受け口の早期治療*ムーシールド

暖かく過ごしやすい気候となりましたが、時に寒さが戻るこの頃です。皆様、お健やかでお過ごしでしょうか?。

受け口(反対咬合)とは、下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせの状態をいいます。

反対咬合は三歳児検診で4~5%の割合で見つかると言われています。そしてその約1~3割は、上下顎の前歯が生え替わる時期に自然治癒します。ですが7割は放置してしまうと「三日月的な顔立ち」に成長してしまいます。

反対咬合の原因は遺伝と、お口周りの筋肉の使い方によるものです。筋肉が正しく使われていない癖を改善してあげて、反対咬合を治すのがムーシールドです。

三歳児など小さなお子様の反対咬合では ①上唇の力が強く、上顎が小さい ②下唇の力が弱い ③通常より舌の位置が低いため、唾を飲み込むときに下顎が舌に押し出されてしまう といった舌、唇、頬の力などのバランスが乱れて、調和がとれていない特徴があります。

ムーシールドはマウスピース型の矯正装置で、①強い上唇の力から、上顎の歯並びを守り、上顎の成長に適した環境を作る ②弱い下唇の力を適正にして、下顎の過成長を抑える ③舌の位置を改善させることで、下顎に不適切な力がかからなくなり、逆に上顎に適正な力がかかり正しい成長を促す といった働きがあり治療していきます。

通常の歯科矯正治療は低年齢のお子様におこなうことができないのですが、ムーシールドは就寝中の装着するだけの負担の少ない方法なので、早期からの治療が始められます。逆に、何もせずお口周りの筋肉のバランスが正しく働いていない状態で成長が進むと、反対咬合の治療も難しくなる場合があるので、早期に治療することをお勧めします。

しかし、ムーシールドだけでは対応できない場合があります。

鑑別診断として、下顎4前歯のみの反対咬合の場合は、比較的軽い反対咬合といえるため、ムーシールドのみの治療が望めます。しかし下顎6前歯が反対咬合になっている場合は、骨格的な反対咬合で全身成長に伴い下顎の過成長も考えられるため、更に本格的な矯正治療が必要となる可能性が高いです。

従って、骨格の成長期が終了するまでは異変の早期発見のため、定期健診を続けるのが理想となります。

しっかり使用できれば3~8ケ月で改善しますが、改善後も正しい筋機能が身につくまでの使用が必要です。また取り外しができる装置なので、お子様が外さない意識を持ってもらうよう協力できるようになった段階での治療開始が望ましいです。

気になることがございましたら、是非ご相談ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

担当は歯科医師 小嶋智子でした。

 

アタッチメント

皆様こんにちは
コロナは完全には終息していませんが、世の中は少しづつですが以前の常態に戻ろうとしている感じですね。自身で出来る感染対策に務め健康管理にはきをつけましょう。

さて、今回も濱田が当ブログを担当させていただきます。
もう少しアライナー矯正の相談を受けた時のお話をしてきたい思います。

皆様だいたいワイヤー矯正の見た目がきになるので、アライナー矯正をお考えだと思います。
ぱっと見た目は自分の歯の周りを透明なマウスピースのようなものが覆っているだけに見えます。
実際には、ご自身の歯の表面に凸型のアタッチメントと言われる突起物が付いています。歯の色と同じなので、良く見ないとわかないかもしれません。

ワイヤー矯正の場合は歯にブラケットを付けそこにワイヤーを通すことで矯正力をかけます。
アライナー矯正ではワイヤーのかわりにアライナーと呼ばれるマウスピースをつけますが、それだけでは歯に加わる力が弱いので、アタッチメントと呼ばれる凸を利用することで矯正力をかけているのです。
矯正は弱い力を持続的に加える事によって歯を移動させていますが、凸の形によって歯を目的の場所へ動きやすくしています。

歯の移動が終了した時に外すのですが、矯正中は凸凹があるので境目がう蝕になるリスクが少し上がりますので歯磨きに十分気をつけてください。

アライナー矯正をお考えの方はぜひ知っておいてください。
それでは次回にまた他のお話をさせていただきます。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱田が担当いたしました

歯ぎしり

みなさんこんにちは。

4月に入り入園や入学、就職など新生活が始まりますね!

生活環境が変わりストレスを抱える…なんてこともあると思います。

自分が気づいていないうちに噛みしめていたり、食いしばっていたり…

歯を失う原因にもなり、歯や顎に大きな影響を与えます。

 

「自分ではわからないけど家族に言われたことがある」

「最近歯がすりへって歯がしみてきた」

 

など少しでも異変を感じたら大切な歯を守るためにも

ぜひ浜岡歯科クリニックへ受診をおすすめします!!!

