カリオテスト

みなさまこんにちは!

最近は朝夕すっかり涼しくなり、クーラーがなくても過ごせるような気候になってきましたね。
そろそろ扇風機をしまうタイミングかもしれません。

さて、普段から食生活や歯磨きの長さ・回数などを気を付けていても虫歯が心配・・・ということはありませんでしょうか。
浜岡歯科クリニックでは「唾液検査(カリオテスト)」を行い「なぜ虫歯になりやすいのか」「なぜ虫歯を繰り返してしまうのか」という本当の原因や予防方法を知ることができる検査をすることをお勧めしています。

「唾液検査」をすることでひとりひとり異なる虫歯の原因が判明し、それぞれにあった予防方法をご提案しております。

*普段のお食事の回数やよく飲む飲み物
*歯ブラシの回数タイミング

をお伺いし、クリニックで

*唾液
*プラーク

の採取をし、それを培養します。

その検査結果をもとに「虫歯リスクの評価」を行い患者様に「なぜ虫歯になってしまうのか(原因)」「予防するには何をしたらいいのか(予防法の提案)」をわかりやすいビジュアルデータを見ていただきながらご説明させていただき、虫歯になりにくい状態になるようお手伝いをさせていただきますので、気になる方はお近くのスタッフへお気軽にご相談ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 小林でした。

唾液の機能について

こんにちは。

少しづつ気温が下がり始めてきて、少しづつ過ごしやすい季節になってきました。

今回は唾液の機能ついてご説明させて頂きます。

唾液の中には、お口の状態を良くするための成分がたくさん含まれているため、お口が乾燥してしまうと虫歯、歯周病になってしまいます。

唾液の中の成分機能は大まかに以下のようになっています。

①殺菌・抗菌作用(菌を倒す・増やさない)

・ラクフェリン

菌の成長に必要な鉄を奪って、菌増殖を抑える。

・リゾチーム

細菌の防御機構を壊し菌を溶かす。

・ヒスタチン

歯周病関連菌が分泌するトリプシン様プロテアーゼ活性を阻害する。カンジダに対して抗菌作用を持つ

・ラクトペルオキシダーゼ

細菌の代謝経路を阻害する

・分泌型IgA

粘膜部位の免疫の一端をになっており、特異的に感染防御機構に関与する

など

②緩衝 (酸性に傾いたお口の中を元に戻す)

・重炭酸塩

・リン酸塩

③消化作用(食べたものを分解する)

・マルターゼ

2糖のマルトース(麦芽糖)を分解する

・アミラーゼ

デンプン、グリコーゲンを分解する。

・リパーゼ

資質を分解する。

などがあります。

大まかな成分と機能を説明させて頂きましたが、唾液がお口の中にとっても、とても大事なものだとわかります。

ご自身でお口の中が乾いてきた、歯磨きはしているのに虫歯、歯周病になりやすいなどの方は、しっかり唾液が出ているか検査してみてはいかがでしょうか。

是非ご相談ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱岡玄でした。

歯の色

こんにちは。

連日猛暑が続いておりますが体調崩されていませんか?
暑い夏は、熱中症予防にも冷房は必須と言われていますが、一方で冷房病(クーラー病、エアコン病とも言われます)にも気をつけなければいけません。

冷房病は、自律神経と関係があり、冷房の使いすぎにより自律神経のバランスが乱れると体調不良を引き起こしてしまいます。(自律神経は体温調節や発汗などのコントロールをしています)

・足腰の冷え
・疲労感、だるさ
・肩こり
・頭痛
・食欲不振
・神経痛、腰痛
・下痢、便秘、腹痛
・不眠
・むくみ
・頻尿
・鼻炎
・月経不順

なども症状として挙げられます。

急激な気温変化は良くないため、外気温に合わせてのエアコンの温度設定や、直接冷風を浴びないなど、上手く工夫をして冷房を活用しながら、熱中症・冷房病の予防をしていきたいですね。

 

さて、話は変わりますが
メンテナンスをさせていただく際に、「歯の茶色いのが気になります」とお話を聞くことがあります。

クリーニングで綺麗にできるものや治療が必要なものなど、原因は様々です。

原因
①虫歯によるもの
②歯の神経が死んでしまった(神経の治療をした歯も同様)
③レジンの経年劣化(詰め物や被せ物の材料によっては経年劣化により変色してしまうことがある)
④飲食物や喫煙などによる着色(ステイン)
⑤加齢による変化
⑥抗生物質の影響(幼少期にテトラサイクリン系抗生物質を服用すると、副作用として歯の変色が起きる)

