歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病には関連性があるのをご存知ですか?実はかなり深い関係があります。

1.歯周病とは

歯周病は細菌感染によっておこる歯の周りの組織の病気で、歯垢中の細菌の攻撃に対して体が防戦する際に分泌されるサイトカインが過剰に分泌されると自分を破壊してしまうことが原因です。

2.糖尿病とは

糖尿病は血糖値が高い状態が続いた結果、全身の器官に異常をきたす病気です。インスリンが分泌されない(1型)とインスリンが分泌されてもうまく作用しない(2型)に分かれます。日本人の糖尿病患者の90パーセントが2型です。

3.高血糖が続くと歯周病は悪化します。

血糖値が上昇すると。自分を攻撃してしまう特定のサイトカインが増えることが原因と考えられています。また糖尿病の人は免疫や組織修復力も弱いため炎症による歯周組織破壊が進みやすくなります。

4.歯周病治療で糖尿病が改善

糖尿病と歯周病を併せ持つ患者さんに歯周治療を行うと血糖値が改善したという報告が多数あり、歯周病は糖尿病を悪化させる要因の一つである可能性が高いということがわかってきました。メカニズムとしては炎症時の特定のサイトカインがインスリンの作用を邪魔しているからと考えられます。したがって歯周病を治療することによりサイトカインの量が減少し、結果インスリンの作用が発揮されて血糖値が改善すると考えられています。

実は歯周病は糖尿病だけではなく心臓病や動脈硬化、脳血管障害、肺炎、早産などにも関連性があることがわかってきています。体の健康はお口から!定期的なメンテナンスをお勧めします。

歯科医 阿部の担当でした。

 

新年度が始まります。

 

みなさん、はじめまして!今年の1月に入社した歯科衛生士の相澤と申します。よろしくお願いします。入社して早いもので3ヶ月が経過しました。そして、明日からは新年度が始まります。新しい生活がスタートする方も多いのではないでしょうか。

 

4月1日といえば、エイプリルフール。と、言いたいところですが、今年の4月1日といえば新元号の発表ですね。 午前に有識者による「元号に関する懇親会」を経て、午前11時半頃に発表されるとのことです。

 

新元号を決めるにあたり、

英語表記の頭文字が明治以降の元号の「M、T、S、H」と重ならない

国民の理想としてふさわしいような良い意味をもつ漢字2文字

漢字の画数は1文字できるだけ15角以内にとどめ、書きやすく、読みやすい

これまでの元号、おくり名として使用されていない

・・・等の方針があるそうです。

 

英語表記の頭文字が被らないようにすることは知っていましたが、画数の少ない良いイメージの漢字で成り立っていることは、改元についてのニュース等で知りました。日本の元号一覧を見てみると漢字4文字のものや普段馴染みのない漢字のものもありますが、平成、昭和、大正、明治、と近い元号はどれも画数が少なく書きやすいですね。

 

明日の4月からは新年度として気を引き締め、ついついゴールデンウィーク中に気の緩みそうな5月ですが、新元号スタートということで、思い切って新たなことに挑戦していきたいです!

 

 

以上、今週の担当は歯科衛生士の相澤でした。

 

バースデーカード

みなさま、こんにちは!

3月は年度末ということもあり、
普段と違って、仕事やプライベートでも、
何かと慌ただしい日々を送ることが多い季節ですね。

でもその一方では、
少しずつ暖かくなってきて、
長かった冬が終わり、新しく春を迎える時期でもあり、気持ちのよい季節です!

外出する機会も増えますね^ ^

 

さて、話は変わりますが、
先月、長男が10歳の誕生日を迎えました。

最近は、学校で〝二分の一成人式〟という行事も行われるようになり、
節目の歳でもあるように感じます。

その長男が小さい時にプレゼントで頂いた、
〝こぐまちゃんの絵本〟についてきた読者カードに申し込んでから、
出版社の〝こぐま社〟さんより、
10歳になるまで毎年バースデーカードが届いていました。

このデジタルな時代に、なんと住所・宛名、そしてお誕生日が手書き!

