私のインビザライン日記②資料集め

今回は、インビザライン治療に向けての資料集めについてです。


インビザライン治療の相談に必要な資料が以下の3つです。

① 顔貌写真

 

② 口腔内写真

③ シリコン印象

使い捨てのトレーを使用して型取りをしていきます。

 

資料集めは大変ではありませんでした。

これらの資料をもとに、先生が精密な治療計画を立てていきます。

次回はその治療計画についてお伝えします。

歯並びが気になってはいるけど、従来の装置は付けたくないと思っている方。

お気軽にスタッフまでお気軽にお声掛けください!!

治療が終わったら・・・

治療が終わったらメンテナンスを受診されることをおススメします。「えー、やっと終わったのにまた来るの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、メンテナンスを受診されることはご自分の歯を残すためにも重要なポイントなのです。

Point 1.治療だけでは歯は残らない…

若いうちからメンテナンスを受けていると、将来自分の歯を多く残せることが統計的にも明らかになっています。

メンテナンスを受けた方と、治療だけ受けた方の残存歯数の差は60代で3.4本、70代で8.6本、80代で8.9本 とメンテナンスを受けた方のほうが多く残っています。

またメンテナンス受診率と80歳での残存歯数を見ていくと歯科先進国のスウェーデンで受診率90%で残存数25本、アメリカ80%で17本、イギリス70%で15本、日本2パーセントで12.2本となっています。

このデータからもメンテナンスの有効性は明らかです。

Point 2.歯を失う原因は虫歯だけではない?

40歳以上の方が歯を失う主な理由は歯周病です。歯周病は痛みがなく進行しますので、虫歯だけではなく歯周病予防のためにもメンテナンスを定期的に受診されることをおススメします。

Point3.クリーニング・メンテナンスだけでも来ていいの?

歯医者さんには虫歯がなければ行ってはいけないと思っている方が多いようです。歯周病の主な原因である歯石は歯磨きでは取れません。ぜひ我々プロにお任せください。浜岡歯科クリニックでは約1600名の方がメンテナンスで来院されています。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック 歯科医師 阿部が担当しました。

 

キシリトール

こんにちは。

雨で肌寒い日が続いていますね。金木犀の花もたくさん落ちてしまい残念です。

季節の変わり目は体調を崩しやすいです。みなさまもご自愛ください。

 

今日は、ガムやタブレット、歯磨き粉などに含まれているキシリトールについてお話したいと思います。

キシリトールは天然の糖アルコールで、果物や野菜などに含まれており、人体でもつくられています。また、白樺の木糖に含まれる成分を原料として工業的につくられることもあります。甘味度は砂糖と同等であり、糖アルコールのなかではもっとも強いのが特徴です。

 

キシリトールには

➀だ液の分泌促進

➁再石灰化:歯の修復を促す

➂非発酵性:むし歯の原因となる酸をつくり出さない

➃プラークの改良:プラークの量・付着性を減少させ、歯ブラシで落としやすいプラークにする

➄ミュータンス菌の抑制:むし歯の原因になりやすいミュースタン菌の数と酸の生産を減少させる

といった作用があります。キシリトールがむし歯予防に効果的と言われるのは、糖アルコールが持つ作用➀➁に加え、➂➃➄の特別な作用を持っているからなのです。

むし歯予防の効果を十分に発揮させるためには、キシリトールができるだけ高濃度(50%以上)で含まれていること、砂糖などの甘味料が含まれていないことが大切です。成分表示を見て、キシリトールの割合やシュガーレス・糖類ゼロのものを選んでみて下さい。

ガムやタブレットは長い時間お口の中に留めておくことができ、生活の中に取り入れやすいのでオススメです。

1日3〜5回、3か月以上続けると効果的と言われています。

食事やおやつの後、口寂しい時など、毎日の生活の中にぜひ取り入れてみて下さい。

 

キシリトールは予防に効果的ですが、キシリトールを摂取するだけではむし歯予防にはなりません。

お口の健康を保つためには

・毎日の歯磨き

・フッ化物の応用(フッ素入り歯磨き粉、フッ素塗布、フッ素洗口)

・正しい食生活

・歯科医院での定期検診

これがとても大切ですので、定期検診やご相談にも是非いらして下さい。また、浜岡歯科クリニックでは歯科専用のキシリトール100%のガム・タブレットをご用意しております!ご来院お待ちしております!

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 遠藤

私のインビザライン日記①

みなさん、インビザラインという矯正方法をご存知でしょうか?

 

簡単に説明すると、透明なマウスピースを使った歯列矯正のことです。

インビザラインで使用するマウスピースはアライナーといいます。このアライナーを上下の歯にはめて、歯を動かしていきます。

 

透明なマウスピースを装着するため、目立つことなく矯正をすることができます。そこに一番の魅力を感じ、インビザラインを始めることにしました!

 

<私がインビザラインを始めようと思った理由>

①見た目の改善:下の前歯がガタガタで、見た目が気になっていました。口を閉じた状態では一見キレイに見えますが、笑ったりで口を開けると下の前歯の歯並びが見えてしまうのがコンプレックスでした。

②清掃不良:下の前歯に重なっている部分があり磨きづらく、清掃不良になりやすくなってしまい、歯茎の炎症が生じることもありました。歯並びが良くなれば清掃もしやすくなると思いました。

③矯正へのハードルが高かった:矯正そのものに興味はあったものの、ワイヤーの矯正装置をつけるのに抵抗があり、目立たない矯正をしたいと思っていました。

 

<私が感じるインビザラインのメリット>

①目立たない:透明なマウスピースを装着するため、一見矯正しているようには見えません。

②清掃がしやすい:歯磨きの時にアライナーを外すので、普段通り磨けます。磨きづらさは感じませんでした。

 

今後、インビザラインを行っていく手順や、その際に私が感じたことをブログに記していきます。矯正を検討している方々の参考になれば幸いです。

次回は資料集めについてです。

妊娠性歯肉炎

みなさんこんにちは。

早いものでもう10月ですね。

朝晩涼しく、日中も過ごしやすい季節になりましたね。

秋は美味しい物がたくさんあり、とても好きな季節です。

 

みなさんは妊娠性歯肉炎という言葉を聞いた事ありますか?

妊娠性歯肉炎というのは妊婦さん特有の症状です。

妊娠するとお腹が大きくなるだけでなく、お口の中も変化します。

妊娠中はホルモンバランスが変化するだけではなく、つわりや食生活の乱れも生じ、歯磨きが不十分になってしまう事も多く、歯肉炎のリスクが高くなります。

妊娠中に歯周病になってしまうと、早産や低出生体重児になる可能性もありますので気をつけたいですね。

妊娠性歯肉炎の予防の一つはこまめな水分補給です。

妊娠中は唾液の分泌も悪くなりますのでお口の中が乾燥しがちです。

乾燥していると歯周病の原因となる細菌が繁殖しますので甘くないお茶やお水をこまめに飲みお口を潤わせて下さい。

また、なんと言っても歯ブラシがとても大切です。

つわりで辛い時期は歯ブラシをしたくても磨けない時期があると思います。

その様な時は子供用の小さな歯ブラシを使って頂いたり、下を向きながら息を吐くようにゆっくり磨くと少し楽に磨けます。

体調のよい時に歯ブラシをしてみて下さい。

浜岡歯科クリニックでは産前産後検診も承っております。

妊娠中だからこそのクリーニング!

ご相談もお待ちしています。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 小畑が担当致しました。