抜歯後の注意点

連日暑い日が続くようです、みなさま水分塩分をこまめにとり、冷房も適宜使用し熱中症にはくれぐれもご注意ください。

今回は抜歯後の注意点について取り上げたいと思います。

歯科医としてはできれば抜歯をせずに、長くご自分の歯でお食事をしていただきたいと思いますが、残念ながら抜かざるを得ない時があります。そのような時は下記のことにご注意ください。

1.抜歯後10-15分ほどガーゼを咬んで圧迫止血をします。ゆるく咬んでいたり、途中でお口をあけてしまいますと効果が薄れてしまいます。また唾液をお口の中に溜めていると血の止まりが悪くなるので、気持ち悪くても飲み込んでください。15分経過したらガーゼを捨ててしまって結構です。この時お出しした痛み止めをお水で1錠飲んでおきますと麻酔が切れるころに痛み止めが体内で効いているので、麻酔が切れた後の痛みが少なくて済みます。まだ出血が気になるようでしたら差し上げたガーゼを再度咬んでください。ただ一般的には翌日まで唾液に血がうっすらと混じる程度の出血は続きますのであまり神経質にならなくても大丈夫です。また寝ている間によだれに混じった血が枕についてしまうことがあるようなので、当日だけでも要らないタオルなどを引いてお休みになってください。血液をサラサラにするお薬を飲まれている方はなかなか血が止まらないことがあります。そのような時は市販のティーパック(リプトンなど)で一杯紅茶をいれたあと、ちょっと苦いですが出がらしを水で冷やしてティーパックごと咬んでおくと紅茶のタンニンという成分の効果により血の止まりが早くなります。

2.麻酔は個人差がありますが2-3時間程度は効いています。この間はなるべくお食事は避けてください。というのも麻酔により感覚が鈍いため普通に食べているつもりでも火傷したり、ほっぺたや舌を咬んでしまうことがあります。麻酔が効いているのでその時は何でもありませんが実は思いのほか怪我してしまっていて麻酔が切れてからそのことに気付くことがあるからです。どうしても食事しなければならないときは、火傷しないように冷まして、ゆっくりと食べるようにしてください。

3.血の味がして気持ち悪いかも知れませんが、2-3日は強いうがいは避けてください。抜歯後は簡単に言いますと抜いた穴に溜まった血が固まってカサブタのような役目をして治っていきますが、強いうがいをするとその水圧でカサブタが取れてしまい、再出血したり、あるいは取れたまま穴の中であごの骨が出てしまい痛みの原因となるからです。歯磨きもキズの周囲は2-3日避けてください。離れた部位は大丈夫ですがうがいはお気を付けください。

4.腫れてしまったら冷たいタオルなどで軽く冷やしてください。

5.当日はお風呂、お酒、運動はやめましょう。シャワー浴びる程度は大丈夫です。これは血圧の上昇による出血や痛みを避けるためです。安静にしていようと横になって過ごす方がいらっしゃいますが、心臓とキズの位置が水平になることにより局所の血圧が上がりますので痛みの原因になります。普通に椅子などに座られている方がよいです。

6.痛みや出血が止まらない場合、お薬を飲んだら異常があった場合は遠慮せず早めに医院にご連絡ください。

7.お薬は指示に従ってきちんとお飲みください。もし普段飲まれているお薬がある場合は必ずお知らせください。お薬によっては組み合わせが良くないものもあります。お薬手帳をお持ちの場合は提示していただけると安心です。なお薬による副作用があった場合は服用を中止しすぐにお医者さんか医院にご連絡ください。

8.お食事は麻酔が切れた後であれば普通にしていただいて結構です。ただあまり固いものや刺激の強いものはお避け下さい。お食事をしっかりとって体力をつけた方が傷の治りも早いです。抜いた穴にご飯粒などが入ることがありますが、そのままでも大丈夫なので爪楊枝などでつついたりしないでください。

9.消毒や、傷口を縫っている場合の糸取りは必ずお越しください。

抜歯された時のご参考までに。

担当は歯科医の阿部でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です