このうち、歯の表面についた着色(ステイン)に関してはクリーニングで綺麗にすることが可能です!
他の原因には、詰める・被せる治療やホワイトニングがありますが、ご自身での判断は難しいと思いますので、ご相談いただければと思います。
ぜひ、定期的なチェックも兼ねてご来院ください🌟

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

担当は歯科衛生士 山口でした。

熱中症

皆さまこんにちは。長かった梅雨も明け関東もようやく梅雨明けしましたね。毎日毎日雨ばかりですっきりしない天気が続きましたが、8月に入り、ようやく夏らしい気候になってきました。蝉の鳴き声も勢いが増した気がします。

 

さて、そんな暑い時期に怖いのが熱中症です。よく聞く単語ですが皆さまはどういうものか知っていますか?

熱中症とは気温の高い環境で起こる健康障害の総称です。体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、倦怠感、痙攣や意識障害の症状が起こります。

熱中症の要因は「環境」、「からだ」、「行動」の3つで、これらが重なったときに起こる可能性が高いそうです。

一つ目の要因「環境」は高い気温や湿度、強い日差し、風通しが悪い締め切った部屋などです。

二つ目の要因「からだ」は高齢者や乳幼児、肥満の方、下痢やインフルエンザで脱水状態、糖尿病や精神疾患といった持病、寝不足や二日酔いといった体調不良、低栄養状態など。

三つ目の要因「行動」は激しい運動や慣れない運動、長時間の屋外作業、水分補給できない状況などです。

これらが重なると体温が上昇と調節機能のバランスが崩れ、どんどん熱が身体に溜まってしまい熱中症を起こしてしまいます。

 

熱中症を予防するには涼しい服装をしたり、日傘や帽子を利用したり、水分、塩分補給をこまめに行うと良いとのこと。また、室内ではエアコンや扇風機も上手に使うこも需要です。

そして、水分補給する時は水やお茶だけでなく塩分も必要なのでスポーツドリンクや経口補水液が良いそうです。緑茶や烏龍茶、アルコールは利尿作用があるので要注意です。

 

このご時世、室内で過ごすことも多いと思います。屋内でも熱中症に気をつけてお過ごし下さい!

 

担当は世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック 歯科衛生士の田村でした。

 

 

歯石

こんばんは!

今日は久しぶりに日中、太陽が続けて出ていました。いつぶりでしょう?思い出せないです。今年の梅雨は長く感じますね!例年はそろそろ終わる頃ですよね。九州や中部地方では集中豪雨でコロナウィルスが流行している中、避難も大変だったと思います。どうしていたのでしょう?去年10月の多摩川の氾濫を思い出すと、人ごとではないです。

話しは変わって、先週、私の休みの金曜日に当医院の衛生士さんに歯の定期メンテナンスをしてもらいました。

当医院のスタッフは患者さんと同じように休みの日に3か月に1度、定期メンテナンスを行っています。

この頃食べ物がはさまりやすくなった箇所があり、歯科衛生士さんに相談したところ、くいしばりで歯が少し揺れていることが原因のようでした。現在のお口の中の状況を説明していただいてからクリーニングが始まりました。

私の場合は、だいたい下の前歯の内側の歯の間に歯石がついています。歯科医院勤めなので結構しっかり磨いているつもりなのですが、毎回なのです。これが3か月どころではなく何か月もメンテナンスしなかったらどうなっちゃうのだろうと思います。

歯石は唾液中のカルシウムが歯垢に沈着して硬くなったものです。なので唾液腺(唾液が出てくる所)の近くの上の奥歯の外側や下の前歯の内側などは特にが歯石つきやすい場所です。硬いので自分では取れませんので、メンテナンスで取っていただくしかありません。定期的にかかさず行かなくてはと思います。

また、患者様にもいつも言っていただくのですが、このすっきりとした気持ち良さは普段の歯磨きでは無理!本当に私もそう思います。

コロナウイルスが一段落ついたら歯が痛くなくてもこの気持ちよさを味わいにいらしてください。

受付助手の開作でした。