【歯科衛生士おすすめ】初心者でも使いやすいお洒落なデンタルフロスとは?

歯科衛生士の佐藤です。皆様いかがお過ごしでしょうか?
今回は、初めての方でも使いやすく、お洒落なフロスについてお話ししていきますね。

その名も【ハニーレモンフロス】です!

歯科衛生士の私がハニーレモンフロスをおすすめする3つの理由

1.デザインが可愛いく、持ち歩きしやすい。そして‥ほのかな良い香り

女性好みの可愛らしいデザインと大きさで外出先にも気軽に持ち歩きできます。
そして、フロスからはほのかなハニーレモンの香りがします。爽やかな香りと可愛らしいデザインにより日々のフロスの時間が楽しみになり、フロス使用の継続に繋がると考えます。

2.フロスのワックスには天然成分の蜜蝋(ミツロウ)を使用

蜜蝋(ミツロウ)をご存知でしょうか?ミツバチの巣の元からなり、食品・化粧品・ワックス・ラップなどあらゆるところで取り入れられています。

その中で、私は【蜜蝋ラップ】を日頃使用しています。脱プラが進む中、天然素材で繰り返し使える蜜蝋ラップは海外では既に人気で、日本でも注目は高まっています。可愛らしいデザインのものも最近では多く、手の温度で食器にフットするのでとても便利です!

話を戻しますが‥

そんな地球にも人にも優しい素材【蜜蝋】がコーティングされたフロス。実際に使用していますが、使用感が良いのでフロスが初めての方や苦手な方にもオススメです。

576本のマイクロファイバーがまとまっているので一見太めにみえますが、蜜蝋のコーティングにより奥歯でもスルっと入りやすいです。そしてお口の中の水分でマイクロファイバーが広がり汚れが良くとれます。

3.フッ素とキシリトールのW配合

歯を強くするフッ素と虫歯の原因菌を作らないキシリトールがW配合されています。

フロスは歯ブラシでは届きにくい場所の汚れを取る為、歯周病・虫歯予防どちらにも効果があります。さらにフッ素やキシリトールがフロスを使って届くのであれば、さらに虫歯予防に繋がりますよね。

最後に

いかがでしたか?以上が初めての方にもハニーレモンフロスをおすすめする理由になりめす。歯ブラシだけでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯肉の溝の汚れを【ハニーレモンフロス】で楽しみながらお掃除しませんか?
当院にご用意しておりますので、興味がある方はお気軽にお声がけください。

パンフレット画像

また、個々のお悩みや症状に応じて歯ブラシやフロス、歯間ブラシなどをご提案していますので治療やメンテナンス時にご相談ください。


世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック
佐藤 が担当致しました。

アルコール手指消毒

皆さま、こんにちは。

もう2月も後半になり、新年が始まって2ヶ月が過ぎようとしていますね。本当に月日が経つのは早いです…。

 

さて、今回は未だ流行しているコロナウイルス感染予防で、よくお店などの入り口に置かれている手指消毒用アルコールの効果的な使用方法のコツをお伝えしたいと思います。

普段何気なく使われていると思いますが、せっかくやるなら効果を最大限に発揮させたいですよね。

アルコールはウイルスの膜を壊し、無毒化してくれます。そのため濃度は70〜95%のものが望ましいそうです。

そして使い方ですが、「手についた汚れは事前に取る」、「塗り残しがない」ように消毒剤を「15秒以上すりこむ(15秒経つ前に乾く場合は、追加して使う)」ことが重要とのことです。

塗り残しが多くなってしまう指先、指の間なども忘れずに、最低でも15秒以上は乾かずに消毒液を刷り込むとのことですが、皆さまいかがでしょうか。普段されているやり方は十分できていたでしょうか。

プライベートでは正直私はそこまでしっかり出来ていませんでした。少しポンプをシュッとして、少量の消毒液をなんとなく手を擦り合わせて終わっていたことが多かったです。しかし、診療の外でこそ感染リスクが高くなると思うので、今後しっかり手指消毒をしていきたいと思います。

 

2月中は当院では虫歯にならないキシリトール配合のチョコレートをお配りしております。残り日数も少なくなってまいりましたが、ご来院お待ちしております!

 

今回の担当は世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 田村でした。

 

 

歯はいつでき始める?

