妊娠中の口腔ケアについて

おはようございます。
台風が過ぎてから一気に秋らしくなって肌寒い日が続いていますね。

今日は妊婦さんの口腔内や虫歯予防についてのお話をさせていただきます。

妊娠しているときは、次のような理由から虫歯や歯周病などになるリスクが高まります。

・つわりで歯をきちんと磨けない

・つわりによる胃酸逆流のほか、酸っぱいものを好んで食べるので口内が酸性になりやすい(お口の中が酸性に傾くと虫歯が繁殖しやすくなります)

・一度に食べられる量が少ないので、食べ物を口にする回数が増える。結果、歯の再石灰化(溶けだした歯を元の状態に戻す働き)が起こる時間が短くなる。

・ホルモンバランスの変動によって唾液がねばつくようになり、歯周病菌が繁殖しやすくなる。

・産婦人科の通院などで忙しくなり、歯医者さんに行く機会が減ってしまう。

妊娠中に、虫歯菌や歯周病菌がお口から体内に入り込んでしまうと、妊娠37週未満で出産してしまう早産や、新生児の体重が2,500gに満たない低体重児出産を引き起こす可能性があるといわれています。
飲酒や喫煙でも同様のリスクがあるとされていますが、それよりも歯周病のほうが危険性は高いことがアメリカの研究によってわかっているそうです。

その為妊娠中はより一層虫歯や歯周病の予防が大事になってきます。
歯医者さんでフッ素を塗ってもらうと、歯の質が強くなるので虫歯予防の作用が見込めます。
また、キシリトールには細菌の増殖を抑える働きがあります。このふたつをうまく活用して、虫歯や歯周病対策をしていきましょう。

妊娠中からキシリトールを摂取することにより、お母さんの口腔内の虫歯菌が減少するので産まれてきた赤ちゃんへの虫歯菌の感染リスクを減らすことが期待できます。

産まれてくる我が子の為にも、自分の口腔ケアの為にもキシリトールの摂取はとってもおすすめです。

当院でもキシリトールのガムやタブレットの販売を行っておりますので、是非お買い求めくださいね。

今週のブログ担当は歯科衛生士の宍戸でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です