フッ素

こんにちは︎☺︎

長かった梅雨も明け、ようやく夏本番となりましたね!

毎日気温が高い日が続きますので、水分と塩分補給をして熱中症にはくれぐれもお気をつけください。

また、梅雨明けでも急な雷雨や竜巻などの突風が発生することもあるようですので、天気の急変にも注意が必要となりそうです。

さて、今日はタイトルにありますフッ素のお話をしていこうと思います。

効果については過去にも何度か出てきていますが
・再石灰化の促進
・歯質強化
・酸の生成を抑制
といった効果があります。

今まで家庭で使用できるフッ素の濃度は1000ppmまでと薬事法で定められておりましたが、2017年にその上限が1500ppmまで引き上げられ、歯みがき剤メーカー各社から1000ppm〜1500ppmのフッ素配合の歯みがき剤が発売されています。

購入する際には、濃度がしっかり明記されているかどうか確認してみてください。

また、年齢ごとに推奨されるフッ素濃度は、厚生労働省の生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスにおいて
・歯の萌出〜2歳:500ppm(泡状歯みがき剤なら1000ppm)で使用量は切った爪程度の少量
・3歳〜5歳:500ppm(泡状歯みがき剤ならば1000ppm)で使用量は5mm以下
・6歳〜14歳:1000ppmで使用量は1cm程度
・15歳以上:1000ppm〜1500ppmで使用量2cm程度
と推進されています。

フッ化物配合歯磨剤の予防効果を十分に発揮させるためには、適正な量の歯磨剤を用いて、歯磨き後は10~15mlの少量の水で1回うがいをするようにしてみてください。

毎日の正しい歯磨きに加えて、定期メンテナンスも大切です。

3ヶ月から半年に一度は歯科医院で口腔内をチェックし、虫歯にならないようにしましょう。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック
歯科衛生士 新保が担当しました。

アクアバランス

皆さまこんにちは。

ようやく関東はもうそろそろ梅雨が明けそうで、夏らしく暑い日が増えてきましたね。蝉の鳴く声も少しずつ大きくなってきたきがします。

 

さて、今回は最近当医院で新しく販売されている「アクアバランス」という商品についてご紹介したいと思います。

皆様はドライマウスという症状をご存知でしょうか。文字通りお口の中が乾いてしまう症状のことです。ドライマウスになる原因は様々ありますが、いずれにせよ唾液が少なく口腔内が乾燥してしまうと口腔内の細菌が増え、虫歯や歯周病などが進行しやすくなってしまいます。

唾液を増やす方法としては唾液腺のマッサージやよく噛んで唾液の分泌を促すことが一般的ですが、それを補う製品で「湿潤剤」があります。アクアバランスはその湿潤剤の一種です。

アクアバランスの特徴としては保湿成分のポリグルタミン酸という納豆のネバネバ部分から抽出されたアミノ酸の一種が配合されており、天然の保湿因子を増加させ、唾液分泌を促進させる効果があるそうです。またスプレータイプで手軽に使用でき、ノンアルコールで低刺激、さっぱりしたレモン風味で使いやすいと、当医院のドクターもお勧めの商品です。

ドライマウスの軽度の症状はお口のネバつきだったり、軽い口臭であったりとあまり気づかれない方が多いようですが、重度の症状になると舌がひび割れ痛んだり、喋りづらくなったり強い口臭がしてきます。そうなる前に、もし軽度の症状があてはまる方は是非こちらのアクラバランスで手軽に唾液の分泌を促し、ドライマウス症状を緩和して行きましょう!

 

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

担当は歯科衛生士田村でした

歯の生え変わり

毎日じとじとと雨降りの日が続いておりますが、皆さまお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?

お子様の乳歯の生えかわりについてお話ししたいとおもいます。

乳歯は生後6か月頃下の前歯から生え始め、3歳くらいまでには生え揃い、上が10本、下が10本の全部で20本になります。そして6歳前後に下の前歯から抜けかわりが始まります。ほぼ同時に「6歳臼歯」と呼ばれる第一大臼歯が生えます。12歳くらいまでに乳歯は永久歯へ生えかわり、14歳ころに第二永久歯が生えて、親知らず以外の永久歯が全て揃います。

最初に生えかわる永久歯のもと「歯胚」は、妊娠3〜5ケ月には顎の骨の中に出来上がっています。乳歯の時代に乳歯の下で永久歯は形作られ、やがて乳歯の根を溶かす細胞が現れます。乳歯の根が溶けて、乳歯が、グラグラになり抜け落ちると永久歯が顔をだすのです。

歯の生え変わりには、個人差があるため、多少遅くても心配ありませんが、歯の生えかわりで注意すべきポイントがあります。

①乳歯が抜ける前に永久歯が生える

痛みがあったり、いつまでも抜けない場合は歯科医で抜いてもらうのが良いでしょう。

②乳歯が抜けない

思春期を過ぎても乳歯が抜けないことがあります。永久歯が作られていない「先天性欠如」や余分な永久歯がある「過剰歯」の可能性がありますので、レントゲン検査をおすすめします。

③永久歯が生えてこない

いくつか原因があります。歯茎が厚すぎて永久歯が生えてこれない場合は歯茎に穴をあけてあげます。骨の中で過剰歯が邪魔をしている場合は除去してあげることが必要です。また歯の生えかわりと骨の成長のバランスがうまくいかないと、生えてくるスペースがなかったり、隣の歯が邪魔してしまって永久歯が生えてこれません。この場合は矯正治療が必要です。