こんにちは。最近は風が冷たく、寒さが厳しくなってきましたね。

 

今回は、歯ができ始めることについて書いていきます。

 

乳歯は妊娠中に作られます。赤ちゃんの乳歯の芽(歯胚)は妊娠7週目くらいに出来始めます。永久歯の芽は妊娠3~4か月ごろにでき始めます。妊娠4~6ヶ月には乳歯のカルシウムが沈着して硬くなり始めます(再石灰化の開始)。

 

つまり、妊娠中に歯の芽ができ始めるので、歯の丈夫な子にするには、妊娠中の健康状態や栄養管理が大切になってきます。

つわりなどで辛いときもあるでしょうが、調理法を工夫するなどして、バランスのとれた食事をとるようにしてみてください。

 

また、妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンが増えます。このホルモンが歯周病原菌の増殖を促すため、歯周病が悪化する恐れがあります。自覚症状としては歯茎は赤く腫れたり、歯ブラシを当てたりフロスや歯間ブラシを通すと血がでてきます。お手入れをきちんと行えば改善してきますので、歯磨きの方法でわからないことがあれば、是非ご相談ください。

つわりで歯ブラシを十分に当てれない時は、工夫をしてみてください。

例えば、①体調の良い時にみがく、②ブクブクうがいを十分にする、③小さめの歯ブラシを使用する、④歯ブラシは小さく動かす、⑤顔を下に向けてみがく、⑥においの強い歯磨き粉は大量に使わない、⑦何かしながらみがく(湯船につかりながらなどリラックスした状態)、⑧キシリトールガムを噛む  など行ってみてください。

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科衛生士 相澤

 

むし歯になりにくい食事法

こんにちは!

早いもので、もう10月になりました。涼しくなって過ごしやすくなりましたね。しっかり感染予防対策をしながら、今年もあと2か月。気を引き締めて過ごしていきたいと思います。

先日、実家の新潟から新米と梨が届きました!新米は炊きあがりも、ふっくらツヤツヤでとっても美味しかったです。

私は食べることが大好きなので、家にいる時間が長くなると、ついつい果物やお菓子に手を伸ばしてしまうことが増えていると感じます。

歯は、食事や間食(特に砂糖の摂取)のたびに、虫歯菌が食事の糖をエサに、酸を出して歯のエナメル質を溶かすこと(脱灰)と、唾液に含まれるリン酸とカルシウムによってエナメル質が修復されること(再石灰化)を繰り返しています。

このバランスが取れているときは虫歯にはなりませんが、間食を頻繁にとったり、ダラダラと長く飲食したりしていると、再石灰化が間に合わず、虫歯を招きやすくなります。

【むし歯になりにくい食事法のポイント】

①甘いものは食後にまとめて食べる。

食事と食事の間に甘いものを食べる習慣があると、その回数が多いほど、脱灰の回数も増えるので、虫歯になりやすい状態になります。甘いものは、食後のデザートとして食べるようにして脱灰の回数を減らしましょう。

②ジュースの飲み方に注意!

甘いドリンクや炭酸飲料などの飲み物にも糖分が含まれているため、虫歯菌のエサになります。歯を磨いた後は、甘い飲み物はやめましょう。とくに、小さなお子様に哺乳瓶などで砂糖入り飲料をダラダラ飲ませるのはとても危険です。

③虫歯予防に効果的なガムの活用

ガムを噛むことで再石灰化を促進する唾液の分泌を促すことができます。最近は虫歯予防に役立つ「機能性ガム」も多く市販されています。

浜岡歯科クリニックでは、歯科専売品の甘味料にキシリトール100パーセント使用したガムを取り扱っておりますので、治療やメンテナンスにご来院いただいた際に、スタッフにお声がけいただければ効果的な食べ方をライフスタイルに合わせてアドバイスいたします。

食べ方、食べるタイミングなど・・・できることから取り入れて虫歯にならないようにお気を付け下さい!

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック トリートメントコーディネーター

山口が担当いたしました。

 

 

春休みに歯医者に行こう!

こんにちは!

早いもので1月も終わり、暦の上では春になりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

まだまだ寒い日が続いていますが、日によっては気温の変化が大きい時もあり、体調の管理が大変ですね。

感染予防対策にプラスして、栄養のある食べ物をしっかり食べて、体調を崩さないようくれぐれもご自愛ください!

 

世田谷区では令和3年1月から3月まで

『中学生最後の春休みは、歯科検診・治療のチャンス。春休みに歯医者に行こう!』キャンペーンを実施しています。

思春期は、ホルモンバランスの乱れや生活の変化の影響で、歯茎の腫れや出血、口臭などの歯肉炎が起きやすい時期ですので、虫歯や歯肉炎の原因となる歯垢(プラーク)をしっかり取り除くことがとても大切です。

虫歯かも?と心配な歯がある場合や、歯茎からの出血がある場合は、放置せずに一度歯科医院で検査することをおススメします。

さらに、高校に進学すると、勉強や部活で忙しくなり歯科医院に行く時間が取りにくくなります。

虫歯や歯肉炎を初期に治療をすると、受診回数、時間、費用も少なく済ませることができます。早期発見、早期治療が大切です。

進路が決定し、時間に比較的余裕がある春休みに、歯科検診や治療を済ませて、健康で楽しい毎日を送れるように準備をしておきましょう!

2月に浜岡歯科クリニックにご来院いただいた患者様に、甘味料としてキシリトールを使用したチョコレートを差し上げています。(申し訳ありませんが数量限定ですので、品切れの場合はご了承ください。)

歯科に行くのが久しぶりの方や、気になるところがある方はお気軽にご連絡ください。

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック トリートメントコーディネーター

山口が担当いたしました。