フッ素塗布

こんばんは。今回は虫歯予防に効果的なフッ素塗布についてです。

1.フッ素とは?

フッ素は毎日の食事を通して摂取される必須栄養素の一つです。歯を強化する効果が最も高いことから、世界各地で利用されています。国によっては虫歯予防の観点から水道水に入っているところもあります。

2.フッ素の虫歯予防効果

フッ素を歯に作用させると表面から取り込まれて、歯は丈夫になり虫歯に対して抵抗力が強くなります。また歯の周りにフッ素があると再石灰化を促進し初期虫歯が補修されます。

3.フッ素の塗布法

フッ素の塗布は歯科医師、歯科衛生士が行います。歯科医院でのフッ素塗布では濃度の高いものを使用します。ご家庭では毎日フッ素入り歯磨き粉やホームジェルのご使用をお勧めします。最近は市販の歯磨き粉でも高濃度のものが出ています。

4. フッ素の安全性

フッ素の安全性で問題となるのは、塗布時のフッ素の量です。一度に多量のフッ素を誤飲した時に急性中毒症状を起こす量は体重1キロあたり5mgとされています。(体重60Kgの大人の場合 300mg 体重10Kgの子供の場合 50mg)歯科医院で一度に塗布する量は18-20mgで中毒を起こす量ではないのでご安心ください。

5.フッ素塗布後の注意点

・フッ素を塗布してから30分間飲食は避けて下さい。

すぐにものを食べてしまうとフッ素が歯面から流されてしまい、歯への浸が 阻害されます。

・毎日の歯磨きはしっかりしましょう。

フッ素は歯を強くする働きがありますがそれを塗ったからと言って虫歯に絶対ならないとは限りません。

・定期的にフッ素を塗布しましょう

通常年に2-3回を目安に塗られると効果的です。

 

以上 歯科医師の阿部が担当でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です