アタッチメント

皆様こんにちは
コロナは完全には終息していませんが、世の中は少しづつですが以前の常態に戻ろうとしている感じですね。自身で出来る感染対策に務め健康管理にはきをつけましょう。

さて、今回も濱田が当ブログを担当させていただきます。
もう少しアライナー矯正の相談を受けた時のお話をしてきたい思います。

皆様だいたいワイヤー矯正の見た目がきになるので、アライナー矯正をお考えだと思います。
ぱっと見た目は自分の歯の周りを透明なマウスピースのようなものが覆っているだけに見えます。
実際には、ご自身の歯の表面に凸型のアタッチメントと言われる突起物が付いています。歯の色と同じなので、良く見ないとわかないかもしれません。

ワイヤー矯正の場合は歯にブラケットを付けそこにワイヤーを通すことで矯正力をかけます。
アライナー矯正ではワイヤーのかわりにアライナーと呼ばれるマウスピースをつけますが、それだけでは歯に加わる力が弱いので、アタッチメントと呼ばれる凸を利用することで矯正力をかけているのです。
矯正は弱い力を持続的に加える事によって歯を移動させていますが、凸の形によって歯を目的の場所へ動きやすくしています。

歯の移動が終了した時に外すのですが、矯正中は凸凹があるので境目がう蝕になるリスクが少し上がりますので歯磨きに十分気をつけてください。

アライナー矯正をお考えの方はぜひ知っておいてください。
それでは次回にまた他のお話をさせていただきます。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱田が担当いたしました

インビザライン治療経過日記 目次