子供の歯の脱臼について

こんばんは!

なかなか梅雨が明けませんね。

去年は全国的に梅雨明けが平年より早く、九州から東海、北陸の梅雨明けは7月9日頃、ちょうど今頃には夏空が広がっていました。
関東甲信では記録的に早く、6月中に梅雨明けしていましたが、今年は一転、6月末から梅雨らしく曇りや雨の日が続いており、東京では一日の日照時間が3時間に届いていない日が、今日まで2週間近く続いています。梅雨がより長く続いているように感じられ、いよいよ青空が恋しくなってきました。

20日以降は晴れる日が増える予想で、いまのところ梅雨明けが平年より大幅に遅れることはなさそうです。

夏を楽しめる期間は本当に短いので、早く梅雨明けしてほしいですね。

話は変わりますが、半年ほど前にうちの4歳の娘が階段から落ちて前歯を打ってしまい、前歯がグラグラになってしまいました。
小さい子はよく転んだり、ぶつけたりと、小さな事故が多いかと思います。
今日はそんな時の対処法をご紹介します。

歯がグラついたり、位置がズレたりすることを、歯の「脱臼」、歯茎の中にめり込んだ状態を「埋入」と言います。
乳歯の生え変わりの時期で乳歯の根が溶け、もともとグラついている状態であれば、ほとんどの場合は処置の必要性はありません。
しかし、生え変わりまでに時間がかかる乳歯や永久歯の場合は、処置が必要です。
脱臼した歯をそのままの状態にして、できるだけ早く歯医者さんを受診しましょう。

歯医者さんでは、歯を元の位置に戻してから、ワイヤーなどを使って、隣の歯に固定し、歯茎など、歯の根の組織が回復するのを待ちます。
症状によって異なりますが、最低でも2週間から2か月前後は固定しておく必要があり、その間は、歯を安静にすることと、清潔に保つことが大切です。

歯をぶつけてしまった時は、唇も一緒にぶつけて切れて出血してしまうこともあるので、そこも一緒に歯医者さんに診てもらうといいと思います。

出血していたりすると、びっくりしてしまいますが、焦らず落ち着いて歯医者さんに向かいましょう。

子育て中の方々のお役に立てれば幸いです。

今週のブログ担当は歯科衛生士の宍戸でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です