入れ歯の注意点

寒い日が続いていますが皆さんお元気でしょうか。

今回は入れ歯の注意点についてお書きします。入れ歯が初めての方、新しく作り直された方も基本的に同じです。

1.まず義歯に慣れましょう

初めての方は違和感でとても入れていられないと思います。今日は10分、翌日は20分といった具合に少しずつでいいのでお口に入れている時間を長くしてみてください。新しい靴や眼鏡と同じで10日間ぐらいでだんだん慣れていきます。

最初は固いものや大きいものを無理に食べずに小さく分けて少しずつゆっくり咬んでください。

慣れてきますと比較的強い力で咬めるようになります、そのため歯茎が傷ついて痛むことがあります。そのような時は当たる部位を確認してご来院ください。

2.義歯を破損しないように気を付けましょう

ご自分で義歯を調整しないでください。修復不能になる場合があります。

硬いものの上に落したり、熱湯や火に近づけないでください。破損や変形の原因となります。

3.歯と入れ歯を清潔に保ちましょう

基本的には毎食後外して洗浄してください。食器用洗剤で洗っても大丈夫です。細かい部分の汚れは義歯用の歯ブラシを使用するとよいですが、強くこすりすぎると細かい傷ができ細菌の温床となりますので注意が必要です。

コップやタッパー等を用意してお水を入れてください。就寝時には義歯を外してその中に保管してください。乾燥すると変形の原因となります。ティッシュにくるんで部屋に置いておいたら家族の方がごみと思って捨ててしまったケースがあります。外したら必ず決められた容器に入れておくことをお勧めします。時々ポリデントやパーシャルデントなど入れ歯洗浄剤を使用するときれいな状態が長持ちします。

4.定期的に健診を受けましょう

時間とともに歯茎が痩せてきたり、義歯を支えている歯が弱くなったり、入れ歯がすり減ったりして合わなくなってきます。そのような時はご連絡ください。

異常がなくても半年か一年に一度は点検のためご来院ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

担当は歯科医 阿部でした。