虫歯予防週間

皆さんこんにちは☺︎

梅雨に入りスッキリしないお天気が続いていますね。昨日の東京は雨のせいか気温も低く少し肌寒く感じました。
気温の変化が激しい季節となっておりますので、体調を崩されないようお気をつけください。

さて、6月4日は何の日だったか皆さんご存知ですか?
6(む)と4(し)の語呂合わせで【虫歯予防の日】と言われています。
また6月4日〜10日までの1週間は、厚生労働省・文部科学省・日本歯科協会などが歯の衛生週間を実施しています。
残念ながら日本では高齢になるに従って、歯を失う人が多いのが現状です。
けれども、日頃から歯磨きなどの口腔ケアをしっかり行っていれば、歯の寿命をもっと延ばすことができます。
お口の中の汚れとしてよく聞く言葉に、【歯垢】【バイオフィルム】【歯石】がありますが、それぞれの違いについてご存知ですか?
【歯垢】とは、食後8時間程度でできる微生物の塊のことです。食べかすが細菌の栄養源となるために、食後に発生します。
歯垢が口腔内に長時間留まって膜のようになったものが【バイオフィルム】です。歯垢は食後の歯磨きで取り除くことができますが、膜のようになって歯に付着しているバイオフィルムの状態になると、歯科医院のクリーニングでないと取り除くのが難しくなります。
さらに、歯垢が唾液中に含まれるカルシウムやリンと反応して石灰化すると【歯石】となります。歯垢が歯石になってしまうと、日頃の歯磨きだけでは取り除くことはできず、歯科衛生士による歯石除去や歯のクリーニングが必要になります。
虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、全身の健康にも大きな影響を及ぼし、命取りになることもあるのです。
病気のリスクを減らすためにも、口腔ケアをしっかり行ってお口の中を清潔に保つことが大切です。
歯の衛生週間をきっかけに、口腔ケアを実践する習慣を身につけましょう!

担当は歯科衛生士新保でした( ˆ ˆ )

フッ化ジアンミン銀

皆さまこんにちは。最近は雨も多く梅雨本番という空模様ですね。寒かったり暑かったりで服装が難しいです。

 

さて先日私は「2019年これからの予防歯科を考えるシンプルで効果的カリオロジーのトレンドを学ぶセミナー」という講習会に参加して来ました。

予防歯科の最先端は北欧です。特にスウェーデンでは国や町などで力を入れて取り組んでいるようです。ほぼ全ての人が歯のメンテナンスも受けていることが前提の話も多く、そう言った海外の話しを聞くと日本はまだまだメンテナンスで来院される人は少なく浸透していないんだなぁと感じます。

そんな最先端の国の予防歯科の研究のお話もあれば何十年経っても変わらず、効果を発揮している薬剤のお話もありました。フッ化ジアンミン銀というもので約50年前に西野瑞穂先生が開発されたフッ素と銀の力でムシ歯の進行を抑制させる薬剤です。高度経済成長期に日本では小児のムシ歯がすごく増え、その時になんとか出来ないものかと開発されたと仰っていました。使い方も簡便で、簡易防湿した歯牙に塗布するだけと、小児には有難いことだったでしょう。

現在では小児のムシ歯はだいぶ数が減り、臨床では高齢者のムシ歯の進行抑制に使われるケースが多いように思います。しかし海外ではまだまだフッ化ジアンミン銀の力を必要とする経済発展途上国が沢山あることを教えて下さいました。

 

こういった講習会は普段働いている診療室にしか目がいかない私の視野を広げてくれます。世界では最先端の予防歯科でムシ歯を未然に防げる国がある一方、小児が生えたばかりの永久歯を治療もできず抜歯して失う国もあります。国ごとに医療の面だけではなくたくさんの事に格差が大きい世の中ですが、いつか全ての人たちが健康でいられる世界になることを願わずにはいられません。

 

担当は歯科衛生士田村でした。

テトラサイクリン歯

天気予報では入梅日が発表されましたね。皆さまお健やかにお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?。

今日は歯の変色であるテトラサイクリン歯についてお話しします。

永久歯の形成期(0~12歳頃)にテトラサイクリン系抗生物質服用をした作用としておこるのがテトラサイクリン歯です。服用した時期によって変色の位置が異なり、前歯から第1大臼歯に左右対称的に現れます。またテトラサイクリン系抗生物質は多くの種類があり、薬によって変色の色が異なります。変色は紫外線によって濃くなります。

変色はありますが、歯自体には問題はありません。

テトラサイクリン系抗生物質は、以前はマイコプラズマ肺炎や百日咳の特効薬として使われていたため、昭和40年代に生まれた世代の方に最も多くみられます。その後歯に対する副作用が認められ使用が控えられています。しかし治療上の有益性が危険性を上回ると判断された場合には処方され、現在でも20代後半から40代までは歯に薄い黄色の縞模様が認められる人がいらっしゃいます。

次にテトラサイクリン歯の歯科医での治療法をご紹介します。

<ホワイトニング>

歯の表面に薬剤を塗布して歯を白くするので、歯を削らない歯に優しい方法です。強く変色してしまっている場合は対応できないこともあります。

<ラミネートベニア>

歯の表面をうすく削り、そこにセラミック製のシェル状のものを貼り付ける方法です。ホワイトニングが効かないような強い変色にも対応でき「ホワイトニング以上に歯を白くしたい」というニーズにも応えられます。歯ぎしりや食いしばりが強い場合には特にお勧めしません。

