました。限定グッズなどもあり、ファンにはたまらないことでしょう。私はそんなに興味もなく完全に家族に付き合った形でしたが十分楽しめました。

短い期間の帰省でしたが久しぶりに両親にも会い、リフレッシュ出来ました。またしばらく仕事も頑張れそうです。

皆さまも頑張りすぎないよう、息抜きしながら日々お過ごしください。