「歯間ケア」をおすすめします!

みなさん、こんにちは!

早いもので、10月最後の日曜日となりましたが

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

最近は、朝晩寒い日も増えてきましたね。

体調を崩さないよう、くれぐれもお体ご自愛ください!

 

さて、話は変わりますが

「歯ブラシで磨くだけでは歯垢の除去率は6割以下」

と言われていること、、、ご存じでしたか?

歯ブラシで丁寧に磨いても、歯と歯の間には毛先が届かないので

4割以上の汚れが残ってしまいます。

日本人に歯周病の方が多いのは

歯間ケアが浸透していないことも一因だといわれています。

1日1回は、デンタルフロスや歯間ブラシを使って

歯と歯の間もきれいにすることが、とても大切です。

特に寝ている間は唾液の分泌量が減り、お口の中の細菌が増えますので

就寝前にしっかりケアをするのがおススメです!

 

歯磨き後に歯間ケアをするのが一般的なようですが、

「歯磨き後にフロスや歯間ブラシをするのがおっくう」

「忘れてしまう」という方は、

最初にフロスや歯間ブラシで清掃してから

歯ブラシで歯全体を磨くのもおすすめです。

生活習慣に合わせて、ぜひ取り入れてみて下さい!

 

患者様とのお話の中でも、「フロスの使い方が難しい」という方や、

「歯間ブラシを使っているけれど、適当に買って使っている」

という方がたくさんいらっしゃいます。

歯間ブラシのサイズはたくさんあって、せっかく使っているのに細すぎて汚れが落とせていなかったり、逆に太すぎて歯茎を傷つけてしまっているかもしれません。

どのようなものを使用したらよいか迷った時や

正しい使用法を確認したい時は、

治療やメンテナンスでご来院いただいた際に、

担当の歯科衛生士さんや先生に遠慮なくご相談ください。

患者様に合ったケア用品をアドバイスいたします。

 

年々寿命が延びている今、歯を使う期間も長くなってきています。

歯間ケアも取り入れて、歯と体の健康を守りましょう!

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

トリートメントコーディネーター 山口が担当いたしました。

 

 

 

治療が終わったら・・・

治療が終わったらメンテナンスを受診されることをおススメします。「えー、やっと終わったのにまた来るの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、メンテナンスを受診されることはご自分の歯を残すためにも重要なポイントなのです。

Point 1.治療だけでは歯は残らない…

若いうちからメンテナンスを受けていると、将来自分の歯を多く残せることが統計的にも明らかになっています。

メンテナンスを受けた方と、治療だけ受けた方の残存歯数の差は60代で3.4本、70代で8.6本、80代で8.9本 とメンテナンスを受けた方のほうが多く残っています。

またメンテナンス受診率と80歳での残存歯数を見ていくと歯科先進国のスウェーデンで受診率90%で残存数25本、アメリカ80%で17本、イギリス70%で15本、日本2パーセントで12.2本となっています。

このデータからもメンテナンスの有効性は明らかです。

Point 2.歯を失う原因は虫歯だけではない?

40歳以上の方が歯を失う主な理由は歯周病です。歯周病は痛みがなく進行しますので、虫歯だけではなく歯周病予防のためにもメンテナンスを定期的に受診されることをおススメします。

Point3.クリーニング・メンテナンスだけでも来ていいの?

歯医者さんには虫歯がなければ行ってはいけないと思っている方が多いようです。歯周病の主な原因である歯石は歯磨きでは取れません。ぜひ我々プロにお任せください。浜岡歯科クリニックでは約1600名の方がメンテナンスで来院されています。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック 歯科医師 阿部が担当しました。

 

キシリトール

こんにちは。

雨で肌寒い日が続いていますね。金木犀の花もたくさん落ちてしまい残念です。

季節の変わり目は体調を崩しやすいです。みなさまもご自愛ください。

 

今日は、ガムやタブレット、歯磨き粉などに含まれているキシリトールについてお話したいと思います。

キシリトールは天然の糖アルコールで、果物や野菜などに含まれており、人体でもつくられています。また、白樺の木糖に含まれる成分を原料として工業的につくられることもあります。甘味度は砂糖と同等であり、糖アルコールのなかではもっとも強いのが特徴です。

 