<セラミッククラウン>

セラミック(陶器)でつくられた被せ物を歯の上にすっぽり被せてしまう方法です。ただし、元の歯を削って小さくする必要があります。もとの歯と同じ位置に被せるので違和感はほとんどありません。歯並びに凹凸がある場合は歯の向き(軸)を変えることも出来ます。しかし、歯を全周にわたって削るため、もとの歯には戻れません。また歯の向き(軸)を変える場合は神経をとる必要があることが欠点といえます。

テトラサイクリンによる歯の変色は目立たなくする事ができます。もし気になることがございましたら、是非一度ご相談ください。

担当は歯科医師小嶋智子でした。

気温変動の激しい季節の変わり目となっております。お身体をどうぞご自愛ください。

 

指しゃぶり

まだ5月なのに、連日真夏の暑さですね。暑さからの体力消耗、お疲れなど出ていませんか?。

今回はお子さんの健診でよく質問を受ける指しゃぶりについてお話ししたいと思います。

まず指しゃぶりによって起こる問題です。①「上の前歯が前方にでる上顎前突」噛み合わせが悪くなるだけでなく、前歯が出てしまうことで唇が閉じ難くなって、いつも口を開けている癖がつき、口呼吸の習慣に繋がりやすくなります。口呼吸は感染しやすくなったり、全身の健康への影響が生じます。②「上下の前歯の間に隙間があく開咬」隙間があいていると、隙間に舌を押し込んだり、ごっくんする時舌で歯を押してしまう「舌癖」がつき、舌足らずな発音になることがあります。③「奥歯の噛み合わせが乱れてしまう片側性交さ咬合」

指しゃぶりは発達の上で必要な時期もあったり、子どもの体や心の発達具合で指しゃぶりの対応は違ってきます。

1)乳児期

生後5ヶ月になると、なんでも手にした物を口に持っていってしゃぶるようになります。しゃぶることで物の形や味、性状を学習するためと考えられています。つかまり立ち、伝い歩きをするようになると、指しゃぶりをしていてはこれらの動作が出来ないので減少してきます。しゃぶることには問題ない時期です。

2)幼児期前半(1〜2歳)

積み木を積んだり、おもちゃの自動車を押したり、お人形を抱っこしたりする遊びをするようなると、昼間の指しゃぶりは減少し、退屈な時や眠い時のみにみられるようになります。ですので神経質にならずに子どもの生活全体を温かく見守ります。ただ一日中頻繁にしていたり指ダコができる程の場合は4〜5歳になって習慣化しないための心がけが必要です。

3)幼児期後半(3歳〜就学前)

習慣化した指しゃぶりでも、保育園、幼稚園で子ども同士の遊びなど社会性が発達するにつれて自然に減少することが多いです。しかし4〜5歳になっても指しゃぶりが続く場合は小児科医、小児歯科医、臨床心理士のよる積極的な対応が必要です。

4)学童期

この時期になると指しゃぶりは殆ど消失します。止められない子の場合は小児科医、小児歯科医、臨床心理士による積極的な対応を行います。

 

指しゃぶりは3歳頃までは禁止の必要はありません。子どもの生活のリズムを整え、外遊びや運動をさせてエネルギーを十分に発散させたり、遊びやおしゃべりをして手や口を使う機会を増やすようにすることで指しゃぶりから遠のくことができます。またスキンシップを図るため、また就寝時の指しゃぶりには、寝つくまでの間子どもの手を握ったり、本を読んであげたりして、安心させてあげてください。絵本を読むときは一冊だけといわないで、好きなだけ読んであげると、指しゃぶりを忘れてねむりに入ることができるでしょう。

担当は歯科医師小嶋でした。

これから始まる暑い季節に向けて、体調を崩さないようにどうぞご自愛ください。

 

 

 

ゴールデンウイークどうでしたか?

こんにちは受付助手の開作です。

みなさん、ながーいゴールデンウイーク(まさにゴールデンでした。)は楽しめましたか?

私はみなさんが海外や地方に旅行に行っているあいだ、東京にいましたのでヨドバシカメラで家の冷蔵庫などを買いに行ったりしていました。やはり空いていてスムーズに買い物ができ、ゴールデンウィークで割引き率も良かったので得しました。少し高い物を買うなら消費税率引き上げ前に購入しなくてはならないですしね!

また5月4日も買い物で外にいたのですが夕方頃、急に空が暗くなり雹(ひょう)が降ってきました。車の屋根は聞いたことがない音がし、目的の島忠に着いてからも立体駐車場の金属の柵はカンカンとすごい音、近くにいた車も避難してきて駐車場はいっぱいに、買い物を終え帰ろうとすると車を停めていた3階は屋上からの雨水の排水が間に合わないためか水が溜まりだしていて少し怖かったです。私は府中市に住んでいるのですが競馬場のレースも中止になったと後で聞きました。お馬さんもたまったもんじゃありません。

長いお休みは慣れていないせいか何だかもったいなく感じ半分くらい後日バラで休みたいとも思いました。日本人らしい考えだと言われそうです。でも毎年あったらいいなと思う良いお休みでした。

お休みが終わって2週間近くがたちだいぶ体が戻ってお仕事をするモードになってきました。しかしながら風邪をひいている方も多いような感じがします。朝晩の温度差が大きいこの頃、ご自愛ください。