乳歯が抜けてから永久歯がはえるまでには3カ月かかるのが一般的です。半年待っても生えてこない時には歯科医へ相談しましょう。

☆生えかわりの時期は歯に歯肉が被っているなど複雑な環境です。磨き残しをしやすいため歯肉の腫れを起こしやすいです。丁寧にブラッシングをするのが大切です。

☆生えたての永久歯は未成熟で酸に溶けやすく虫歯になり易いです。早期からのフッ素の活用、虫歯になり易い歯の溝に処置を施すシーラントをして歯を守りましょう。

☆また乳歯が重篤な虫歯になると歯の抜けかわりがスムーズにいかないケースがあります。乳歯の頃から虫歯予防を心がけましょう。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

担当は歯科医師 小嶋智子でした。

頬杖とお口のトラブル

こんにちは!皆さんいかがお過ごしですか。

台風の影響思ったほどではなく、よかったです。いやこれからでしょうか?毎年6月から台風接近ってよくありましたっけ?発生しても近づいてくるイメージがないのですがどうだったでしょうか?

本日は、コロナウイルスのワクチン2回目を受けてきました。世田谷の医師会と歯科医師会が一緒になって梅ヶ丘の会場で行っているものです。2回目なのでこれから症状が出るのでしょうか。症状が出るのは若い方が多いと聞いていますので大丈夫ではないかと高を括っているのですがどうでしょう?少し不安です。

さて、この頃、頬杖を無意識についている事が多く、いけないと思うことがよくあります。考え事をしていて思わず、仕事が終わり帰宅しぼーっとして思わず、運転中の信号待ちで思わず、本当に頻繫にしています。

たかが頬杖ですが見た目はもちろん健康にも良くないので気付いたらすぐやめるようにしています。頬杖は頬とはありますが下あごを手にのせたり押したりします。下あごは関節で上あごと繋がり、四方八方に動き食べ物をすりつぶすのにも活躍します。頬杖をつくとその下あごに頭の重さがのしかかり(成人の頭の重さは約4~6kg)、一気に負荷がかかります。

そのため下あごが後退したりゆがみ、歯並びが悪くなるだけでなく噛み合わせもズレていき、歯と歯の間にすき間が生まれて虫歯や歯周病のリスクが高まります。 さらに、下あごは関節で固定されているのですから顎関節症のリスクも高くなります。

また頬杖は、左右交互に均等につくことはあまりありません。左右のどちらか片側でつくケースが多いようです。片側の頬ばかりに圧がかかる状態が続くと、顔の骨や口角などがゆがんでしまうこともあります。結果的に、顔にもゆがみが生まれしまいます。いい事は一つもありません。

癖だからといって甘くみると危険です。皆さんも気付いたらすぐにやめましょう!

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

受付   開作でした。

 

 

 

 

 

 

 

歯並び

皆様お久しぶりです、いかがお過ごしでしょうか。
まだまだコロナウイルスもおさまりきらず、梅雨時期で天気や気温の変化もありますので体調管理には皆様お気をつけください。

今回は「お子さんの矯正」についてお話したいと思います。

子どもの矯正治療をスタートするのに一番いい時期はお子さんが大きく成長する前です。
各々成長の仕方も違いますし、時期もそれぞれですが、だいたい6歳から12歳までに行なう歯の矯正で「第1期治療」と呼ばれています。
この時期の矯正治療は大人の矯正と違い歯をきれいに並べる為の矯正ではなく、歯と顎のバランスを整える為の矯正です。
子供の成長期を利用して、横に歯列を広げることで上下顎歯列の幅を整えたり、上下の顎の成長が理想的なバランスになるように誘導したり、永久歯が理想的に生えてくるスペースを作って後々歯を抜かずに歯並びを整えることを目標とします。
「第1期治療」での矯正では取り外しを行うタイプでの装置による治療が主になります。
大人の矯正は歯の位置を変化させていくのが主な方法ですが、成長期のお子さんの矯正は顎の形態や大きさの成長促進や抑制を利用し歯と顎の位置関係を整える方法です。

本人やご家族の希望により異なりますが、「第1期治療」のみで矯正を終える場合もあります
「第1期治療」では細かい歯の位置の調整はできませんので永久歯が生えそろった後に「第2期治療」と呼ばれる歯並びや嚙み合わせを歯の移動によって改善する矯正へ移行していきます。
皆さんがイメージしているワイヤーやブラケット、マウスピースを使った矯正です。
「第2期治療」だけで良いのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「第1期治療」を行うことのメリットとして、ある程度顎と歯の関係を改善しているので、場合によっては必要となる「第2期治療」での抜歯が不要になったり、「第2期治療」としての矯正期間が短くなったりすることがあります。
デメリットとして「第1期治療」と「第2期治療」トータルでの治療期間が長くなる場合があったり、「第1期治療」では小さなお子さんを対象とするので治療の協力が得られない場合に期待する効果が得られないこともあります。
大人になってからの矯正に比べ得られるメリットは大きいと思いますので、お子さんの歯並びが気になる方や学校等の検診で歯並びについて指摘された場合にはお子さんの成長期前に一度歯科を受診されることをお勧めいたします。

浜岡歯科クリニックではお子さんの定期メンテナンス矯正治療も行っています
お気軽にご相談ください

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科医師 濱田が担当いたしました