処置方法は人それぞれ変わってきますが、

主にナイトガードやマウスピースを用いて歯を守ります。

 

個人の意見ですが何年も前にマウスピースを付け始めてからは

歯がしみたり顎の疲れが軽減しました。

 

ただ癖で歯をぎりぎりしてる癖は治ったわけではないので

マウスピースに穴が空いてしまいます。

それを見るたび知らない間に歯ぎしりしてるんだなと改めて実感します。

 

マウスピースは人工のものなので穴が空いたり不具合がある場合は作り直すことができます。

しかしご自身の歯がすり減った分元に戻すことはできません。

ましてや歯がだんだんとなくなって最悪の場合

歯の神経まですり減ったり割れてしまうこともあるので

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか!

 

世田谷区 千歳烏山

浜岡歯科クリニック トリートメントコーディネーター

大場が担当いたしました。

成人矯正

お久しぶりです、皆様いかがお過ごしでしょうか。
季節外れの気温の日もまだあるようですので体調管理にはお気をつけください。
コロナウイルスの猛威はようやく落ち着いてきているようですが、気を緩めすぎずに感染対策に気を付けましょう。

今回は「大人の矯正」についてお話したいと思います。

皆様が思い描く「矯正治療」のイメージだと思いますが、成人矯正や一期治療を終えた後の二期治療といわれている矯正です。

二期治療の場合には、一期治療で歯と顎の関係を治した後に個々の歯の位置関係を変えていく治療になります。
成人矯正では主に個々の歯の位置関係を治していく治療となります。

成人矯正にどんな効果(メリット)があるかというと
〇見た目がよくなる(歯並びがよくなる)
〇顔立ちが整う
〇虫歯や歯周病になりにくくなる
〇顎の関節痛がなくなることがある
〇食いしばりや歯ぎしりなどの習癖がなくなることがある
等々いわれていますが、歯並びが悪いことに対してのコンプレックスの解消が大きいのかもしれません。

また成人矯正にはデメリットも存在します
〇矯正治療中は装置を歯に装着する必要がある為、虫歯、歯周病のリスクが上がる
〇子供の歯に比べると動きにくいので治療期間がかかる
〇歯茎が下がったり歯根が吸収することがる
どんな事柄にもメリットとデメリットはあると思いますが、担当の歯科医師とよく相談していただきたいと思います。

矯正治療は見た目の改善だけではなく、機能の改善もおこなえる治療だと思います。
浜岡歯科クリニックではブラケット矯正やマウスピース矯正もおこなっていますので、お気軽にご相談ください。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱田が担当いたしました

食いしばりの検査と治療

こんにちは

少しづつ日が長くなってきました。

今回は食いしばり、睡眠時ブラキシズムについて簡単に説明させていただきます。

寝ている際の食いしばりには、3つの種類があります。

1つ目がタッピングと言われる、歯を何度も噛み『カチカチ』音が鳴るものです。

2つ目がグラインディングと言われる、歯を擦り合わせ『ギリギリ』音が鳴るものです。

3つ目はクレンチングと言われる、歯をぐっと食いしばりに音が出ないものです。

12は音が鳴る為、近くで寝ている方に指摘されて気がつくことがあります。3は音がならない為症状が出るまで気が付かない場合が多いです。

では食いしばりは何が良くないのでしょうか?

食いしばりによって起こることには、筋肉痛、顎の痛み、歯の破折、歯のすり減り、歯周病の悪化、他の人への騒音などです。

他の方から食いしばりを指摘された、朝起きると顎や筋肉が痛いなどありましたら早めに歯医者さんに相談しましょう。歯のすり減り、ベロの状態、顎関節、エラの状態、筋肉の張り、歯の欠け、睡眠時の筋肉の活動などを元に検査してくれるでしょう。

では検査の結果食いしばりがあると診断されたらどのような治療を行うのでしょうか。

治療方法方は、ナイトガードといわれるマウスピース状のものを装着するものが一般的です。歯をすり減りづらくし歯に掛かる負担を減らせる為、多くの場合この治療法が用いられます。他の治療は自己暗示療法、ボトックス治療などがあります。

ブラキシズムはストレスによって引き起こされる場合が多いため、睡眠時間をしっかりとり、健康的な生活を送るようにしましょう。

また子供の方が食いしばり多く、お年を召されるごとに少なる為、過度に食いしばりに悩まされずに適切な治療を行いストレスを溜めないことが大事です。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱岡玄でした。