8020運動

こんにちは!

8月もあっという間に終わり、9月に入りましたが、まだまだ暑い日々が続いていますね。水分補給などをしっかりして、体調を崩さないようにしてください。

さて、話は変わりますが、「8020運動」をご存知ですか?

8020運動とは、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動で、厚生労働省や日本の歯科医師会により推進されています。

残存歯数が20本以上あれば、ほとんどの食品の咀嚼が容易であるといわれていて、食生活においてほぼ満足することができると言われています。

そのため「生涯自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」と願いを込めてこの運動が始まりました。

残存歯数が多ければ、食べ物をよく噛むことができるので、次のような効果もあります。

唾液の分泌を高め食べ物の消化吸収を助けることにより胃腸の負担が軽くなる

唾液成分の中には発ガン物質の発ガン性を抑える働きがありガン予防にもなる

脳の働きを活発にする

残存歯数が多いほど、寿命が長いという調査結果も出ています。

日本では、4050歳代以降から、急激に残存歯数が減少していて、40歳以降に歯を抜く原因のほとんどが、歯周病によるものであることが分かっています。

成人の歯周病の大半は、30歳くらいから自覚症状もなく発症し、虫歯のような明確な症状が現れにくく、年齢とともにゆっくり進行していきます。

8020運動を達成するためには、むし歯や歯周病を予防していくことが大切です。

歯磨きなど毎日のお手入れと併せて、定期的にメンテナスを受けて予防することをお勧めします。

世田谷区 千歳烏山 浜岡歯科クリニック

歯科助手 中里が担当いたしました。

歯ブラシの交換時期

皆さん、こんにちは!

最近、気温差があり、なかなか安定しない天気が続いていますね。気温差があると、身体はその気温差に耐えようと、いつもより多くのエネルギーを使うので、いつも以上に体力を消耗するみたいです。お体に気をつけて、風邪などひかないようにお過ごしください。

 

さて、皆さんは歯ブラシをどのくらいの頻度で交換していますか?

使い方などによって個人差はあるかと思いますが、交換する目安として正しいのは1ヶ月程度と言われています。

歯ブラシは毛先が広がってから交換するという方もいらっしゃるかと思います。毛先が広がってから交換というのもタイミングのひとつではありますが、歯ブラシを交換する理由は毛先の広がり以外にもいくつかあります。

・歯ブラシの毛数が抜けて減ってきたり毛先が折れてしまうことで、汚れが落としにくくなる

・毎日の歯磨きで、たくさんの汚れや菌が付着している

・歯ブラシ特有の毛先の弾力がなくなり、歯茎を傷つけやすくなる

これらの理由から、使い方などに個人差があるとしても、1ヶ月程度で交換することがおすすめです。

また、歯を磨いた後の歯ブラシには菌や汚れがたくさん付着しているのでしっかり洗い流していくことが重要です。

軽く洗い流して終わりという方もいらっしゃるかと思いますが、それだけでは菌や汚れ、歯磨き粉などは落とせていないのです。水で洗い流した後、指を使ってヘッドの毛先の部分をしっかり洗い流しましょう。

洗い終わった後、毛先の部分に水分が残っていることによって、カビや雑菌が繁殖してしまう原因となるので、必ず水気を取り、風通しのよい場所でヘッドを上にして保管してください!

歯ブラシの交換するタイミングがいまいち分からず、いつから使っているか把握しきれていない方もいらっしゃるかと思います。そういった場合は、月初に交換というルーティンなどを作り、意識的に交換していくことをおすすめします。

 

歯科助手 中里

 

歯医者さんが作ったチョコレート

皆さん、こんにちは!

早いものでもう2月ですね。

2月のイベントといったらバレンタインデー🍫

浜岡歯科クリニックでは、2月に来院された患者様にチョコレートをお配りしています!

歯医者さんに行ったら、

「チョコレートはむし歯の原因です!」と言われそうですよね

ですが、歯医者さんが作ったチョコレートというものがあるんです!

歯医者さんが作ったチョコレートってなに?と、そんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

なんと、むし歯予防に効くチョコレートなんです! 

「歯医者さんが作ったチョコレート」とは、

「子どもたちの大好きなチョコレートで楽しくむし歯を予防したい」と願う歯科医師の発案で生まれました。

「むし歯になるからチョコレートは食べちゃダメ」とよく言われますよね。

それを逆手にとって「チョコレートを食べてもむし歯が予防できるようにしよう」という発想なのです。

実際にチョコレートに含まれるカカオはリラックス効果やダイエット効果があり、認知症にも有効だと言われています。

チョコレートの中でむし歯を作る原因となっているのは「砂糖」です。

そこで、砂糖をまったく使わず、甘味料を100%キシリトールにすることで「むし歯が予防できるチョコレート」となっているのです。

もちろん、歯磨きやうがい、メインテナンスなどは「むし歯予防」に欠かせません。それにプラスしてこういったチョコレートで楽しくむし歯予防をしていくこともオススメです。

歯科助手 中里

唾液はすごい!

こんにちは

今月は月初めから半ばにかけ35度を超える暑さだったせいか、ここ数日の暑さはまだましな感じがします。先週、23区の熱中症での死者数100人越えとニュースでやっていました。今年も暑い!いつからこんなに35度を超えるようになったのでしょうか?エアコンは苦手でなどと言ってられませんよ!命に関わる問題です。こまめな水分補給と休息が大事だそうです。皆さんご自愛ください。

さて話しは変わって、この頃来日する外国人は日本での1番の楽しみは食事と答える人が多いそうです。すしや天ぷらだけではなく庶民的なラーメンや居酒屋さんで一杯、コンビニのお弁当までクオリティが高いそうで箸も正しく使いこなす外国人も多いようです。麺類は箸が上手く使えないと食べにくいですもんね。日本食はヘルシーでいくら食べても太らないと勘違いしているところも面白いです。ラーメン屋さんのはしごをする人も多いそうで、(特にこってりタイプのとんこつラーメンが好まれるそう)その様子を見ていて思ったのですが特に欧米の人はズルズルと音を立ててすすって食べる習慣がないせいか歯ごたえのある肉を食べているせいか麺をしっかり噛んでいるように思います。欧米の人に比べて日本人はしっかり噛んで食べていないかも?よく噛んで食べると唾液が多く出てきます。唾液はツバ、ヨダレともいいます。あまりこの2つの言い方はイメージがよくないのですがすごい役目をしています。唾液は食べかすを洗い流し、唾液中の免疫物質が細菌を減少させ虫歯や歯周病の予防。また唾液に含まれるたんぱく質は発ガン性物質を抑制しガン予防になります。夏休み中の子供たちは就寝する時間も遅くなり歯磨きも面倒くさくなってパッパッと済ます傾向にあるのではないですか?就寝中は唾液の量が減りますので夜の歯磨きはしっかりしてからベットにむかいましょう。

先週はお盆休みが終わってすぐの1週間だったせいか通勤の同じ車両に乗る名前も知らないいつものメンバーが3名いませんでした。今週から全員揃い混み合うのでしょうか?夏休みもこの1週間で終了、お母さん頑張って!あと少しでお子さんの昼食作りも終了します。子供たちは早く宿題を終わらせてね!

受付助手の開作でした。