かぶせた歯は痛くないから大丈夫?

こんにちは、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今週で9月も終わり、暦的にはもちろん気候的にも本格的に秋に入ります。

近所の公園に彼岸花が咲き乱れています。彼岸花は朱色が当たり前だと思っていたのですが白い物も混ざっていて、これはこれで綺麗だなと感じながらいつも通勤しています。

彼岸花が咲く時期、お彼岸ですね・・・皆さんお墓参りに行きましたか?

行くまでは面倒だなと感じてしまうのですが、行ったら行ったで心が安らぐのはどうしてでしょう?毎回、やっぱり行って良かったなと思います。

さて話は変わりますが、被せた歯はもう虫歯になることはないと思っている方はいませんか?だって痛みも感じないし、虫歯になっても大丈夫などと思っていませんか?

被せた歯は、大体が根の中の神経を取ってから土台を入れて、しっかり被せている(いわゆる差し歯)ので、痛みを感じないことが多いです。

しかし、根元と被せ物のわずかな境目から、虫歯菌が侵入してそこから虫歯になることも多いのです。

歯ぐきで隠れていて境目が見えないことも多いので意識しづらいですよね!

痛くないので、中でむし歯になっていても気付かなかったなんてこともあります。また、金属で被せている場合は中の虫歯はレントゲン写真ではうつりません。根が虫歯によりダメになったら差し歯もできなくなります。虫歯菌は細菌ですのでしっかり被せてもその境目から侵入してしまうことも・・・

なので普段ご自身でしている毎食後の歯磨きはもちろん、細菌を減らすためにも定期的にするプロフェッショナルなメンテナンスも必要なのです。虫歯を削って取り除いた。詰めた。被せた。で安心ではありません!

10月は土曜日のみ来年のカレンダーを配布し始めます。毎年大変ご好評いただいております。

今年もあと3ヶ月で終わりだと考えるとあっという間ですね。年取るのも早く感じます。

彼岸花が終わったら金木犀の花が咲き始めますね。今、金木犀の香りのヘアオイルや香水が流行っているそうです。通勤の電車の中にも漂って来ます。金木犀アレルギーの私は秋以外でもこの香りを嗅ぐのか・・・と思っています。

この時期に多い台風で花が一気に落ちるのを待ってみます。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

受付助手 開作が今回担当させて頂きました。

 

 

アタッチメントの他にも

皆様こんにちは!
コロナを巡る状況は色々と変化していますが体調はいかがでしょうか?
自身で出来る感染対策に務め健康管理には気をつけましょう。

今回も続けて濱田が当ブログを担当させていただきます。
前回はアタッチメントのお話をさせていただきました。
今回はまた異なった種類の装着物のお話です。
アタッチメントは基本的にアライナー矯正を始めてから終了するまで歯面に付いたままの状態です。
ワイヤーを使った矯正では色々な形の補助的なバネを付けたりワイヤーの形を変えたりしますが、アライナー矯正でもアタッチメント以外に補助的な装置を歯面等に付けることがあります。
アライナー矯正は基本的に歯面をマウスピースで覆い個々の歯を掴むイメージで力をかけていくので、どうしても小さい歯や凹凸の少ない歯に力がかかりにくくなります。
そこでどうしても動きが悪い場合は歯面にボタンのような装置を付けてゴムで引っ張ったり、バネの様な装置を一時的に付けたりして歯の移動を行う事があります。
歯牙を動かす距離が大きいと意外と使用期間が長くなってしまう場合もあることをどこか頭の片隅にでも憶えておいていただきたいです。
アライナー矯正は通院回数が少なくすむのもメリットの一つですが、ある程度途中で経過を診て補助器具を付けたほうが良い場合があるので、治療計画に基づいてのチェックをお勧めします。

アライナー矯正はマウスピースをはめるだけのイメージもあると思いますが、色々と経過のチェックや調整が必要なことも知っておいてください。
それでは次回にまた他のお話をさせていただけたらと思います。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱田が担当いたしました

新常識!『歯の磨きすぎ』が歯と歯ぐきの老化を招く!!

皆さま、こんにちは!

早いもので9月になりました。

ようやくしのぎやすい季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

季節の変わり目、夏の疲れが出やすい時期ですので、くれぐれもご自愛ください!

 

さて、皆さん歯ブラシをする時に、歯をきれいにしようとするあまり、力を入れてゴシゴシ磨いていませんか?

最近、強い力で磨きすぎる「オーバーブラッシング」が問題視されています。

汚れが隅々まで取り切れないうえ、歯の表面に傷がついて着色の原因にもなります。

また、歯ぐきを傷つけて歯の根元が露出する「歯ぐき下がり」も招いてしまいます。歯の根元は柔らかい組織でできているため、虫歯になりやすいのが難点です。

①歯ブラシの柄をギュッと握って歯を磨く

②歯ブラシを交換後、1か月以内に毛先が広がる

③以前よりも歯が長くなったと感じる

④冷たいものや熱いものがしみる

⑤派手に音をたてて歯磨きしている

上記①~⑤の項目のうち、一つでも当てはまったら余計な力が入っている「オーバーブラッシング」の可能性があります。

歯ブラシを持つ時には、歯ブラシの柄をペンを持つように軽く握るのがコツです。りきまずに優しく磨くことができます。毛先が開かない程度の力で、小刻みに動かしながら磨いてみてください。

歯の磨き方や、おすすめの歯ブラシ、歯磨き粉などなど・・・

わからないことがありましたら担当の先生、歯科衛生士さんに遠慮なくご相談下さいね。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

トリートメントコーディネーター 山口が担当いたしました。