わが子のためだけに心をこめて送ってくれた感じがして、じんわり嬉しくなっていました。

今までは、ポストカードでしたが、10歳の誕生日には封書でカードが届きました。

中にはこぐまちゃんのバースデーカードと少し長いお手紙が入っていました。

 

手紙には、バースデーカードを送り始めたきっかけや理由、毎年どんどん送る相手が増えていることなどが説明されていて、こう記されていました。

 

「こぐま社からお願いがあります。大きくなったあなたから、これから絵本と出会う小さな子どもたちへ、バースデーカードを受け取る楽しみをゆずってあげてくれませんか?」(手紙文中より引用)

 

あくまで提案であって、これからも欲しい人には送り続けるということも書かれていました。

 

そして、最後に、

 

「これから大きくなっていくにつれて、きっと今までよりももっといろいろな種類の本に出会うことになるでしょうが、勉強やスポーツや、さまざまな楽しみも増えて、本からしばらく遠ざかることも、きっとあると思います。

でも、もし、あなたがこまったときや、何か知りたくなったとき、だれかに相談したいときは、その相談相手として“本”があることも、どうぞ忘れないでいてください。

本の中には、何百年も昔から生きてきた人々の知恵や知識やおもしろい考えが、いっぱいつまっています。

きっと本があなたの力になってくれるときがあると、私たちは信じています。」
(手紙文中より引用)

 

お手紙の内容を読むと、今まで受け取っていた誕生日カードの意味、絵本の素晴らしさ、そして何よりこぐま社という出版社の素晴らしい活動に心を打たれました。

 

そしてカードが届くたび、息子以上に幸せな気持ちになったのは私のほうでした。
幸せな時間をありがとうございました。

 

長男とは絵本を読む時間は無くなってしまったけれど、
弟と妹とは、絵本を読む時間を、
まだこれからも、
大切にしていきたいと思います。

 

 

担当は歯科衛生士  辻尾  でした^ ^

 

 

春一番

こんにちは。
春の暖かさになったり冬の寒さに逆戻りしたりと気候が安定していませんが、体調崩されていませんか?
毎朝着て行くものに悩んでしまいます。

9日には、関東に「春一番」が吹いたと発表されましたが、昨年より8日遅かったそうです。

来週は予想気温を見ると少し暖かい日が続くようなので今から待ち遠しいですね☀️☀️

そろそろ衣替えも始めようかなと思います(^_^)

また、花粉も本格的に飛び始めますね。
去年が例年の3倍と言われ、わたし自身も毎年飲んでいた薬が効かなくなったりと花粉の多さを実感しました。今年はそれの6倍と言われているので恐怖でしかありません…😫💦笑
薬が合わないと症状が緩和されなかったり、副作用が出てしまったりもありますので花粉症にとっては辛い時期になりますが共に頑張りましょう😭✨

お口も乾燥しやすくなりますので、水分はたくさん取ってくださいね!

 

話は変わりますが、
先日流行りに遅れながらチームラボに行ってきました!

体験型 とあるだけに、やはり映像や写真で見るよりも感動しました💓
(もちろん、映えというものを狙ってみて写真もたくさん撮りました😆笑)

 

今回は豊洲に行きましたが、お台場の方はまた少し違うようなのでまた行ってみたいなと思います!

 

毎年3月4月の桜の時期にブログの担当が回ってきていたので自宅前の桜並木の写真を載せていましたが、今年はちょっと時期が早かったのでまた来年、タイミングがよければ載せたいなと思います🌸

歯科衛生士 山口

もうすぐ春です!

みなさんこんにちは☺︎!

少しずつ暖かい日差しを感じるようになってきましたね。
もうすぐそこまで春が来ているんだなと感じます( ˆ ˆ )
この時期になると”アスパラ菜”という菜の花に似た野菜を両親が毎年送ってくれます。
冬の終わりから春頃にかけて旬の野菜だそうです。
見た目は菜の花に似ていますが、菜の花のような苦味はなく、ほんのりと甘みのあるアスパラのような味と食感の野菜です。
栄養価の高い旬の野菜を食べているおかげか、この数年は風邪やインフルエンザにもかからず元気に過ごせております!
暖かくなったと言ってもまだまだ朝晩は冷えますので、油断せず体調管理に気をつけてお過ごしください。

さて、話は変わりますが今とてもタイムリーなニュースとして、タレントの堀ちえみさんが舌癌のステージ4であることを発表されましたね。
舌の6割を切除後、舌の再建術を行い、リンパ節に転移した腫瘍も取り除くという大手術だったようです。
このニュースの発表後、当院にも『口内炎ができているので診てほしい』というお電話が何件かありました。
舌癌とは口腔癌(口の中に生じる癌)としては最も頻度が高く、舌の先端に出来ることは稀で、舌の側面にみられることが多いです。
初期の舌癌は口内炎に似ているため、正確に見極めることが難しい場合もあります。
口内炎のような硬いしこりが2週間近く経っても治らないようであれば、舌癌を疑って病院に相談してみてください。
当院では定期的なメンテナンスの際に、お口の中で気になることがないか患者さんにお伺いしています。
患者さん自身が気づいていない場合でも、しっかりとお口の中全体を確認し、異常があればドクターにチェックしてもらうようにしていますので、安心して当院にいらしてくださいね。

担当は歯科衛生士新保でした☺︎