キシリトールには

➀だ液の分泌促進

➁再石灰化:歯の修復を促す

➂非発酵性:むし歯の原因となる酸をつくり出さない

➃プラークの改良:プラークの量・付着性を減少させ、歯ブラシで落としやすいプラークにする

➄ミュータンス菌の抑制:むし歯の原因になりやすいミュースタン菌の数と酸の生産を減少させる

といった作用があります。キシリトールがむし歯予防に効果的と言われるのは、糖アルコールが持つ作用➀➁に加え、➂➃➄の特別な作用を持っているからなのです。

むし歯予防の効果を十分に発揮させるためには、キシリトールができるだけ高濃度(50%以上)で含まれていること、砂糖などの甘味料が含まれていないことが大切です。成分表示を見て、キシリトールの割合やシュガーレス・糖類ゼロのものを選んでみて下さい。

ガムやタブレットは長い時間お口の中に留めておくことができ、生活の中に取り入れやすいのでオススメです。

1日3〜5回、3か月以上続けると効果的と言われています。

食事やおやつの後、口寂しい時など、毎日の生活の中にぜひ取り入れてみて下さい。

 

キシリトールは予防に効果的ですが、キシリトールを摂取するだけではむし歯予防にはなりません。

お口の健康を保つためには

・毎日の歯磨き

・フッ化物の応用(フッ素入り歯磨き粉、フッ素塗布、フッ素洗口)

・正しい食生活

・歯科医院での定期検診

これがとても大切ですので、定期検診やご相談にも是非いらして下さい。また、浜岡歯科クリニックでは歯科専用のキシリトール100%のガム・タブレットをご用意しております!ご来院お待ちしております!

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 遠藤

妊娠性歯肉炎

みなさんこんにちは。

早いものでもう10月ですね。

朝晩涼しく、日中も過ごしやすい季節になりましたね。

秋は美味しい物がたくさんあり、とても好きな季節です。

 

みなさんは妊娠性歯肉炎という言葉を聞いた事ありますか?

妊娠性歯肉炎というのは妊婦さん特有の症状です。

妊娠するとお腹が大きくなるだけでなく、お口の中も変化します。

妊娠中はホルモンバランスが変化するだけではなく、つわりや食生活の乱れも生じ、歯磨きが不十分になってしまう事も多く、歯肉炎のリスクが高くなります。

妊娠中に歯周病になってしまうと、早産や低出生体重児になる可能性もありますので気をつけたいですね。

妊娠性歯肉炎の予防の一つはこまめな水分補給です。

妊娠中は唾液の分泌も悪くなりますのでお口の中が乾燥しがちです。

乾燥していると歯周病の原因となる細菌が繁殖しますので甘くないお茶やお水をこまめに飲みお口を潤わせて下さい。

また、なんと言っても歯ブラシがとても大切です。

つわりで辛い時期は歯ブラシをしたくても磨けない時期があると思います。

その様な時は子供用の小さな歯ブラシを使って頂いたり、下を向きながら息を吐くようにゆっくり磨くと少し楽に磨けます。

体調のよい時に歯ブラシをしてみて下さい。

浜岡歯科クリニックでは産前産後検診も承っております。

妊娠中だからこそのクリーニング!

ご相談もお待ちしています。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 小畑が担当致しました。

フレイル

みなさまこんにちは!
もう9月も終わりに近づいていて、すっかり一日中過ごしやすい気候になりましたね。
そろそろ衣替えをしないと・・・着るものに困ってしまいます。

さて、先週は敬老の日もありましたので、高齢者の身体状態のことについて少し。
みなさま「フレイル」という言葉を聞いたことがありますか?

「フレイル」とは?
フレイルとは筋力や活力が低下した状態です。

□体重が減少(1年間で2~3kg減った)
□疲れやすくなった
□筋力が低下(買い物で2Lのペットボトルを運ぶのが大変になった)
□歩くのが遅くなった(横断歩道を青信号の間に渡るのが厳しくなった)
□身体の活動性が低下(最近、趣味の集いに出かけなくなった)

3つ以上当てはまった場合「フレイル」の疑いがあるといわれています。

また、「フレイル」は悪循環します。
「体力・筋力」の低下は、買い物にでるなどの「活動性」の低下を招き、「人と接する機会」が減少し、「食生活のバランス」もわるくなり、ますます身体が衰え「判断力や認知力など」が低下する。
と言われています。

このような悪循環を断ち切ることが大切です。

歯科では「オーラルフレイル=口腔機能の低下」についてお手伝いできることは、口腔機能(食べる力)を高めて、栄養摂取を心がけることが大切ですので、歯科医院に定期的に来院し口腔機能の維持を心がけていただくことです。
何か心配なとこがありましたらご相談ください。

担当は、世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック
歯科衛生士 小林 でした。